また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1780505 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

想定外のラッセル&静寂: あららぎ高原から大川入山往復

日程 2019年04月05日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あららぎ高原スキー場のP1に駐車させていただきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間59分
休憩
26分
合計
6時間25分
Sあららぎ高原スキー場08:3308:47あららぎ高原スキー場登山口08:4811:09恩田大川入山分岐11:1312:06大川入山12:2013:02恩田大川入山分岐13:0914:41あららぎ高原スキー場登山口14:57あららぎ高原スキー場14:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
あららぎ高原スキー場のゲレンデから登山道に入る地点がわかりにくいので,ピンクテープをよく探す必要があります。尾根の上部では30cm以上の新雪が積もっていましたが,暖かさのため靴底にベタベタくっついて難儀しました。午後は,踏み抜きも多くなりました。

写真

この登山口に着くまでに,少し迷いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登山口に着くまでに,少し迷いました。
はじめのうちは,積雪はありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめのうちは,積雪はありませんでした。
大川入山の分岐点の手前で,とても展望の良い雪原が広がっていました。南アルプスにあんな形の山があったっけ?でもよく考えたら,中央アルプスでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大川入山の分岐点の手前で,とても展望の良い雪原が広がっていました。南アルプスにあんな形の山があったっけ?でもよく考えたら,中央アルプスでした。
1
南駒ヶ岳,仙冦罅づ沈擲戞
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳,仙冦罅づ沈擲戞
3
木曽駒ケ岳の手前に三ノ沢岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ケ岳の手前に三ノ沢岳。
5
まだ2kmもあるの?ガッカリです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ2kmもあるの?ガッカリです。
1
見れば見るほど良い山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見れば見るほど良い山です。
3
一旦,大きく下ります。せっかく登ったのに,勿体無い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦,大きく下ります。せっかく登ったのに,勿体無い!
南アルプスも最高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも最高。
1
鞍部から,急斜面を登り返します。あと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から,急斜面を登り返します。あと少し!
1
エエッ?まだ,そんなに遠いの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エエッ?まだ,そんなに遠いの?
こんどこそ,頂上かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんどこそ,頂上かな?
1
疲れました。頂上手前10m区間だけツボ足の足跡がありましたが,治部坂から登ってきた人のものでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れました。頂上手前10m区間だけツボ足の足跡がありましたが,治部坂から登ってきた人のものでしょうか?
2
いずれ7サミッツのピンバッジをもらいたいので,証拠写真(自撮り)を撮っておきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いずれ7サミッツのピンバッジをもらいたいので,証拠写真(自撮り)を撮っておきます。
3
二等三角点でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点でした。
頂上から一旦下って,向こうの尾根まで登り返さなければなりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から一旦下って,向こうの尾根まで登り返さなければなりません。
1
ようやく,ここまで戻りました。あと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく,ここまで戻りました。あと少し!

感想/記録

定年退職し金曜日がフリーだったので,高校生の頃から気になっていた大川入山に挑みました。当時の山と渓谷に載っていた特集記事を,今でも鮮明に覚えています。

大川入山に登るには,二通りのルートがあります。一つは,治部坂峠からのメジャーなルート。もう一つは,あららぎ高原スキー場から北面の尾根伝いに登り詰めるマイナールート。マイナー志向の私は,もちろん後者ルートを選びました。

今回は,ノートレースだったため,登りはラッセルで,また,帰路は踏み抜きで
苦労しました。全行程,誰にも会いませんでした。今の私が理想と考える山行を実現できました。
訪問者数:237人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ