また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1775900 全員に公開 沢登り丹沢

沖ノ源次郎沢

日程 2019年03月30日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー6人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間51分
休憩
2時間52分
合計
6時間43分
S戸沢山荘07:5508:00天神尾根入口(旧書策新道入口)08:33弛み橋(仮)08:59水無川本谷11:4812:12沖ノ源次郎沢12:1314:30天神尾根入口(旧書策新道入口)14:3114:36戸沢山荘14:3714:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年03月の天気図 [pdf]

写真

源次郎沢を渡って入山。
2019年03月30日 08:00撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎沢を渡って入山。
水無川本谷F5の上まで書策新道を行きます。
2019年03月30日 08:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川本谷F5の上まで書策新道を行きます。
前回来た時とは打って変わり、すっぱりと崩落していてロープを使って降りました。
2019年03月30日 08:44撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回来た時とは打って変わり、すっぱりと崩落していてロープを使って降りました。
ぐずぐずで一足ごとに足元が崩れそう、、、落石を起こすと本谷遡行者がいたら大事故につながりそうです。
2019年03月30日 08:45撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐずぐずで一足ごとに足元が崩れそう、、、落石を起こすと本谷遡行者がいたら大事故につながりそうです。
本谷F5の上にある道標
2019年03月30日 08:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷F5の上にある道標
1
書策新道を下ってきた人が間違って本谷を降りないよう、岩に「下降危険」の看板が貼ってあります。
2019年03月30日 08:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道を下ってきた人が間違って本谷を降りないよう、岩に「下降危険」の看板が貼ってあります。
沖ノ源次郎沢20mの涸滝
2019年03月30日 09:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沖ノ源次郎沢20mの涸滝
中央からやや左に向かってリードで登りました。
2019年03月30日 10:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央からやや左に向かってリードで登りました。
ロープを支点にマスト結びして、後続がプルージックで自己確保しながら登ってきます。
2019年03月30日 10:15撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを支点にマスト結びして、後続がプルージックで自己確保しながら登ってきます。
2段目の20m
2019年03月30日 10:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段目の20m
この壁の核心は登り出しの一手目かな?
2019年03月30日 10:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この壁の核心は登り出しの一手目かな?
こんなところに石積みが、、、この後幾度もこのような石積みが現れました。
2019年03月30日 11:56撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところに石積みが、、、この後幾度もこのような石積みが現れました。
1,050m付近のチムニー状7m。
チムニーに入らず、手前の右に乗ったら楽に登れました。
2019年03月30日 12:06撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,050m付近のチムニー状7m。
チムニーに入らず、手前の右に乗ったら楽に登れました。
細くて急だけれど、美しくていい尾根です。
2019年03月30日 12:53撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細くて急だけれど、美しくていい尾根です。
表尾根、ピーク上を歩いている人が見えました。
2019年03月30日 13:05撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根、ピーク上を歩いている人が見えました。
赤岩に到着!
あとは源次郎尾根を下って戻ります。
2019年03月30日 13:06撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩に到着!
あとは源次郎尾根を下って戻ります。
ちょっともやっているのが残念だけれどいい景色!
2019年03月30日 13:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっともやっているのが残念だけれどいい景色!
第一草原かな?
この辺りは道迷いが多いそうです。
2019年03月30日 13:19撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一草原かな?
この辺りは道迷いが多いそうです。
新しい倒木が多いのは、去年の秋の台風の影響?
2019年03月30日 13:58撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい倒木が多いのは、去年の秋の台風の影響?
源次郎尾根から書策新道に合流して下山完了!
2019年03月30日 14:28撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎尾根から書策新道に合流して下山完了!
撮影機材:

感想/記録

涸沢にあり、登攀練習で有名な沖ノ源次郎沢に初めて行きました。

当初は本谷をF5まで遡行してから沖源に向かう計画が、前日からの冷え込みで「冷たいのはイヤダ」というメンバー多数のわがままによって、書策新道でF5上まで行くことに予定変更!
太っ腹なリーダーありがとうございます。

結果、沢装備なしの沢登り。

初めての沖ノ源次郎沢の登攀は、最近クライミングの練習をサボってばかりの自分にとっては丁度良いリハビリになりました。
訪問者数:262人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ