また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1775105 全員に公開 山滑走十勝連峰

蒼さをのぞんだ 美瑛岳(撤退)

日程 2019年03月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候のぞみ晴れ。上は強風&ホワイト
アクセス
利用交通機関
車・バイク
路駐
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
0分
合計
5時間25分
Sスタート地点07:1812:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ラッセルする出発でも 
1400mあたりからカリカリ&新雪

写真

今日は美瑛岳。 
先に来られていた方が 皆さんが使う道を行こうとしていたので、私は違うルートを選びました。
2019年03月30日 07:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は美瑛岳。 
先に来られていた方が 皆さんが使う道を行こうとしていたので、私は違うルートを選びました。
2
森林の中は赤松・トド松など立派な木ばかり。 静かな雰囲気を楽しみたいんだよね。
2019年03月30日 07:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林の中は赤松・トド松など立派な木ばかり。 静かな雰囲気を楽しみたいんだよね。
1
今日は母の手編みが私をサポート。 暖かいです!
2019年03月30日 07:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は母の手編みが私をサポート。 暖かいです!
9
新旧のトレースと合流し 出発時に見掛けた方とご挨拶。 先に変わって楽チンにブッ飛ばして行こうと思ったら..
2019年03月30日 08:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新旧のトレースと合流し 出発時に見掛けた方とご挨拶。 先に変わって楽チンにブッ飛ばして行こうと思ったら..
1
すぐに立派なトレースは無くなり.. ラッセル。
2019年03月30日 08:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに立派なトレースは無くなり.. ラッセル。
2
ヤットコ樹林帯を抜け 好きな美瑛岳の裾に出ました!
2019年03月30日 09:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤットコ樹林帯を抜け 好きな美瑛岳の裾に出ました!
2
「太陽さん 雲を割って青空だしてー」と願い事しながらの急登
2019年03月30日 09:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「太陽さん 雲を割って青空だしてー」と願い事しながらの急登
2
振り向けば平和な景色
2019年03月30日 09:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向けば平和な景色
3
風と共に急激に気温が下がり 毛糸の手袋にグローブを重ねました。
2019年03月30日 09:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風と共に急激に気温が下がり 毛糸の手袋にグローブを重ねました。
3
一瞬 サーッと流れる明かりでライン調整
2019年03月30日 09:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬 サーッと流れる明かりでライン調整
1
遠い後ろに 後続者さんが見えたり消えたり..
2019年03月30日 10:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠い後ろに 後続者さんが見えたり消えたり..
2
なるべく雪のある場所を選んで登っていたけれど、カリカリ限界で流石にクトー装着しました。
2019年03月30日 10:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なるべく雪のある場所を選んで登っていたけれど、カリカリ限界で流石にクトー装着しました。
1
ハエマツは硬く凍り スキーで来るのは遅かったと感じつつ山のシルエットを見たくって稜線へ
2019年03月30日 10:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハエマツは硬く凍り スキーで来るのは遅かったと感じつつ山のシルエットを見たくって稜線へ
1
爆風にあおられ
2019年03月30日 10:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆風にあおられ
2
ホワイト。 
この後、岩もハイマツもない斜面で転んだ.. 
最初は平衡感覚を失ったと思ったが違った
2019年03月30日 10:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホワイト。 
この後、岩もハイマツもない斜面で転んだ.. 
最初は平衡感覚を失ったと思ったが違った
5
しっかり踏締めながら安心できる場所まで下りて見上げてたよ。
2019年03月30日 11:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかり踏締めながら安心できる場所まで下りて見上げてたよ。
1
後から来た方も滑って行くので、私も帰ろう。
2019年03月30日 11:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後から来た方も滑って行くので、私も帰ろう。
2
十勝岳の稜線が少し見える頃
2019年03月30日 11:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳の稜線が少し見える頃
1
悪天でも登る人たちとスライド 
こんなにまで惹き寄せる山って何だろね。
2019年03月30日 11:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪天でも登る人たちとスライド 
こんなにまで惹き寄せる山って何だろね。
5
何度も止まってた 
「無事に帰って来て」と願うだけ。
2019年03月30日 11:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も止まってた 
「無事に帰って来て」と願うだけ。
3
ラッセルした跡が 大きくなってた
2019年03月30日 11:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッセルした跡が 大きくなってた
2
優しい青空と木々たちを縫って、この後は自分だけのトレースがあるの森へ入りました。
2019年03月30日 12:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
優しい青空と木々たちを縫って、この後は自分だけのトレースがあるの森へ入りました。
2
美瑛岳はいつまでも雲が取れない今日でした。 

いつか行くからねー!
2019年03月30日 13:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳はいつまでも雲が取れない今日でした。 

いつか行くからねー!
7
次の日はハウス作りを手伝った後に、椎茸とナメコを育てるホダ木を林の中で回収してましたよ〜(笑)
2019年03月31日 14:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の日はハウス作りを手伝った後に、椎茸とナメコを育てるホダ木を林の中で回収してましたよ〜(笑)
9
撮影機材:

感想/記録
by syunpa

富良野に入ると 十勝連峰はすべて厚い雲に包まれていました
いつもなら直ぐに切り替えて 雲のない芦別岳とか行くのだけれど
この日は空に「のぞみ」を託して美瑛岳へ向かいました。

1500mあたりで
「この後、岩もハイマツもない斜面で転んだ 
最初は平衡感覚を失ったと思ったが違った..」
そう.. 違った..
ハエマツを避けて下りようとした時
何かに足を取られるように 転んだまま滑っていた
止まらなかった.. 
なぜだ!と
風荒れる真白な空間で 直ぐに手元を見た
周りの雪は動いてなかったが 下の起伏で波をうっていた
そう、表層雪崩の上で体ごと流されてた..
スキーが邪魔で もがいても立てなかった.. 最悪だった
色んな態勢を繰り返して 辛うじて体は止りました。
カニ歩きしながら 硬いハエマツを下りて
すぐに滑って下りる気が起きなかったよ。

夜は静かなBGM聴いての眠りでした。
訪問者数:210人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ハイマツ 急登 雪崩 撤退 グローブ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ