また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1771095 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

〜霧氷とスカイブルー〜 残雪期の日白山

日程 2019年03月25日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二居のパーキング(宿場の湯反対側のパーキング)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間33分
休憩
53分
合計
6時間26分
S二居登山者駐車場07:1711:07日白山12:0013:43二居登山者駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪期・残雪期限定の山で、標識・登山道はありません。
ある程度の標高では、パウダーにちかい新雪が膝下で、その下はクラスト気味。長靴のつぼ足で歩き始め、途中から軽アイゼン使用。片足の股下踏み抜きが、1度だけだった。この日のコンディションは、良かったと思われます。
さらにトレースが結構あり、楽に歩けました。
帰路の鞍部からの下りは、急でした。

写真

二居のパーキングをスタート、好天が期待できます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二居のパーキングをスタート、好天が期待できます
1
河原に、穢れのない積雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原に、穢れのない積雪
8
二居峠まで、つづら折りに登るが、歩きやすい(前回はルート分からず、谷間を直登した)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二居峠まで、つづら折りに登るが、歩きやすい(前回はルート分からず、谷間を直登した)
1
今年は積雪少なく3月末なので、雪庇尾根歩きは、ちょっと心配だったが、これなら十分満足
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は積雪少なく3月末なので、雪庇尾根歩きは、ちょっと心配だったが、これなら十分満足
1
小動物が、雪庇を這い上がってきた跡が、所々にあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小動物が、雪庇を這い上がってきた跡が、所々にあります
3
下界に二居集落。バックに、苗場スキー場トップの、まだ白い筍山が聳える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界に二居集落。バックに、苗場スキー場トップの、まだ白い筍山が聳える。
1
平標山頂は、雪煙が舞っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山頂は、雪煙が舞っている
4
何度か、樹林帯とを行ったり来たり。密かな期待の霧氷は出てこない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か、樹林帯とを行ったり来たり。密かな期待の霧氷は出てこない。
3
楽しみな雪庇尾根へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しみな雪庇尾根へ
2
高度を上げ、振り返ると、筍山・大黒山?・佐武流山・赤倉山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を上げ、振り返ると、筍山・大黒山?・佐武流山・赤倉山?
2
樹林帯へ。雪根開きの現象は、陽光を吸収した樹木が温まり、周辺の雪を溶かす事によるそうです。雪根開きが進むと、雪国に春が訪れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯へ。雪根開きの現象は、陽光を吸収した樹木が温まり、周辺の雪を溶かす事によるそうです。雪根開きが進むと、雪国に春が訪れます。
3
やったー!白銀の樹木が出現!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったー!白銀の樹木が出現!
4
陽射しに煌めく霧氷!(^^)!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽射しに煌めく霧氷!(^^)!
4
キラキラと半分透けるよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キラキラと半分透けるよう
1
この時期に逢えるとは、貴重な贈り物です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期に逢えるとは、貴重な贈り物です
2
トレースはあったり、消えたり。無くても膝下のさらさら雪で、この景色なので、むしろ雪道を満喫。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはあったり、消えたり。無くても膝下のさらさら雪で、この景色なので、むしろ雪道を満喫。
2
尾根に出れば、雪庇の向こうに平標山・仙ノ倉山 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出れば、雪庇の向こうに平標山・仙ノ倉山 
3
霧氷越しに平標山・仙ノ倉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷越しに平標山・仙ノ倉山
3
歩き初めに、2組3名の方と会いましたが、ほぼ貸し切りです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き初めに、2組3名の方と会いましたが、ほぼ貸し切りです
1
目指す日白山が、見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す日白山が、見えてきた
1
心まで清々しくなります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心まで清々しくなります
3
東谷山山頂部に、近づいてきました。この時期なのに、雪質はパウダー(*_*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷山山頂部に、近づいてきました。この時期なのに、雪質はパウダー(*_*)
1
振り返り、佐武流山・苗場山。この辺からは、残雪期の絶景が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り、佐武流山・苗場山。この辺からは、残雪期の絶景が続きます。
1
北方面の越後の山々も見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面の越後の山々も見えてきました
1
日白山から平標山・仙ノ倉山へと続く尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山から平標山・仙ノ倉山へと続く尾根
2
東谷山山頂着。これから日白山へと向かう尾根、ワクワクします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷山山頂着。これから日白山へと向かう尾根、ワクワクします。
1
霧氷越しに巻機山・柄沢山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷越しに巻機山・柄沢山
1
この先、 山頂直下は、急です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、 山頂直下は、急です
2
少し下り、東谷山山頂を振り返る。青空と、つきあがった雪庇の白さとのコントラストが、良い感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下り、東谷山山頂を振り返る。青空と、つきあがった雪庇の白さとのコントラストが、良い感じ。
6
稜線北側のみ霧氷の森
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線北側のみ霧氷の森
1
奥に守門岳・八海山・越後駒ヶ岳?・巻機山・柄沢山と越後の名峰達。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に守門岳・八海山・越後駒ヶ岳?・巻機山・柄沢山と越後の名峰達。
3
波打つ東谷山からの雪庇
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
波打つ東谷山からの雪庇
1
冬季のような霧氷。今日は、コンディションにとても恵まれた日です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季のような霧氷。今日は、コンディションにとても恵まれた日です
1
平らで幅広の尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平らで幅広の尾根
1
白銀の樹々と、にせ日白山・日白山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白銀の樹々と、にせ日白山・日白山
3
奥に米山・刈羽黒姫山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に米山・刈羽黒姫山
1
感動のプロムナード、何度も写真を撮り、前に進めません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
感動のプロムナード、何度も写真を撮り、前に進めません
3
まっさらな雪庇が、パウダーで心地良いんです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっさらな雪庇が、パウダーで心地良いんです
4
何度も振り返り、パシャと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も振り返り、パシャと
2
『なんて美しい景色なんだろう』と、のんびりしていたら、遥か後方に居た単独女性が、どんどん追いついてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『なんて美しい景色なんだろう』と、のんびりしていたら、遥か後方に居た単独女性が、どんどん追いついてきました。
5
普段は使用しないストックを、今回は使用。記念に?パシャ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普段は使用しないストックを、今回は使用。記念に?パシャ。
1
女性にお願いして、自分も記念にパシャ、ありがとうございました。足元は、長靴に軽アイゼン仕様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女性にお願いして、自分も記念にパシャ、ありがとうございました。足元は、長靴に軽アイゼン仕様です。
9
にせ日白山山頂から、すれ違ったBCスキーヤー・スノーボーダーの方が、ドロップインする所です。とても羨ましいです。自分も、今日のような条件の日に、ファットスキーで滑ってみたい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にせ日白山山頂から、すれ違ったBCスキーヤー・スノーボーダーの方が、ドロップインする所です。とても羨ましいです。自分も、今日のような条件の日に、ファットスキーで滑ってみたい!
1
日白山山頂まで、あと一登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山山頂まで、あと一登り
1
日白山山頂着。ほんとに今日は、空の青さと雪山のコントラストが素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日白山山頂着。ほんとに今日は、空の青さと雪山のコントラストが素晴らしい。
2
タカマタギ。バックは、守門岳・八海山・越後駒ヶ岳?・巻機山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカマタギ。バックは、守門岳・八海山・越後駒ヶ岳?・巻機山
2
朝日岳・茂倉岳・谷川岳・万太郎山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳・茂倉岳・谷川岳・万太郎山
3
仙ノ倉山・平標山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山・平標山
3
霧氷越しに、筍山・大黒山?・佐武流山・赤倉山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷越しに、筍山・大黒山?・佐武流山・赤倉山?
1
にせ日白山・東谷山。バックに苗場山・神楽ヶ峰・霧ノ塔
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にせ日白山・東谷山。バックに苗場山・神楽ヶ峰・霧ノ塔
1
最奥に霞む米山・刈羽黒姫山、日本海
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最奥に霞む米山・刈羽黒姫山、日本海
1
岩原スキー場のある飯士山、スキーで30年位前に何度か通いました。どうでもよいけど、『いわっぱらスキーじょう』『いいじさん』どちらも知らないと読めません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩原スキー場のある飯士山、スキーで30年位前に何度か通いました。どうでもよいけど、『いわっぱらスキーじょう』『いいじさん』どちらも知らないと読めません。
2
そしてなんとか自撮り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてなんとか自撮り
6
鞍部へと下りますが、ここも霧氷が見られました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部へと下りますが、ここも霧氷が見られました
2
少しの区間だけ、平標山・仙ノ倉山へと続く尾根を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの区間だけ、平標山・仙ノ倉山へと続く尾根を歩く
3
モノクロな雪面の影絵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノクロな雪面の影絵
1
風景もモノクロームぽっい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風景もモノクロームぽっい
1
鞍部からの下り急斜面で転び、レンズに雪が付いています。歩くと小さな雪粒が転がり、どんどん大きく塊り、幅広く崩れていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部からの下り急斜面で転び、レンズに雪が付いています。歩くと小さな雪粒が転がり、どんどん大きく塊り、幅広く崩れていきます。
1
バックカントリーの方々の、朝のトレースかな?これを逆行すれば、対岸へすんなり行けそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バックカントリーの方々の、朝のトレースかな?これを逆行すれば、対岸へすんなり行けそう。
2
雪原で振り返ると、廻った稜線の上に、まだ真っ青な空が。今日の山歩きはとても幸運でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原で振り返ると、廻った稜線の上に、まだ真っ青な空が。今日の山歩きはとても幸運でした!
2
ここから花レコ 3/27みどり市岩宿遺跡カタクリ群生地 まずは、スノーフレークのお出迎え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから花レコ 3/27みどり市岩宿遺跡カタクリ群生地 まずは、スノーフレークのお出迎え
2
春の妖精 カタクリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春の妖精 カタクリ
8
どこにでも繫殖するムラサキハナナ 蜀の名軍師『諸葛孔明』が、遠征時に食用として栽植して重宝したので、ショカツサイとも呼ばれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこにでも繫殖するムラサキハナナ 蜀の名軍師『諸葛孔明』が、遠征時に食用として栽植して重宝したので、ショカツサイとも呼ばれています。
1
アズマイチゲ、とても清楚です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズマイチゲ、とても清楚です
1
カタクリ 優しい色合い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ 優しい色合い
1
舞っているよう   
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舞っているよう   
2
アマナ 花弁が閉じているのが多かったけど、この娘は開いていてくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アマナ 花弁が閉じているのが多かったけど、この娘は開いていてくれました。
1
しっとりと上品な感じを受けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっとりと上品な感じを受けます
4
イチゲとカタクリのコラボ ピントはイチゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチゲとカタクリのコラボ ピントはイチゲ
8
今度は、カタクリにピント
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は、カタクリにピント
1
横顔はシャキンとしています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横顔はシャキンとしています
2
待ち焦がれた春を、楽しんでいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待ち焦がれた春を、楽しんでいます
1
少し痛みがあるけど、とてもべっぴんさんです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し痛みがあるけど、とてもべっぴんさんです
1
反対側出口では、スイセンが見送ってくれました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側出口では、スイセンが見送ってくれました
1
まだ残っていた民家庭の白梅
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ残っていた民家庭の白梅
2
民家庭に、ズミに似てるけど・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家庭に、ズミに似てるけど・・
4
琴平山を散歩すると、開花していました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琴平山を散歩すると、開花していました
1
今年初のソメイヨシノ、これから花の季節が、楽しみです!(^^)!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年初のソメイヨシノ、これから花の季節が、楽しみです!(^^)!
2

感想/記録

 4ヶ月半ぶりのヤマレコ。山歩きは続けていたけれど、レコ製作に時間が掛かり、他の事に影響がでてしまうため、今後も時間と精神的に余裕がないと、レコ製作はあまり出来そうにありません。(ヤマレコ1年坊主でした)
 厳冬期の雪山は、装備も技術も経験もないので、自分の実力では、残雪期で安定した条件でしか歩けない。雪山は、今回が、今年の最初で最後になりそうですが(守門岳に行きたい願望はありますが・・)、とても素晴らしいコンディションに恵まれました。3月下旬なのに、霧氷・パウダースノー・雪庇に出逢え、白銀の眺望も感動もので、かつ快晴で暑くなく心地良い暖かさでした。
 また平日のせいか、この日に会ったのは、3組5名の方だけで、ほとんど貸切で楽しめました。
 こんな最高のコンディションは、めったに遭遇できませんが、次回があれば、タカマタギへの縦走も魅力的ですが(実力が・・・)、ファットスキーでのパウダー滑走に、より魅かれ実現出来たらいいですね。
訪問者数:279人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/5/14
投稿数: 1225
2019/3/28 23:35
 こんばんは♪
ご無沙汰です。。
山を止めてなかったようで良かった(笑)
同じく レコを下書きまでして放置状態があります
パソコン 開くと寝てしまうんですもん
このコメントも見てくれるかな(^_^;)
色付く秋も好きですが 残雪と花と新芽とが一緒になっている
これからの季節が一番好きです♪
登録日: 2014/6/24
投稿数: 12
2019/3/29 19:41
 Re: こんばんは♪
manaさんお久しぶりです、そしてコメントありがとうございます。
忘れ去られていなくて、嬉しいです!(^^)! 

晩秋はレコ下書き途中のままお蔵入り、冬の間は下書きすらもしていませんでした。
manaさんは、様々な山へ行くパワーもそうですが、何年もレコをコンスタントに書いていて、すごいですよ!

冬の間は、近場ばかりで、特に赤城の麓の廃道ルートや藪ルートから、マイナーピークへを中心に歩いていました。人よりも、鹿さんの方が多く見かけました(^^;
これからは、花の追いかけが始まり、一転して彩色が豊かな世界を歩けるので、こころが踊ります。同じく新緑も良いですね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ