また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1773733 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

この冬鴨川散歩で気になった判官坂(山の名前)から貴船山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年03月29日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
バス
行き 北大路駅から市ノ瀬(もくもく号)
帰り 西加茂車庫から京都市役所前(市バス)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間7分
休憩
19分
合計
6時間26分
Sスタート地点09:0511:35判官坂11:3612:10貴船山三角点12:2112:31貴船山716ピーク12:3313:02大岩夜泣峠分岐13:0313:30夜泣峠13:3413:58向山14:34山幸橋15:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無いが、一部には去年9月の台風の被害は残ったままだった。
過去天気図(気象庁) 2019年03月の天気図 [pdf]

写真

もくもく号で市ノ瀬に着いた。バス停からほど近いこの踏み跡から谷に入る。
2019年03月29日 09:08撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もくもく号で市ノ瀬に着いた。バス停からほど近いこの踏み跡から谷に入る。
2
谷はとてもじゃないが歩ける状態では無かった。
2019年03月29日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷はとてもじゃないが歩ける状態では無かった。
1
直ぐに尾根に逃げるがこちらも倒木がある。
2019年03月29日 09:11撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに尾根に逃げるがこちらも倒木がある。
1
それでも何とか登って行く。
2019年03月29日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも何とか登って行く。
1
此方から見る隣の尾根より遙かに条件が良さそうだった。
2019年03月29日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此方から見る隣の尾根より遙かに条件が良さそうだった。
1
満開の馬酔木と
2019年03月29日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開の馬酔木と
1
満開近い樒が続く。
2019年03月29日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開近い樒が続く。
2
所々倒木があるものの悲惨な状況では無い。
2019年03月29日 09:31撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々倒木があるものの悲惨な状況では無い。
1
何処から続くのか?NHKの杭が出て来た。
2019年03月29日 09:38撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何処から続くのか?NHKの杭が出て来た。
1
工事用の道だったのか林道並みの広さの所もある。
2019年03月29日 09:41撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事用の道だったのか林道並みの広さの所もある。
出合橋への案内標識。そちらから回っても良かったかな?
2019年03月29日 09:47撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合橋への案内標識。そちらから回っても良かったかな?
1
赤いテープ、沢ノ池近辺で見かけるものとよく似ている。同じ作者だろうか?
2019年03月29日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤いテープ、沢ノ池近辺で見かけるものとよく似ている。同じ作者だろうか?
1
NHKはこの受信設備用だった。
2019年03月29日 09:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NHKはこの受信設備用だった。
2
最初の標高点に着いた。
2019年03月29日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の標高点に着いた。
P452。こんな所にもちゃんとあった。
2019年03月29日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P452。こんな所にもちゃんとあった。
2
やがてはっきりした尾根道になった。
2019年03月29日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてはっきりした尾根道になった。
一応、枝は落としてくれていた。
2019年03月29日 10:25撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、枝は落としてくれていた。
2
前回、桟敷ヶ岳で歩いた隣の尾根が望める。
2019年03月29日 10:26撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回、桟敷ヶ岳で歩いた隣の尾根が望める。
2
二つ目の標高点。
2019年03月29日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の標高点。
1
地形図を見て気になっている建物を見に尾根を降りて行く。
2019年03月29日 10:46撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図を見て気になっている建物を見に尾根を降りて行く。
1
あった、あった。でもなんだろう?山仕事用の飯場かな?
2019年03月29日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あった、あった。でもなんだろう?山仕事用の飯場かな?
1
建物の入り口前にはこんな物が。
2019年03月29日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建物の入り口前にはこんな物が。
2
建物横には階段があり、ピークに建物が見えた。
2019年03月29日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建物横には階段があり、ピークに建物が見えた。
1
何か神社みたいに見える。
2019年03月29日 10:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か神社みたいに見える。
1
おお!世界の・・・が並ぶ、観音神社とは大層なものらしい。
2019年03月29日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお!世界の・・・が並ぶ、観音神社とは大層なものらしい。
2
神社の正面。
2019年03月29日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の正面。
2
神社に向かってモノレールが延びる。工事用に使ったのだろう。一体何処から登って来ているのだろう。
2019年03月29日 10:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社に向かってモノレールが延びる。工事用に使ったのだろう。一体何処から登って来ているのだろう。
1
尾根道に復帰した。
2019年03月29日 11:16撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道に復帰した。
1
判官坂の西側のピーク。
2019年03月29日 11:30撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
判官坂の西側のピーク。
1
鞍部から京の町を眺める。
2019年03月29日 11:31撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から京の町を眺める。
1
あそこから眺めたであろう鴨川も見える。
2019年03月29日 11:33撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこから眺めたであろう鴨川も見える。
1
判官坂に着いた。どちらのピークも樹林で町は見えなかった。
2019年03月29日 11:35撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
判官坂に着いた。どちらのピークも樹林で町は見えなかった。
4
判官坂ピーク辺り。
2019年03月29日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
判官坂ピーク辺り。
1
樋ノ水峠。
2019年03月29日 12:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樋ノ水峠。
3
樋ノ水峠は2年前の台風で荒れたままだ。
2019年03月29日 12:04撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樋ノ水峠は2年前の台風で荒れたままだ。
1
二等三角点二ノ瀬。
2019年03月29日 12:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点二ノ瀬。
2
山名は貴船山となっている。
2019年03月29日 12:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名は貴船山となっている。
2
こちらも貴船山三角点となっている。
2019年03月29日 12:10撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも貴船山三角点となっている。
3
三角点を乗り越えて気持ちの良い広場に降りて来た。
2019年03月29日 12:22撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点を乗り越えて気持ちの良い広場に降りて来た。
2
広場の主、檜の大木。
2019年03月29日 12:23撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場の主、檜の大木。
2
地形図にある本来の貴船山に向かう。
2019年03月29日 12:23撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図にある本来の貴船山に向かう。
1
春もまだ浅く下草も無く何処でも歩けるので真っ直ぐ山頂に向かう。
2019年03月29日 12:26撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春もまだ浅く下草も無く何処でも歩けるので真っ直ぐ山頂に向かう。
1
山頂の石積みの裏にある標高点P716のテープ。
2019年03月29日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の石積みの裏にある標高点P716のテープ。
2
山頂の石積み。
2019年03月29日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の石積み。
1
一枚だけ山名板があった。
2019年03月29日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一枚だけ山名板があった。
2
尾根と谷道の分岐。谷道は倒木で廃道化していてほぼ踏み跡は無かった。
2019年03月29日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根と谷道の分岐。谷道は倒木で廃道化していてほぼ踏み跡は無かった。
1
尾根道途中の標高点P567。
2019年03月29日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道途中の標高点P567。
2
大岩分岐、勿論ここから二ノ瀬駅にも降りる事が出来る。今日は真っ直ぐ夜泣峠に向かう。
2019年03月29日 13:03撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩分岐、勿論ここから二ノ瀬駅にも降りる事が出来る。今日は真っ直ぐ夜泣峠に向かう。
1
標高点P477、ここには何も無い。
2019年03月29日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点P477、ここには何も無い。
1
夜泣峠を過ぎて標高点に寄るためここから尾根に入る。
2019年03月29日 13:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜泣峠を過ぎて標高点に寄るためここから尾根に入る。
1
標高点P439。ここは以前夜泣山なるプレートがあったので少し丁寧に見たが解らなかった。
2019年03月29日 13:42撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点P439。ここは以前夜泣山なるプレートがあったので少し丁寧に見たが解らなかった。
2
名前のある山頂、最後は向山。
2019年03月29日 13:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前のある山頂、最後は向山。
2
向山山頂広場。
2019年03月29日 13:58撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向山山頂広場。
1
広場から降りるとこの山名板が落ちていた。作者は兵庫の美人達。神戸を名乗らないのが奥床しい。
2019年03月29日 13:59撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場から降りるとこの山名板が落ちていた。作者は兵庫の美人達。神戸を名乗らないのが奥床しい。
2
ベンチのある休憩所。
2019年03月29日 14:06撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチのある休憩所。
1
今日最後の標高点P365。
2019年03月29日 14:10撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日最後の標高点P365。
2
今日は暖かく、今年初めて三つ葉躑躅の花を見る事が出来た。
2019年03月29日 14:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は暖かく、今年初めて三つ葉躑躅の花を見る事が出来た。
4
関西電力洛北水力発電所。
2019年03月29日 14:34撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関西電力洛北水力発電所。
1
ここから道路を避けて北山トレイルに入る。
2019年03月29日 14:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから道路を避けて北山トレイルに入る。
1
58から尾根を越えて桧谷川を渡るコースを初めて歩いてみる。
2019年03月29日 14:45撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
58から尾根を越えて桧谷川を渡るコースを初めて歩いてみる。
1
今年の初収穫、一握りだけのワラビ。
2019年03月29日 14:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の初収穫、一握りだけのワラビ。
5
近道しようと尾根を越え谷を渡り桧谷川へ。
2019年03月29日 14:57撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近道しようと尾根を越え谷を渡り桧谷川へ。
1
目論見通り集落奥にあるこの橋に出た。後は道なりに西加茂車庫バス停に向かう。
2019年03月29日 15:02撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目論見通り集落奥にあるこの橋に出た。後は道なりに西加茂車庫バス停に向かう。
1
撮影機材:

感想/記録
by yjin

この冬に鴨川を散歩していて気になったのが桟敷ヶ岳と判官坂、どちらも散歩中に見えたのがそうらしい。桟敷ヶ岳はこの前行った。今回、判官坂に行ってみる事にした。事前の下調べで地形図を見ていたら市ノ瀬から北に続く尾根のP601標高点の北側に標高500m程の傾斜の緩い所がある。周りに人家など無い所に関わらず2軒ほど建物が記載されている。これは何だろう?折角近くまで行くのでついでに回って見たい。

建物については一つは神社だった。しかも平成になって建てられた新しい物だった。もう一つもそれに関連する工事用の建物では無いかと思われた。

判官坂もその西側のピークも樹林で町は見えなかったがその中間の鞍部から鴨川が見えた。一応思った通りなので冬に双耳峰に見えた白い山は判官坂としておこう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:333人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/2
投稿数: 1428
2019/3/30 0:57
 奥多摩みたい
はじめまして
京都の山もいいですね。
奥多摩や奥武蔵のハイキングコースが設定されていない尾根に似ていますね。
好き勝手に歩けて楽しそうです。
人工関節ですか。
私は私は距骨下関節が駄目になりチタンボルト2本で固定化しました。
気が付いたらのぞかせていただきます。
では。
登録日: 2012/8/24
投稿数: 275
2019/3/30 6:45
 Re: 奥多摩みたい
borav64mさん おはようございます。

奥多摩の山は全く知りません。関東で行った事があるのは神奈川出張のついでに数回登った丹沢だけです。富士山も見えるし見晴らしも良く関西の山とは随分違った印象でした。共通していたのは山蛭だけですね。京都の北山辺りでもこれからの季節、しっかりした装備で歩かないと噛まれます。

人工股関節になってから正座は駄目とか胡座をかくなとか色々制約が出来ました。医者から杖を持って歩きなさいと言われ街歩きでも山と同じ杖で歩いています。しかし今は今で楽しく山歩きが出来る様になりました。
登録日: 2012/6/25
投稿数: 6770
2019/3/30 16:42
 こんにちは yjinさん
判官坂は気になっていましたがまだ歩いたことがありません
様子が分かりました ありがとう

樋ノ水峠から判官坂へのコースを帰り道に選ぶとバスの時間に合わせるのが難しそうなのでまだ実現していません

写真48の谷は以前から荒れ気味でしたがもう歩けそうにないですか
この谷で危うく落石に打たれそうになったことがあります
それ以来東側の尾根を歩いています

「見晴らし良好」はもう十数年前のことですが、台風のせいでまた見晴らしが良くなっているかもしれませんね
登録日: 2012/8/24
投稿数: 275
2019/3/30 17:39
 Re: こんにちは yjinさん
olddreamer さん こんばんは

樋ノ水峠から判官坂へコースを取れば何処へ出てもバスはもくもく号だけなので難しいですね。むしろ西から東へ移動した方が貴船口とか二ノ瀬、市原など叡電の駅への選択肢が増えます。

貴船山から二ノ瀬に向かう谷道は現在ほぼ使われて無いらしく荒れ放題に見えました。尾根からチラチラ見ると杉が一杯倒れ大変そうです。

見晴らし良好の尾根道は”見晴らしの良い所もある”と言うくらいですね。去年の台風は南風が谷に集まったみたいで尾根筋には余り倒木はありません。京都北山では植林のある谷は当分避けた方が賢明です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ