また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1778183 全員に公開 雪山ハイキング支笏・洞爺

丹鳴岳・フレ岳(美笛林道コース)

日程 2019年03月31日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道276号線の両側に広い駐車場あり。トイレはなし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
12分
合計
6時間44分
Sスタート地点05:4208:47丹鳴岳08:5409:41フレ岳09:4612:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストあり
その他周辺情報きのこ王国(トイレは24時間開放)が駐車場から10km離れたところにあり
過去天気図(気象庁) 2019年03月の天気図 [pdf]

写真

国道276号の駐車場から登山開始
2019年03月31日 05:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道276号の駐車場から登山開始
初めに千歳川を橋で渡りました
2019年03月31日 05:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めに千歳川を橋で渡りました
1
初めは複数の足跡があったので安心していました
2019年03月31日 05:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めは複数の足跡があったので安心していました
1
美笛林道の表示
2019年03月31日 06:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美笛林道の表示
足跡は独りだけになりました
2019年03月31日 06:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足跡は独りだけになりました
1
黄金林道
2019年03月31日 06:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄金林道
1
モシルン美笛川。ユニークな名前です
2019年03月31日 06:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モシルン美笛川。ユニークな名前です
2
ここで足跡は林道から外れました。この先は一人旅が確定
2019年03月31日 07:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで足跡は林道から外れました。この先は一人旅が確定
ウサギの足跡に癒されました
2019年03月31日 07:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギの足跡に癒されました
2
標高678メートルから和かんじきを履きました
2019年03月31日 07:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高678メートルから和かんじきを履きました
2
最後に間違って林道から外れてて急斜面を登りました
2019年03月31日 07:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に間違って林道から外れてて急斜面を登りました
1
丹鳴岳が見えてきた
2019年03月31日 08:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹鳴岳が見えてきた
1
丹鳴岳山頂からの支笏湖
2019年03月31日 08:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹鳴岳山頂からの支笏湖
2
「丹鳴山」の山頂標識。もしかしてこちらが正しいのかも
2019年03月31日 08:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「丹鳴山」の山頂標識。もしかしてこちらが正しいのかも
11
丹鳴岳山頂からみるフレ岳
2019年03月31日 08:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹鳴岳山頂からみるフレ岳
2
丹鳴岳の北斜面
2019年03月31日 09:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹鳴岳の北斜面
2
人気のない登山が続きました
2019年03月31日 09:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人気のない登山が続きました
2
フレ岳の南斜面
2019年03月31日 09:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フレ岳の南斜面
2
フレ岳山頂
2019年03月31日 09:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フレ岳山頂
11
氷点下4度
2019年03月31日 09:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷点下4度
2
漁岳を望む
2019年03月31日 09:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漁岳を望む
3
恵庭岳と支笏湖
2019年03月31日 09:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭岳と支笏湖
1
ここは地形的に風の吹きさらしなのでしょう。ハイマツと笹が露出
2019年03月31日 09:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは地形的に風の吹きさらしなのでしょう。ハイマツと笹が露出
3
右は往路の丹鳴岳
2019年03月31日 09:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右は往路の丹鳴岳
帰りは丹鳴岳の山頂は回避して北斜面を迂回しました。ところが思いのほか雪が深く、膝まで沈みました。大失敗!
2019年03月31日 10:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは丹鳴岳の山頂は回避して北斜面を迂回しました。ところが思いのほか雪が深く、膝まで沈みました。大失敗!
1
白老三山
2019年03月31日 10:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白老三山
3
奇跡の雪
2019年03月31日 11:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇跡の雪
5
まだエゾアカガエルやエゾサンショウウオの卵はありませんでした。美笛の春は遅い
2019年03月31日 12:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだエゾアカガエルやエゾサンショウウオの卵はありませんでした。美笛の春は遅い
5
5本指の足跡は珍しいです。何でしょう?
2019年03月31日 12:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5本指の足跡は珍しいです。何でしょう?
7
撮影機材:

感想/記録

白老岳の翌日はロングコースの丹鳴岳とフレ岳を美笛林道から登りました。

結果的には白老岳とは違ってもっと後日のほうが良かったのかもしれません。
特に往復13kmの長い林道歩きが大変でした。
今後の林道の雪が無くなったころが狙い目かもしれません。

白老岳の近くの駐車場で車中泊をして臨みました。

元々は美笛トンネルの大滝側出口の除雪車用の展開スペースに
マイカーを駐車してから稜線沿いに小漁岳を往復するつもりでした。
しかしながら午前4時に目が覚めると雪が降ってました。
もしかすると迷惑車両になるかもしれないと思い、
念のため美笛林道そばの広大な駐車場から登山しました。

鹿の鳴き声を聞きながら美笛林道を進みました。
初めは複数の人の足跡があったので安心して進みましたが、
足跡は途中で一つ消え、また一つ消え、結局は寂しい思いをしました。
途中で消えた複数の足跡の目的は?

標高678メートルからは和かんじきを履くことになりました。

孤独を感じたまま3時間もかかって丹鳴岳山頂。
ここからフレ岳は標高差150メートルの登り返しがあります。
これが思いのほか疲れました。
フレ岳と丹鳴岳は別々の機会に登ったほうが良いのかもしれません。

帰りに5本指の足跡を見かけました。珍しかったです。

総時間6時間44分。距離21.39km。平均速度3.2km/h (Garmin Oregon300による計測)
総重量70圈B僚56kg。身長172cm。
平均心拍数は132拍/分。消費カロリーは3148+α kcal。
(忘れていて途中から心拍計を起動したため)
訪問者数:377人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ