また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1782426 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

浅間尾根を端から三頭山へ(その2)

日程 2019年04月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
1時間49分
合計
5時間56分
S仲の平バス停08:0908:48仲の平分岐08:5109:02御林山09:13浅間尾根駐車場(オンバコ平)09:43戸沢峯09:4409:51砥山09:56栂ノ尾10:11鞘口峠10:2010:39見晴し小屋10:4010:58三頭山東峰11:0211:02三頭山11:08三頭山西峰12:2112:32ムシカリ峠12:3313:03野鳥観察小屋13:0413:16三頭大滝13:3214:00森林館14:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
奥多摩周遊道路を横切る地点〜風張峠分岐は破線ルートなっている。道路からの取り付きはかなりの急坂で下りは注意要、その先のトラバース区間は登山道が崩壊している箇所あり。

写真

仲の平バス停からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲の平バス停からスタート
浅間尾根登山口、2月はここへ下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根登山口、2月はここへ下山
仲の平分岐、2月はここまで歩いた。ここから未踏区間に入る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲の平分岐、2月はここまで歩いた。ここから未踏区間に入る
尾林山への分岐、しっかりとした道標がある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾林山への分岐、しっかりとした道標がある
これから向かう三頭山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう三頭山方面
道路からの取り付き、ここから破線区間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路からの取り付き、ここから破線区間
登山道が崩壊している。左側が切れ落ちておりちょっとスリル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が崩壊している。左側が切れ落ちておりちょっとスリル
風張峠分岐、破線区間はここまで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風張峠分岐、破線区間はここまで
ランチにデザートを作る、アップルケーキ。ちょっとアクセントが足りなかった(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチにデザートを作る、アップルケーキ。ちょっとアクセントが足りなかった(^^;)
1

感想/記録

山のグループで都民の森から三頭山に行く計画に併せて、2月に歩いた浅間尾根の残り区間を踏破して合流することにした。
奥多摩周遊道路を横切る地点までは順調に歩く。いよいよ破線区間に入る。道路からの取り付きに「悪路、通行注意」の注意書きが。急な登りだったがすぐ整備された道になり、この程度なら実線でもいいのではと思ってたら、崩壊箇所が。左側が結構切れ落ちており、ちょっとスリルがあった。ロープに助けられて通過。凍結時期は結構怖いと思う。
鞘口峠でグループとの合流を目指しペースをあげるも、所要時間の勘違いで全然間に合わないことに気づく。さらにペースをあげ、山頂手前では息切れ寸前。なんとか中央峰の先で合流。あっ、中央峰の写真を撮り忘れたー。
おかげでひとりぼっちランチにならずに済み、その先はワイガヤの楽しいハイキング。
しかしペースをあげたつけが。帰途のバス待ち中に、足がつった(^^;)
訪問者数:67人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ