また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1756862 全員に公開 ハイキング丹沢

よく晴れた塔ノ岳

日程 2019年03月13日(水) 〜 2019年03月14日(木)
メンバー
 Tad
天候1日目:晴れ
2日目:晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大倉 有料駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間45分
休憩
14分
合計
3時間59分
S大倉バス停09:4909:53大倉山の家10:18観音茶屋10:1910:36雑事場ノ平10:41見晴茶屋11:01一本松11:0211:21駒止茶屋11:30堀山11:38堀山の家11:4612:28天神尾根分岐13:02花立山荘13:0513:17花立13:22金冷シ13:2313:47塔ノ岳13:48尊仏山荘
2日目
山行
2時間18分
休憩
7分
合計
2時間25分
尊仏山荘06:3106:31塔ノ岳06:3206:46金冷シ06:51花立06:58花立山荘07:16天神尾根分岐07:1907:32堀山の家07:3507:43堀山07:50駒止茶屋08:03一本松08:15見晴茶屋08:19雑事場ノ平08:32観音茶屋08:49丹沢クリステル08:53どんぐり山荘08:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に問題なし

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

【1日目】大倉を出発
2019年03月13日 09:53撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【1日目】大倉を出発
春の花、春の空気
2019年03月13日 09:59撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春の花、春の空気
2
天神尾根分岐下の階段
気温が高くて疲れる
2019年03月13日 12:08撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神尾根分岐下の階段
気温が高くて疲れる
ここでランチ休憩
2019年03月13日 12:16撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでランチ休憩
1
今日のお昼はこの二つ
2019年03月13日 12:19撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお昼はこの二つ
1
花立下の階段の始まる場所でちょっと休憩
2019年03月13日 12:50撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立下の階段の始まる場所でちょっと休憩
1
花立山荘から富士を眺める
2019年03月13日 13:03撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘から富士を眺める
6
花立山から
塔ノ岳には雪がないが、奥の丹沢山、蛭ヶ岳には雪が残る
2019年03月13日 13:21撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山から
塔ノ岳には雪がないが、奥の丹沢山、蛭ヶ岳には雪が残る
2
塔ノ岳山頂下の最後の階段
2019年03月13日 13:47撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂下の最後の階段
1
4時間かかって頂上着
人はすごく少ない
2019年03月13日 13:51撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時間かかって頂上着
人はすごく少ない
4
今日は尊仏山荘に泊り
2019年03月13日 13:52撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は尊仏山荘に泊り
夕陽は富士山の右側に落ちるようになった
(2月25日がダイヤモンド富士)
2019年03月13日 17:38撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽は富士山の右側に落ちるようになった
(2月25日がダイヤモンド富士)
10
空気が澄んでいてビーナスベルトが美しかった
2019年03月13日 17:47撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空気が澄んでいてビーナスベルトが美しかった
6
【2日目】薄明の頃、江ノ島上空に金星
2019年03月14日 05:12撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2日目】薄明の頃、江ノ島上空に金星
9
東京都心方面
東京タワーのイルミネーションは朝まで点燈しているようだ
2019年03月14日 05:17撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京都心方面
東京タワーのイルミネーションは朝まで点燈しているようだ
7
6時前に日が昇る
2019年03月14日 06:04撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時前に日が昇る
8
朝食を済ませて下山開始
2019年03月14日 06:35撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食を済ませて下山開始
2
海の方はやや靄っている
2019年03月14日 06:38撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海の方はやや靄っている
3
鍋割山稜と富士山
2019年03月14日 06:54撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山稜と富士山
3
影と光
2019年03月14日 06:57撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影と光
2
霜の花?
2019年03月14日 07:08撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜の花?
1
平日なので堀山の家は休み
2019年03月14日 07:38撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日なので堀山の家は休み
克童窯の近くの桜?
2019年03月14日 08:49撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
克童窯の近くの桜?
1
大倉の畠脇から見える塔ノ岳山頂付近
あそこから下りて来たんだな
2019年03月14日 08:55撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉の畠脇から見える塔ノ岳山頂付近
あそこから下りて来たんだな
1
今日も無事下山!
2019年03月14日 08:59撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も無事下山!

感想/記録
by Tad

前回、2月16日の山行では空が全く晴れず、何も撮影できなかったので、晴天が続きそうな2日を選んで主に夕景、夜景、朝景の撮影を狙って塔ノ岳へ向かう。

【1日目】
平日なので遅い時間でも大倉の駐車場は空いている。支度をして10時前に出発する。
3月も中旬になり、午前中に気温は10度を越えていて歩き出すとすぐに汗ばんでくる。撮影装備なので、いつも以上に急がず歩くことを心掛けて登って行く。

時間があまり早くないこともあり、登って行く人も下りて来る人も多くない。いつものように見晴茶屋で最初のひと休み。水を一口飲んですぐに歩き始める。駒止茶屋まで続く長い登り坂でじわじわと疲労が溜まってくるが、堀山の家までは休まずに進む。

堀山の家付近まで来ると風がやや冷たくなってきたので薄い上着を着ける。続く天神尾根分岐までの階段を登る間に疲労と共に少し空腹を感じたので、階段を登り切った広場のベンチでおにぎりを2つ食べる。
前回よりはやはり足が重く、花立下の階段の開始地点でも小休止。花立山荘に着いた時には既に3時間以上かかっている。

まあ、しょうがないと焦らずにゆっくりと歩を進め、結局4時間近くかかって塔ノ岳に到着。小屋で泊りの手続きをすると、今日の宿泊は3名のみということで先ずは夜の撮影に備えて昼寝。

夕方5時過ぎに起きると、空全体は晴れているが富士山の奥の地平近くに雲があってあまり良い条件ではない。それでも仕方なく日が落ちるまで富士と夕陽を撮影。沈んだ後に東の空にきれなビーナスベルトが見えたので東京の夕景と併せて撮ってみる。

6時に夕食を食べてから再度外へ出て夜景の撮影。何も見えなかった前回に比べると星もよく見えて楽しいが、風がやや強くなり、雲も出てきたので終了し早めに就寝。

【2日目】
3時頃から目が覚め、外の様子と時計を睨みながら4時過ぎに起きて撮影を開始。既に高く上がった蠍座を先頭に木星、土星、金星が南から東へ並んでいる。眼下の街灯りで目では見えないが、夏の天の川もかなり高く昇っているはず。
やがて薄明が始まり、東の地平線上にはオレンジ色の層が写るようになってくる。事前に検討しておいた位置から小屋を入れて星の周回を撮影して5時半頃に終了し、小屋に入る。

すぐに片づけを済ませ、6時に朝食を頂いてから下山開始。
平日なので早い時間に登って来る人もかなり少なく、堀山の家を過ぎた辺りからポツポツとすれ違うようになる。登山口近くになると早咲きの桜など春の花も所々に見ることができ、季節が既に変わってきたことを感じる。

2時間半ほどで大倉に下山。終始良い天気で山頂では景色と撮影を楽しめ、前回の分を取り返したような良い山行だった。

訪問者数:194人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

タワ 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ