また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1771959 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳(朝焼けの景色を拝みに)

日程 2019年03月27日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り、暴風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
15分
合計
7時間36分
S黒菱林道ゲート00:5501:40西山01:4101:42北尾根高原01:4801:48北尾根の池01:56こもれびの道04:01八方池山荘04:0604:42第2ケルン04:58第三ケルン06:14扇雪渓06:1706:31丸山07:50丸山07:51扇雪渓07:57八方池07:58八方ケルン08:12石神井ケルン08:31黒菱林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今日は暴風とカチンカチン尾根
その他周辺情報白馬飯店おすすめ

写真

月明かりを頼りに爆風の中ガシガシ登高
2019年03月27日 05:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月明かりを頼りに爆風の中ガシガシ登高
4
ようやく東の空が赤くなってきた
2019年03月27日 05:15撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく東の空が赤くなってきた
13
ダケカンバと朝焼けのコラボ
2019年03月27日 05:16撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバと朝焼けのコラボ
20
ようやくモチが上がり足取りが軽くなる
2019年03月27日 05:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくモチが上がり足取りが軽くなる
27
八方尾根が赤く染まりだす
2019年03月27日 05:44撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方尾根が赤く染まりだす
18
白馬三山も赤くなりだした
2019年03月27日 05:42撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山も赤くなりだした
18
おなじみ鹿島槍と五龍
2019年03月27日 05:43撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなじみ鹿島槍と五龍
24
丸山方面も染まりだす
2019年03月27日 05:49撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山方面も染まりだす
4
朝日の中を進むスキーヤー
2019年03月27日 05:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日の中を進むスキーヤー
49
神秘的な朝
2019年03月27日 05:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神秘的な朝
36
がんちゃん
2019年03月27日 05:54撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がんちゃん
18
名人とYSHR
2019年03月27日 05:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名人とYSHR
18
今日はこの景色を拝みにやってきた
2019年03月27日 05:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はこの景色を拝みにやってきた
56
丸山周辺
2019年03月27日 05:55撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山周辺
2
日も高くなってきた
2019年03月27日 06:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日も高くなってきた
17
名人と白馬三山
2019年03月27日 06:22撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名人と白馬三山
14
五龍岳も入ってもらいます
2019年03月27日 06:31撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五龍岳も入ってもらいます
8
今日の八方尾根はカチカチでテカってた
2019年03月27日 06:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の八方尾根はカチカチでテカってた
8
唐松岳ロックオン
2019年03月27日 06:44撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳ロックオン
5
アイゼンに変えるがYSHRのアイゼンがブーツと相性が悪くて外れてアウト、事前に調節はしてきたが、、、、
2019年03月27日 07:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンに変えるがYSHRのアイゼンがブーツと相性が悪くて外れてアウト、事前に調節はしてきたが、、、、
1
逃げ足は早い
2019年03月27日 07:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逃げ足は早い
12
黒菱林道はゲートまで雪は繋がっていた
2019年03月27日 08:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒菱林道はゲートまで雪は繋がっていた
3
撮影機材:

感想/記録
by YSHR

今日は当初一人で白山東面台地に行く予定だったが名人が午前9時までに下山できれば山に行けるということで唐松岳挑戦となった。前日がんちゃんも午前中に金沢に帰れればということで急遽参戦になった。このハードスケジュールでYSHRはほぼ眠れない山行となり、昨夜22時に自宅を出て八方尾根を目指した。

深夜0時に糸魚川ICを出て深夜割引にしなければならないから走りながら時間調節をしてジャストタイムでおりた。八方尾根黒菱林道ゲートに着くとすでに二人はスタンバイしていた。数日前からゲレンデのリフトは多くが営業終了となっていたから圧雪車もメインゲレンデ以外はいないだろう。

ゲートを深夜1時少し前に出て土が見えてるゲレンデをガシガシ登って行く。少し高度が上がると暴風状態、マジか、やばすぎる。たまらず地獄ゴーグルにダウンを羽織った。上部は雪も増え圧雪車の明かりも見えたのでゲレンデ外の樹林帯を歩くがゲレンデと違いカチカチ凸凹でメチャ歩きづらくてマジで試練だった。

時折激しい風と雪煙で体ごと揺さぶられる、がんちゃんはザックを開けた途端に防寒袋を飛ばされて暗闇の中捜索しに行った。見つかって良かった。何が辛いかって強風の中カチカチ斜面の連続、落ちたら谷族までボブスレー、心臓に悪い登高が続く。八方池山荘に着くと少し気持ちが落ち着いた。ただこの上も厳しい登りが続くおまけに真っ暗だし、マジ帰りたくなった。

丸山手前で少し風が弱まりマンダムな朝を迎えた。暴風とカチカチ斜面に手こずり時間は予想外にかかってしまった。しかし貴重な朝焼け写真を取るため何度も立ち止まってシャッターを押し続けた。朝焼けの白馬三山、五龍、鹿島槍が素敵だった。

いつもなら山頂までスキーで歩き通すが稜線手前のカチンコチン急斜面でスキーを諦めアイゼン歩行とした。今日は降雪直後なのでクトーで十分とインチキアイゼンも持ってきたが事前の装着に反して外れまくり、とても命を預けれる状態でなかった。ここでYSHR敗退決定、二人は折角だからピークを目指したらと言うが時間的に9時下山は無理ということで三人で降りることにした。

板を履けば帰りは早かった。40分で駐車地点へ、時間は8時半、良い体力作り、地獄作りになった。
訪問者数:4401人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ