また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1774989 全員に公開 雪山ハイキング甲斐駒・北岳

池山御池小屋(夜叉神〜お使い山行)

日程 2019年03月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道韮崎ICで下車後、夜叉神まで下道。
駐車場は無料。
この時期はガラガラ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間25分
休憩
40分
合計
8時間5分
Sスタート地点06:1206:34西口登山口07:19鷲ノ住山08:14アルキ沢橋BS08:1909:45池山09:4609:57池山御池小屋10:3010:43池山11:45アルキ沢橋BS11:4613:09鷲ノ住山13:52西口登山口14:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・夜叉神〜鷲ノ住山を超えて池山吊尾根の1500mくらいまでは一切積雪なし。
・池山吊尾根の1500mから先の登山道は凍結しているためアイゼン必須。チェーンスパイクでは心もとなかった。
・池山御池小屋まではうっすらトレースあり。ラッセルはほとんどなかった。
その他周辺情報温泉:韮崎旭温泉。ぬるめの天然温泉。飲用可能。露天風呂無し。

写真

今日は訳ありお使い山行ということで池山御池小屋を目指すことに。
2019年03月30日 06:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は訳ありお使い山行ということで池山御池小屋を目指すことに。
長い長い夜叉神トンネルへ。
2019年03月30日 06:18撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長い夜叉神トンネルへ。
出口が点になってる。
相変わらず長い、長すぎる。
2019年03月30日 06:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出口が点になってる。
相変わらず長い、長すぎる。
2
夫婦滝だそうで。
2019年03月30日 06:44撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦滝だそうで。
倒木もあり。
2019年03月30日 06:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木もあり。
1
野呂川を見下ろす。
あの標高まで一旦くだらなければならない。
2019年03月30日 07:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野呂川を見下ろす。
あの標高まで一旦くだらなければならない。
1
林道から鷲ノ住山を超えていく。
2019年03月30日 07:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から鷲ノ住山を超えていく。
1
それなりに歩きやすい道。
2019年03月30日 07:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それなりに歩きやすい道。
野呂川発電所。
2019年03月30日 07:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野呂川発電所。
吊橋を渡っていく。
ある意味もう慣れっこです。
2019年03月30日 07:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊橋を渡っていく。
ある意味もう慣れっこです。
1
奈良田からの県道に合流。
2019年03月30日 07:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良田からの県道に合流。
1
あるき沢橋から池山吊尾根に取付く。
2019年03月30日 08:14撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あるき沢橋から池山吊尾根に取付く。
途中でカチカチの残雪が出てくる。
2019年03月30日 08:47撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でカチカチの残雪が出てくる。
だいぶ前に買って使ったことがなかったチェーンスパイクのデビュー。
八ヶ岳、南アルプスくらいしか使わない。
2019年03月30日 08:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ前に買って使ったことがなかったチェーンスパイクのデビュー。
八ヶ岳、南アルプスくらいしか使わない。
1
雪の量が増えてきたもののラッセルするほどではない。
2019年03月30日 09:04撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の量が増えてきたもののラッセルするほどではない。
1
池山登頂!ってほどのピークではないけど。
2019年03月30日 09:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池山登頂!ってほどのピークではないけど。
1
池山御池。
凍っているので池の上をショートカットしていく。
2019年03月30日 09:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池山御池。
凍っているので池の上をショートカットしていく。
4
目的地の池山御池小屋。
お使いを済ませて即下山。
2019年03月30日 09:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地の池山御池小屋。
お使いを済ませて即下山。
3
奈良田からの県道を再び戻っていく。
だいぶ荒れているが通行に支障はない。
2019年03月30日 11:56撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良田からの県道を再び戻っていく。
だいぶ荒れているが通行に支障はない。
1
ワイルドなトンネル。
2019年03月30日 12:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイルドなトンネル。
4
野呂川発電所まで戻ってきた。
さあ鷲ノ住山へ400m登り返し頑張ろう。
2019年03月30日 12:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野呂川発電所まで戻ってきた。
さあ鷲ノ住山へ400m登り返し頑張ろう。
帰りの方が荷物が重いので登り返しが辛い。
2019年03月30日 13:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの方が荷物が重いので登り返しが辛い。
1
夜叉神への林道に合流したころに雨が降ってきた。
2019年03月30日 13:18撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉神への林道に合流したころに雨が降ってきた。
夜叉神ゴール。
2019年03月30日 14:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉神ゴール。
1
撮影機材:

感想/記録

※記録に残すような山行ではありませんが後から「こんなこともあったな〜」と振り返った時のために記載しています。

今日は訳あって故郷の池山御池小屋までお使いを頼まれた。
まだ山スキーシーズン真っ只中なので後ろ髪を引かれる気持ちもあるが困っている人がいるのであれば遊んでいる場合ではないし行くしかない。
それほどハードなルートではないものの誰でも行けるような場所でもないし。

金曜日に仕事を終えたら山梨へ向かって約5時間のドライブ。
松本まで来たところで睡魔に襲われたので途中で車中泊…4時に起床して北岳登山の起点となる夜叉神を目指した。

天気は曇り、それほど寒くはない。
久しぶりの登山装備で南アルプス林道を歩いていく。
鷲ノ住山を超えて奈良田からの林道に合流したところで釣り人2人と出会った。
たくさん釣れるといいですね〜なんて会話をしつつご挨拶。

池山吊尾根の取付きとなるあるき沢橋まで来たところで今度はテン泊(あるいは小屋泊)の登山者お二方と出会った。
翌日も天気が悪そうなので2日後の月曜日に山頂アタックを予定しているらしい。
滑落に気を付けて!
こちらは日帰り装備で身軽なので先に行かせてもらいます。

1500mを過ぎたところで登山道が凍結しだした。
今回は大分昔に買ったチェーンスパイクを試してみることにした。
登りはある程度順調だったがやはり傾斜が大きいとアイゼンの方がはるかに安心感がある。
次はケチらずにアイゼンを持参しよう。

10時頃に池山御池小屋に到着。約4時間ほどで到着した。
小屋で用事を済ませたらサッサと来た道を下山する。
天気が良かったら1泊して久しぶりに北岳山頂を目指しても良かったがあいにくの悪天予報なので割り切るしかない。

途中で先ほどお会いしたお二方に再会したので気を付けてと声をかけてお別れ。
鷲ノ住山の登り返しは地味になかなか急登でハードだが涼しかったのでそれほど苦も無く登り切った。

あとは林道を淡々と歩いて夜叉神まで帰還。
ゲートのおじさんから「歩行者禁止だよ!」と相変わらずのお説教を言われたがお友達モードで会話してクリア。
そこんところは本音と建て前でお願いします。

久しぶりの山スキー以外の登山、それと故郷の山の雰囲気を楽しめてよかった。
訪問者数:405人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ