また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1779245 全員に公開 ハイキング京都・北摂

大原から尾根通しで北白川へ 祟りじゃ 今回も雪責めの刑に

日程 2019年04月03日(水) [日帰り]
メンバー
天候雪時々晴
アクセス
利用交通機関
バス
行き 京都バス 京阪三条から大原
帰り 京都市バス 北白川仕伏町から京都市役所前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間7分
休憩
23分
合計
7時間30分
S大原バス停08:2508:53音無滝(一の滝)08:5509:05二の滝09:0609:20三の滝09:2610:09大尾山10:1010:48小野山11:09仰木峠11:52水井山12:09横高山12:1012:20玉体杉12:3013:33お地蔵さんのある展望地13:3413:39比叡山人工スキー場跡14:31掛橋石鳥居15:04白鳥山15:15瓜生山 東山三十六峰15:26茶山15:2715:40北白川山 東山三十六峰15:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は無いものの比叡山を過ぎるまで雪が降り風は冷たかった

写真

バスに乗って大原へ向かう途中も比叡山は白かったし、三千院に向かう途中の民家の屋根も白い。温度計は2°で寒かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスに乗って大原へ向かう途中も比叡山は白かったし、三千院に向かう途中の民家の屋根も白い。温度計は2°で寒かった。
3
見晴らし台の案内があって登ってみた。見える範囲の田んぼも山も白い。予想とあまりにも違いモチベーションは下がる一方だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし台の案内があって登ってみた。見える範囲の田んぼも山も白い。予想とあまりにも違いモチベーションは下がる一方だ。
2
なる程、情報通り呂川沿いにはネコノメソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なる程、情報通り呂川沿いにはネコノメソウ。
1
白花もあるが近付けない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白花もあるが近付けない。
1
通過する三千院の屋根も白い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過する三千院の屋根も白い。
1
降りられる所があったので近付いて白花の写真を撮る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りられる所があったので近付いて白花の写真を撮る。
3
少し時期は過ぎ掛かっていたが何とか見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し時期は過ぎ掛かっていたが何とか見えた。
1
ミヤマカタバミも咲いていた。此の後も沢山あると思っていたが見る事は無かった。延暦寺辺りで少し見たが雪のせいで花弁の開いた物は無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミも咲いていた。此の後も沢山あると思っていたが見る事は無かった。延暦寺辺りで少し見たが雪のせいで花弁の開いた物は無かった。
4
ボタンネコノメソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボタンネコノメソウ。
3
馬酔木もこんな姿に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木もこんな姿に。
3
一の滝(音無しの滝)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の滝(音無しの滝)
4
木の枝には雪が付き盛んに落ちてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の枝には雪が付き盛んに落ちてくる。
4
二の滝。何時もなら谷まで降りて写真を撮るのだがこの天候ではそんな気分にもならなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の滝。何時もなら谷まで降りて写真を撮るのだがこの天候ではそんな気分にもならなかった。
1
う〜んこれは何だったかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜んこれは何だったかな?
3
三の滝下流だけは乗り越えるしか無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の滝下流だけは乗り越えるしか無かった。
1
三の滝を下流から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の滝を下流から。
1
梯子を登って上から見る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子を登って上から見る。
2
三椏の花も雪が被って寒そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三椏の花も雪が被って寒そう。
5
この先も歩きにくそう、さあどうしよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先も歩きにくそう、さあどうしよう。
1
ふと横を見ると谷にリボンがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと横を見ると谷にリボンがあった。
2
谷を登って見る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を登って見る。
1
やがて横へ向かう道があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて横へ向かう道があった。
1
その道も尾根で途切れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その道も尾根で途切れる。
1
仕方がない、そのまま尾根を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方がない、そのまま尾根を登る。
1
何時もの尾根道に出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何時もの尾根道に出る。
1
尾根道はここに出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道はここに出てくる。
3
誰も歩いて無い雪道をザクザクと気持ち良く歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も歩いて無い雪道をザクザクと気持ち良く歩く。
1
雪も少々増えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も少々増えてきた。
1
大尾山(梶山)山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大尾山(梶山)山頂
4
新しいというプレート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しいというプレート。
5
山頂辺りは少し雪が積もっている。あるという片栗を探す気も起きずそのまま進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂辺りは少し雪が積もっている。あるという片栗を探す気も起きずそのまま進む。
2
山道は雪が落ちて歩きにくいので林道終点から此方に移る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道は雪が落ちて歩きにくいので林道終点から此方に移る。
1
樒も花は寒そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樒も花は寒そう。
2
前から有るプレート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前から有るプレート。
1
これも新しいのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも新しいのだろう。
4
大尾山辺りでは見えなかった琵琶湖もここでは見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大尾山辺りでは見えなかった琵琶湖もここでは見えた。
2
馬酔木は多いがどれも雪が付いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木は多いがどれも雪が付いている。
2
尾根道の直ぐ隣に今まで見た記憶が無い林道があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道の直ぐ隣に今まで見た記憶が無い林道があった。
1
これは少しばかり汚れているので小野山とは違う時期なんだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは少しばかり汚れているので小野山とは違う時期なんだろう。
5
水井山を少し下りると先はどの林道だろう回り込んで山頂の南側へ登っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水井山を少し下りると先はどの林道だろう回り込んで山頂の南側へ登っていた。
1
これは水井山より更に汚れている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは水井山より更に汚れている。
2
比叡山の大比叡と四明岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比叡山の大比叡と四明岳。
2
京都を望む。見えている川は高野川だろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都を望む。見えている川は高野川だろう。
2
トンネルを潜って延暦寺境内に入るが確かここは建物があった気がする。手前も奧も更地になっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを潜って延暦寺境内に入るが確かここは建物があった気がする。手前も奧も更地になっていた。
1
若山牧水の歌碑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若山牧水の歌碑。
2
地蔵さんの有る展望地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵さんの有る展望地。
1
横高山から奧は比良の山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横高山から奧は比良の山。
3
此方は愛宕山方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此方は愛宕山方面。
2
この辺でも山頂に向かう道にはまだ雪が残っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺でも山頂に向かう道にはまだ雪が残っている。
1
日陰はこんな具合だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰はこんな具合だった。
1
左に踏み跡があり、今日はこれを辿る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に踏み跡があり、今日はこれを辿る。
1
この尾根はかなり良い道が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根はかなり良い道が続く。
1
少し迷って薄い踏み跡の尾根に入った。見事間違えて谷に降りた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し迷って薄い踏み跡の尾根に入った。見事間違えて谷に降りた。
1
谷を少し降りて行くとトレイルの道に合流する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を少し降りて行くとトレイルの道に合流する。
狙いはここに降りてくる筈だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狙いはここに降りてくる筈だった。
1
なるほど、説明板通り平安神宮の大鳥居も見えた。今まで葉っぱの繁った時だったのか気付かなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なるほど、説明板通り平安神宮の大鳥居も見えた。今まで葉っぱの繁った時だったのか気付かなかった。
1
茶山山頂。ポストってあっただろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶山山頂。ポストってあっただろうか?
2
北白川山。東山36峰の8番目の印。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北白川山。東山36峰の8番目の印。
山頂はこんな石碑の一杯ある辺り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はこんな石碑の一杯ある辺り。
北白川幼稚園を降りて行く途中にシャガが咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北白川幼稚園を降りて行く途中にシャガが咲いていた。
2

感想/記録
by yjin

昨日も寒かった。4月なのに比叡山も雪でうっすら白い、勿論北山も白い。何処も春の草花など期待できそうに無い。それなら他人の褌を借りて確実に咲いている大原三千院の裏山でも行ってみるか。

朝バスに乗って北上すると対向する車は屋根に雪を積んでいた。窓から見る比叡山も白い。昨日の天気予報で今日は晴れる筈だったが空には雲が。
大原に着いても道路には雪は無いが民家の屋根は白い。大原バス停でザックからスパッツを出し足元を強化する。残念ながら手袋は今日も薄手を持ってきた。もっと暖かい筈だったが今日は厳しそうだ。登るにつれて雪が出てきて春の花処では無かった。もう、これで三回目の誤算となる。
訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 4244
2019/4/3 21:10
 yjinさん、
今日は寒かったですね〜。
私は西山の方に行ったのですが、少しだけ雪の名残を目にしました。
だけど、やっぱり大原の方は…。

花猫の目、すっかり終盤になってるのですね。
たった10日ほどの事なのに…、
寒い日が続いているのに、
花の命は短い…ですね。

三連続の誤算続きの様ですが、
明日くらいからようやく暖かくなりそうです。
今度こそ、春の花に出会われます様に♪
登録日: 2012/8/24
投稿数: 169
2019/4/4 6:24
 Re: yjinさん、
heheさん おはようございます

昨日は寒かったです。冬用の手袋を持ってくれば良かったと道中反省してました。今朝は良く晴れています。正にこの所”祟りじゃ”状態です。

マンサクにも気付かず道中の何ヶ所かに記憶のある片栗の葉っぱも見つけられず花見としては散々な1日でした。天気予報によるとこれからは暖かくなりそうで一寸期待しています。でも花の見頃を一週間とすると何処へ何時行くか悩ましい限りです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ