また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1756006 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北アメリカ

★ジョンミューアトレイル縦走登山ツアーハイライト8日間3日目ドノヒュー峡谷Donohue Canyon←アイランドパス峠Island Pass←サウザンアイランドレイクThousand Island Lake←バッジャー湖群Badger Lakes アメリカ

日程 2019年09月05日(木) 〜 2019年09月12日(木)
メンバー , その他メンバー13人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー
ロサンゼルス空港から専用車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

日帰りハイキング装備で歩けるジョンミューアトレイル縦走登山。
その段取りと引率のお手伝いをしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日帰りハイキング装備で歩けるジョンミューアトレイル縦走登山。
その段取りと引率のお手伝いをしました。

感想/記録

公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイド ステージ気如∧發エコツアーデザイナーの有吉寿樹です。
アメリカ ジョンミューアトレイル 
ハイライト縦走登山8日間3日目
ドノヒュー峡谷Donohue Canyon←アイランドパス峠Island Pass←サウザンアイランドレイクThousand Island Lake←バッジャー湖群Badger Lakes
が無事に終わりました。
皆様のご協力に感謝です。

ご参加の方より感想いただきました。
「本当に自然との一体感を感じれ良かった〜!」
「全てでっかく美しく大自然を味わえ大満足!です。ありがとうございました。」
「高山植物・樹林・花崗岩の峰々・氷河地形・動物・鳥等、非日常のアメリカ西部のでっかい大自然の中に身を置けた事に大満足出来ました。」
「ありがとう〜 楽しかったです!帰路の空港では皆さんニコニコ顔でしたでしょ」

ありきたりじゃない歩く旅のご要望にお応えして、アメリカ ジョンミューアトレイルです。
日帰りハイキング装備で歩けるジョンミューアトレイル縦走登山。
その段取りをお手伝いして、引率しました。

ヨセミテ峡谷からトゥオルミー湿原、サウザンアイランド湖を経て、アメリカ本土最高峰ホイットニー山(4419m)までの約340km縦走路がジョンミューアトレイルです。

その行程で最も美しいと称えられるサウザンアイランドレイク→ドノヒューパスルートを皆さんと歩いて共有できたのは、素晴らしいことでした。

特にベースキャンプとなったバッジャーレイクからサウザンアイランドレイクへの歩くルートは、バナーピークが次第に迫力を増しながら近づき、その手前麓に朝日を浴びて輝くせせらぎと高山植物の庭園が次々に現れ、感動と興奮に包まれました。

まるで「本当に神様がいるのなら、神様は庭師だった…」と思わせるほどでした。

サウザンアイランドレイクを展望するために、ジョンミューアトレイルを北向きにしばらく歩き、樹林帯のない尾根へ向かいました。

その尾根からは、バナーピークから続くサウザンアイランドレイク全体を展望できる素晴らしい展望です。湖には星をちりばめたように無数の小島が浮かんでいます。

日本には有り得ない壮大で美しい山並みの連続。高山植物の花いっぱいのロックガーデンフラワートレイル。
150年前のジョンミーュアの時代と同じ自然が残っています。
展望していると同じ地球上のことなのに悠久を感じて、日常の喜怒哀楽が何と些細なことか、と思えてきます。


実施出発前にジョンミューアトレイル縦走登山の1日当たりの歩く距離の目安と高低差のグラフ概念図、地形図、暫定行程表を使って行程の共有をしました。
そして携行する食料への考え方。
飲料水&食事事情を共有して、出発前に食事計画のワークショップを行いました。

合わせて、
キャンプ宿泊の荷物搬送方法とサポート。
テント泊3泊ですが、荷物はロバが運んでくれます。
キャンプ宿泊の様子。
キャンプでのトイレ対策。
テント、シュラフなどキャンプ宿泊用品は現地レンタルもできることとそのサポート。
必要な靴のタイプ。
キャンプ宿泊独特に必要な装備。
荷物の分け方。
注意点、その他について相談に応えました。

現地事情に精通し、サポート体制を提供することがジョンミューアトレイル縦走絶景トレッキングの無事の成功となります。
人間の英知を超えた宇宙の力を感じてしまう特別な自然体験が、ジョンミューアトレイルでできるのです。

1日の歩行距離をゆったり10卅宛紊棒瀋蠅靴董▲ャンプでゆっくり過ごす時間を増やしました。キャンプ場での夕方、明け方の展望が、光具合で多彩に変化するのを楽しむことができます。
また焚き火を囲む時間と、見上げる夜空の美しさ、凛とした静けさは格別です。

太古の大地の隆起、氷河による浸食痕跡地形など地球の自然史が一目瞭然と見えるダイナミックな地形。
自然保護運動の創始者ジョンミューアが「神のなせる芸術作品」と賞賛した地形。
ジョンミューアトレイルは全長340劼任垢、今回はそのハイライト部分約45劼鯤發ました。
ジョンミューアがそう感じたように、ジョンミューアトレイル周辺は一生通い詰めても遊び足りないくらいの絶景ルートがいくつもあります。
http://arukuecotour.com/?cid=25
訪問者数:51人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ