また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1796586 全員に公開 雪山ハイキング 日光・那須・筑波

那須・朝日岳&避難小屋開け

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年04月17日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り 0℃ 微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
峠の茶屋P(ノーマル可)、トイレはまだ使用不可、大丸で。
登山カードは指導センターで。
コース状況/
危険箇所等
剣ヶ峰のトラバースはまだ危険な状態。この日はグサ雪だったので落ちても途中で止まりそうでしたが、固めの雪だったら岩場まで一直線。ピッケルは必須です。
また、トラバースの端々が雪解けで崩壊し始めていて、今後通過が厄介になりそうです。さらに、トラバース道は登山道の5mほど上に着いているので、雪解けが進むとルート変更が必要になりそうです。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

峠の茶屋P。
2019年04月17日 09:00撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋P。
まずは、山岳救助隊の活動。 残雪はまだまだあります。
2019年04月17日 09:17撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、山岳救助隊の活動。 残雪はまだまだあります。
2
中の茶屋手前。
2019年04月17日 09:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の茶屋手前。
1
中の茶屋から先の強風地帯には、沢筋だけ残雪。
2019年04月17日 09:28撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の茶屋から先の強風地帯には、沢筋だけ残雪。
剣ヶ峰の残雪。
2019年04月17日 09:39撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の残雪。
1
まず峰の茶屋へ。
2019年04月17日 09:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず峰の茶屋へ。
朝日岳。
2019年04月17日 09:46撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳。
1
残雪をトラバースして、
2019年04月17日 09:52撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪をトラバースして、
2
峰の茶屋避難小屋着。 これから夏の出入り口を開放します。
2019年04月17日 09:55撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の茶屋避難小屋着。 これから夏の出入り口を開放します。
囲い板を外したり、
2019年04月17日 09:59撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
囲い板を外したり、
3
氷結を取り除いたり、
2019年04月17日 10:04撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結を取り除いたり、
2
小屋内の氷雪をかき出したり、
2019年04月17日 10:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内の氷雪をかき出したり、
2
除雪をしたりすること約2時間。ようやく夏出入り口が開きました。
2019年04月17日 10:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
除雪をしたりすること約2時間。ようやく夏出入り口が開きました。
4
作業後、自分は朝日岳へ。
2019年04月17日 11:23撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業後、自分は朝日岳へ。
2
三斗小屋温泉に向かう登山道は、まだ深い雪の中。
2019年04月17日 11:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三斗小屋温泉に向かう登山道は、まだ深い雪の中。
ます、第一雪渓をトラバース。トレースあり。
2019年04月17日 11:25撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ます、第一雪渓をトラバース。トレースあり。
斜度は35度くらい。
2019年04月17日 11:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度は35度くらい。
次は第二雪渓。
2019年04月17日 11:29撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は第二雪渓。
斜度は40度くらい。
2019年04月17日 11:30撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度は40度くらい。
その先も滑落注意のトラバースが続きます。
2019年04月17日 11:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先も滑落注意のトラバースが続きます。
その先のガレ場の雪はほとんどなし。
2019年04月17日 11:37撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先のガレ場の雪はほとんどなし。
会津駒がひときわは白い!
2019年04月17日 11:41撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒がひときわは白い!
2
鎖場のトラバースは大丈夫と思いきや、
2019年04月17日 11:49撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場のトラバースは大丈夫と思いきや、
今年は変な雪の付き方。
2019年04月17日 11:50撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は変な雪の付き方。
2
反対側は雪壁でちょいと厄介。
2019年04月17日 11:51撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側は雪壁でちょいと厄介。
1
その先は雪なし。
2019年04月17日 11:53撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は雪なし。
朝日の肩から朝日岳へ。
2019年04月17日 11:57撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日の肩から朝日岳へ。
朝日岳着。微風。
2019年04月17日 12:07撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳着。微風。
3
三本槍岳と甲子旭岳
2019年04月17日 12:08撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本槍岳と甲子旭岳
1
大倉山と流石山。裏那須はまだ雪山。
2019年04月17日 12:08撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山と流石山。裏那須はまだ雪山。
1
浮石除去を行いながら下山です。
2019年04月17日 12:22撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮石除去を行いながら下山です。
1

感想/記録
by aki-tk

 今日は、那須山岳救助隊(ボランティア団体)で、冬囲いしてあった峰の茶屋避難小屋を開けてきました。那須は豪雪地帯ではないですが、小屋開けは簡単ではありません。強風で入り込んだ雪が凍結して、扉が簡単に開かないんです。時間をかけ除雪や氷結箇所を削ったりしてようやく開きました。これで正面から出入りできるので使いやすくなったと思います。それに伴い冬季入口は閉鎖しました。

 ほとんどの方々はキレイに避難小屋を使ってくださいますが、残念ながら椅子の下にゴミを放置したり、見えにくい場所にゴミを放置してあったりして、救助隊で掃除しました。山のマナーは永遠の課題ですね。ただ、他人が残したゴミを持ち帰ってくれている登山者にも何回も会っているので、我々の励みになります。

 剣ヶ峰の雪渓は例年5月いっぱい残り、毎年のように滑落者を出しています。残雪期、雪山初心者がここを通過するのは大変危険ですが、なぜか通常登山道と勘違いして通過し、途中で動けなくなったり滑落してしまう登山者が後を絶ちません。指導センターに注意書きが貼ってあり、指導センターでも呼びかけを行っていますが、我々もボランティアなので限界があります。現在、よい方策を模索中です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:373人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ