また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1783494 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

絶景の雪稜を行く。三国山〜大源太ピストン縦走!

日程 2019年04月06日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴!!
\(^o^)/
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三国峠の群馬県側登山者駐車場に車を停めました。
登山口となるトンネルまで、徒歩4〜5分です。
駐車場にはトイレがありましたが、冬季閉鎖されていました。

※トンネルからすぐのところにある駐車場は、工事関係車両の専用駐車場で、登山者は駐車不可(そのようにカンバンに大書きされています)とのことです。

国道17号、およびトンネル手前の上越橋には、歩道がありません。
狭い路側帯を歩くことになりますので、車の往来に要注意です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間4分
休憩
38分
合計
8時間42分
Sスタート地点07:1307:19三国山登山口(群馬県側)08:04三国峠08:0909:13三国山09:55ワラジカケマツノ頭11:52三角山11:5412:21大源太山12:4913:05三角山14:36ワラジカケマツノ頭15:18三国峠15:2015:47三国山登山口(群馬県側)15:4815:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪庇が大きく発達しており、そろそろ崩れそうです。
雪崩破断面となりそうなクラックが、あちこちで走りはじめていました。

朝早い時間は雪が固く締まっていましたが、日が高くなるにつれて融雪がすすみ、後半は雪がかなり腐ってきました。
下山時には踏み抜きをする回数も増え、トラバース時にごく小さな表層雪崩も起きました。
その他周辺情報近隣に温泉等多数あり。

装備

備考 雪の状態やルートの様子がわからなかったため、雪山フル装備で臨みました。
出発から三国山まで、ツボ足&ストック。
三国山でワカンを装着し、ワカン&ストック。
以降、三国峠までその装備のまま。

ピッケル、アイゼンは出番なし。
強風が予想されたためゴーグルも持参しましたが、予報に反して風がやんだため、ゴーグルも出番なし。

写真

登山者用の駐車場に車をとめて、出発。
快晴!
2019年04月06日 07:12撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者用の駐車場に車をとめて、出発。
快晴!
5分程歩くと、トンネルが見えてくる。
道路脇には歩道がないので、車の往来に注意しながら通過する。
トンネル入り口の右に、登山口。
2019年04月06日 07:17撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分程歩くと、トンネルが見えてくる。
道路脇には歩道がないので、車の往来に注意しながら通過する。
トンネル入り口の右に、登山口。
まずはツボ足のまま、三国峠まで登りあげる。
先日の雪でトレースが消えてしまったうえ、テープが乏しくてどこを歩けばいいのかよくわからない。

GPSアプリで位置を確認しながら登る。
沢を越えずに、並行するようにして登ればいいようだ。
2019年04月06日 07:38撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはツボ足のまま、三国峠まで登りあげる。
先日の雪でトレースが消えてしまったうえ、テープが乏しくてどこを歩けばいいのかよくわからない。

GPSアプリで位置を確認しながら登る。
沢を越えずに、並行するようにして登ればいいようだ。
出発から1時間ほどかかって、三国峠に到着。
正面に写っている山、左側の真っ白いのが稲包山かな。

ここでちょっと休憩。
2019年04月06日 08:16撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から1時間ほどかかって、三国峠に到着。
正面に写っている山、左側の真っ白いのが稲包山かな。

ここでちょっと休憩。
三国峠から、三国山方面。
休憩後、支度を整えて、三国山へ向けて出発。
2019年04月06日 08:08撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国峠から、三国山方面。
休憩後、支度を整えて、三国山へ向けて出発。
途中で三国峠を振り返る。

正面に写っているのは長倉山。
さらのそのずーーっと奥の遥か彼方に、浅間山がうっすらと。
実際にはもっとはっきり見えたのだけど、よく写ってない
(^_^;)
2019年04月06日 08:40撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で三国峠を振り返る。

正面に写っているのは長倉山。
さらのそのずーーっと奥の遥か彼方に、浅間山がうっすらと。
実際にはもっとはっきり見えたのだけど、よく写ってない
(^_^;)
1
三国山頂手前の雪原状になっている場所。
風がちょっと強いが、予想したほどでもない。
2019年04月06日 08:48撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山頂手前の雪原状になっている場所。
風がちょっと強いが、予想したほどでもない。
最後は、むき出しになった木道を登る。
2019年04月06日 09:05撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は、むき出しになった木道を登る。
三国山山頂に到着!!
山頂は平らで広々としている。
、、ように見えるが、実際には雪庇の部分も大きいので要注意!

真ん中やや左に写っている、台形状の山は吾妻耶山。
吾妻耶山の右隣に大峰山。

吾妻耶山の左上、彼方にうっすらと見えるのが皇海山。
大峰山の右上、彼方にうっすらと見える山の連なりが、赤城。

風の避けられる場所に腰を下ろし、景色を眺めながら小休憩。
2019年04月06日 09:13撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山山頂に到着!!
山頂は平らで広々としている。
、、ように見えるが、実際には雪庇の部分も大きいので要注意!

真ん中やや左に写っている、台形状の山は吾妻耶山。
吾妻耶山の右隣に大峰山。

吾妻耶山の左上、彼方にうっすらと見えるのが皇海山。
大峰山の右上、彼方にうっすらと見える山の連なりが、赤城。

風の避けられる場所に腰を下ろし、景色を眺めながら小休憩。
1
ワカンを装着し、大源太へ向かう。
真ん中やや左に遷っている真っ白なのが、平標山。
平標山から美しい稜線で繋がっている、写真ほぼ中央の仙ノ倉山。

仙ノ倉山の一枚手間に写っている、山頂が平坦なのが、今回の目的地、大源太。
2019年04月06日 09:40撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカンを装着し、大源太へ向かう。
真ん中やや左に遷っている真っ白なのが、平標山。
平標山から美しい稜線で繋がっている、写真ほぼ中央の仙ノ倉山。

仙ノ倉山の一枚手間に写っている、山頂が平坦なのが、今回の目的地、大源太。
2
大源太までの間は、3つほどピークを越えていく必要がある。
往復ピストンなのでアップダウンのくりかえしになるが、天気が良いから苦にならない。
2019年04月06日 09:48撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太までの間は、3つほどピークを越えていく必要がある。
往復ピストンなのでアップダウンのくりかえしになるが、天気が良いから苦にならない。
2
三国山のすぐ北西のところにあるピークの頂上から。
(このピーク、ワラジカケマツノ頭、という名前らしい)

真っ白な雪と青い空。
そして雪のついていない黒い木々。
まさに残雪期の山!って感じ♪
2019年04月06日 09:55撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山のすぐ北西のところにあるピークの頂上から。
(このピーク、ワラジカケマツノ頭、という名前らしい)

真っ白な雪と青い空。
そして雪のついていない黒い木々。
まさに残雪期の山!って感じ♪
4
1597ピーク付近から、来た道を振り返る。
風が強くなる予報だったのだが、強まる気配がない。
嬉しい誤算♪
2019年04月06日 10:17撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1597ピーク付近から、来た道を振り返る。
風が強くなる予報だったのだが、強まる気配がない。
嬉しい誤算♪
2
雪庇に乗らないよう、樹林帯寄りを歩いていく。

すこし雲が出てきた。
澄んだ青空に浮かぶ、綿菓子のような雲。
2019年04月06日 10:54撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇に乗らないよう、樹林帯寄りを歩いていく。

すこし雲が出てきた。
澄んだ青空に浮かぶ、綿菓子のような雲。
左手(西)に目をやると、テーブル状の山容が特徴の、苗場山。
今日は珍しく新潟エリアの天気が良いから、苗場にも人が入っているかな?
2019年04月06日 11:46撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手(西)に目をやると、テーブル状の山容が特徴の、苗場山。
今日は珍しく新潟エリアの天気が良いから、苗場にも人が入っているかな?
大源太まで、もう少し。
2019年04月06日 11:59撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太まで、もう少し。
来た道を振り返る。
雪庇の連なる尾根。
2019年04月06日 12:12撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。
雪庇の連なる尾根。
3
大源太に到着。
ちょうどよい時間なので、お昼休憩とする。

計算では、13時までにここを発てば、余裕を持って下山できる。
順調そのものだ。
2019年04月06日 12:20撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太に到着。
ちょうどよい時間なので、お昼休憩とする。

計算では、13時までにここを発てば、余裕を持って下山できる。
順調そのものだ。
2
大源太山頂から、平標山(左)・仙ノ倉(右)
平標山には登山者がたくさん歩いているのが、つぶつぶになってよく見えた。
2019年04月06日 12:29撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太山頂から、平標山(左)・仙ノ倉(右)
平標山には登山者がたくさん歩いているのが、つぶつぶになってよく見えた。
3
大源太山頂から、谷川本峰方面。
真ん中やや左の岩山っぽいのがエビス大黒ノ頭。
その右側に写っている白いピークが万太郎。
万太郎のさらに右奥に見える双耳峰が、谷川本峰(オキの耳・トマの耳)。

2019年04月06日 12:43撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太山頂から、谷川本峰方面。
真ん中やや左の岩山っぽいのがエビス大黒ノ頭。
その右側に写っている白いピークが万太郎。
万太郎のさらに右奥に見える双耳峰が、谷川本峰(オキの耳・トマの耳)。

4
タイムリミットも近いので、名残惜しいけれども、下山開始。
来た道を戻る。

いやぁ、本当にいい天気だなぁ。
2019年04月06日 12:44撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイムリミットも近いので、名残惜しいけれども、下山開始。
来た道を戻る。

いやぁ、本当にいい天気だなぁ。
1
1597ピークを下ったあたり。
風が強い予報だったけれど、午後になると風はむしろどんどん弱くなり、ついにはほぼ無風状態になってしまった。

午後になっても景色が霞むこともなく、いたって穏やか。
2019年04月06日 13:58撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1597ピークを下ったあたり。
風が強い予報だったけれど、午後になると風はむしろどんどん弱くなり、ついにはほぼ無風状態になってしまった。

午後になっても景色が霞むこともなく、いたって穏やか。
2
三国山の北西のところにあるピーク(ワラジカケマツノ頭)まで戻ってきた。
ここで見納めとなる、大源太方面を振り返る。

文句のつけようのない、素晴らしい雪稜歩きでした!
また来ます!
2019年04月06日 14:31撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山の北西のところにあるピーク(ワラジカケマツノ頭)まで戻ってきた。
ここで見納めとなる、大源太方面を振り返る。

文句のつけようのない、素晴らしい雪稜歩きでした!
また来ます!
2
苗場山も見納め。
このあと、三国山は山頂をパスし、山腹をトラバースする巻き道を使いました。
2019年04月06日 14:33撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山も見納め。
このあと、三国山は山頂をパスし、山腹をトラバースする巻き道を使いました。
三国山も見納め。
最後は、スノーシュー遊びの気分で雪原歩き♪
2019年04月06日 15:02撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山も見納め。
最後は、スノーシュー遊びの気分で雪原歩き♪
三国峠が見えてきた。
ここまでくればひと安心。
2019年04月06日 15:10撮影 by FinePix XP30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国峠が見えてきた。
ここまでくればひと安心。
1

感想/記録

雪庇はそろそろ崩れそうです。
雪庇が連らなる見事な尾根を見ながら雪稜歩きができるのは、今シーズンはそろそろ終りとなりそうです。
訪問者数:217人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ