また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1751011 全員に公開 山滑走甲信越

一難場山・1年ぶりバックカントリー

日程 2019年03月09日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー8人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
除雪してあるところまで進み、車道の脇に車を停めて登山を開始
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間8分
休憩
24分
合計
6時間32分
Sスタート地点07:1511:19一難場山11:4313:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
沢の渡渉が必要です。
今年は雪が少なく、一箇所、ぎりぎり渡渉出来ました。
過去天気図(気象庁) 2019年03月の天気図 [pdf]

写真

7時過ぎから登坂開始。冷え込んでいたけど朝日が眩しい。
2019年03月09日 07:26撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時過ぎから登坂開始。冷え込んでいたけど朝日が眩しい。
1
振り向けば樹林の向こうに真っ白な北アルプス
2019年03月09日 07:54撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向けば樹林の向こうに真っ白な北アルプス
ここが難所の沢の渡渉場。昨年はもう少し雪が有り、安心して渡れましたが今年はギリギリと言う感じ。
ちなみに、帰りは板を外して持って渡渉しました。
2019年03月09日 08:21撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが難所の沢の渡渉場。昨年はもう少し雪が有り、安心して渡れましたが今年はギリギリと言う感じ。
ちなみに、帰りは板を外して持って渡渉しました。
2
渡渉後、最初の一本
2019年03月09日 08:44撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉後、最初の一本
木漏れ日の中、一列でラッセル
2019年03月09日 09:29撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日の中、一列でラッセル
クライミングで有名な岩山、明星山が目の前に
2019年03月09日 10:03撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライミングで有名な岩山、明星山が目の前に
快晴の空、飛行機雲もクッキリ
2019年03月09日 11:15撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の空、飛行機雲もクッキリ
山頂到着
2019年03月09日 11:15撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着
2
中央付近の尖っているのが雪倉山、左が白馬、右の奥が旭岳
2019年03月09日 11:16撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央付近の尖っているのが雪倉山、左が白馬、右の奥が旭岳
1
雨飾山と焼山
2019年03月09日 11:18撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨飾山と焼山
1
昨年の秋に行った、「海谷山塊」
中央やや左の凸凹が鋸山、左が駒ケ岳、右が鬼ヶ面山
2019年03月09日 11:22撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年の秋に行った、「海谷山塊」
中央やや左の凸凹が鋸山、左が駒ケ岳、右が鬼ヶ面山
快晴の下、暫し休憩の後、滑走開始。
朝は冷え込んでパウダーだったのが、気温が上がりお昼には湿った雪に
2019年03月09日 12:17撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の下、暫し休憩の後、滑走開始。
朝は冷え込んでパウダーだったのが、気温が上がりお昼には湿った雪に
1
樹間はそこそこ広いのだけど、ベタついた雪が深く、板のコントロールに四苦八苦
2019年03月09日 12:20撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間はそこそこ広いのだけど、ベタついた雪が深く、板のコントロールに四苦八苦
コントロールし切れずに、藪に突っ込んだりコテコテに転びながら滑走。起きるのに凄いエネルギーを使うけど、助け合って滑るのがまた楽しい。
2019年03月09日 12:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コントロールし切れずに、藪に突っ込んだりコテコテに転びながら滑走。起きるのに凄いエネルギーを使うけど、助け合って滑るのがまた楽しい。
2
最後の休憩で、へばって寝ころんでしまったメンバー。
でも、この姿を見ると雪を掛けてあげたくなりますよね(^_-)-☆
2019年03月09日 13:08撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の休憩で、へばって寝ころんでしまったメンバー。
でも、この姿を見ると雪を掛けてあげたくなりますよね(^_-)-☆
2

感想/記録

昨年は3月10日、今年は一日早い一難場山になりました。

昨年は曇っており景色は楽しめませんでしたが、山頂近くはまさにパウダースノー。
今年は朝寒く、登っている途中は良質な雪でしたが、昼前から急激に気温が上がって山頂でシャツ1枚でも大丈夫。

それが雪に影響して深く重い雪の中の滑走になってしまました。

でも、眺望は最高、北アルプスの山々、妙高・雨飾山や海谷山塊の他に、日本海の向こうに佐渡の金北山の冠雪も見えました。
雪質には恵まれなかったけど、天気と眺望は最高でした。
訪問者数:266人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

渡渉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ