また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1800386 全員に公開 ハイキング 御在所・鎌ヶ岳

風越谷から天狗滝ピストン

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年04月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神崎川への下降点の前に停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
1時間0分
合計
4時間48分
Sスタート地点12:1913:07白滝谷出合13:1213:35天狗滝14:0114:23ヒロ沢出合14:3615:01天狗滝15:0915:24白滝谷出合15:3217:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
神崎川下降点12:19ー白滝谷出合13:07ー13:35天狗滝14:01ー14:23ヒロ沢出合14:36ー15:01天狗滝15:09ー白滝谷出合15:24ー神崎川下降点17:07
コース状況/
危険箇所等
行きは少し迷いました。地面は乾燥してよかったのですが、枯れ葉が滑りました。総じて、問題なし。帰りは木材で尽くされた階段の道を上がると林業用の道だったようです。途中で道は不明瞭になったので尾根筋を登りましたが、そこからは急降下。やむを得ず、補助ロープを使って林道終点に下りました。これはいけません。反省。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

この看板の右から降ります
2019年04月20日 12:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板の右から降ります
道路はあちこちに落石
2019年04月20日 12:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路はあちこちに落石
反対側は銚子ヶ口東峰登山口へのルート。荒れているそうです。
2019年04月20日 12:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側は銚子ヶ口東峰登山口へのルート。荒れているそうです。
ここは階段を下りずに右へ。
2019年04月20日 12:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは階段を下りずに右へ。
川原におりてきました
2019年04月20日 12:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川原におりてきました
ルートのいたるところにこの表示。でも時々ルートを外しました。
2019年04月20日 12:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートのいたるところにこの表示。でも時々ルートを外しました。
ここは一旦川原に下ります
2019年04月20日 12:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは一旦川原に下ります
ここは渡渉
2019年04月20日 13:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは渡渉
白滝谷出合い
2019年04月20日 13:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝谷出合い
使われなくなった台車
2019年04月20日 13:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
使われなくなった台車
渡った先の表示
2019年04月20日 13:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡った先の表示
この木製の橋は渡れないので、岩に足を載せて渡ります
2019年04月20日 13:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木製の橋は渡れないので、岩に足を載せて渡ります
天狗谷の下降点表示
2019年04月20日 13:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗谷の下降点表示
ここを下りました
2019年04月20日 13:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下りました
神秘すら感じる
2019年04月20日 13:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神秘すら感じる
白い岩がたまらん。寝覚めの床より濃密な感じ
2019年04月20日 13:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い岩がたまらん。寝覚めの床より濃密な感じ
ヒロ沢出合い
2019年04月20日 14:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒロ沢出合い
ここからUターン
2019年04月20日 14:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからUターン
ソロだからピストンは仕方ありません
2019年04月20日 14:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソロだからピストンは仕方ありません
天狗谷の上部に来ました
2019年04月20日 14:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗谷の上部に来ました
マイシルエット
2019年04月20日 14:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイシルエット
滝を上部から眺める
2019年04月20日 15:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を上部から眺める
白滝谷出合い。帰りたくない
2019年04月20日 15:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝谷出合い。帰りたくない
林業用らしきルートでしたがちゃんと表示がありました
2019年04月20日 15:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業用らしきルートでしたがちゃんと表示がありました
ここを尾根沿いの階段を登ったのが失敗だったか
2019年04月20日 15:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを尾根沿いの階段を登ったのが失敗だったか
尾根芯を登ります
2019年04月20日 16:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根芯を登ります
稜線上に踏み跡は有ったのだが途中で消えた😂
2019年04月20日 16:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上に踏み跡は有ったのだが途中で消えた😂
悪戦苦闘して林道終点に下りてきた。ガレの右を下りてきた。
2019年04月20日 16:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪戦苦闘して林道終点に下りてきた。ガレの右を下りてきた。
立派な林道。常時、開放してほしい。
2019年04月20日 17:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な林道。常時、開放してほしい。
ここにも川への下降点があった。
2019年04月20日 17:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも川への下降点があった。

感想/記録
by m-kit

今朝は地元で所用があったので、それが済んでからの出発。前からイブネへのルートとして考えている神崎川ルートを偵察することにした。時間的に考えて天狗滝を越えられたらOKとする。
4月26日まで開放されている風越谷の林道を進む。よく整備されているきれいな舗装道路。いつも開放してくれたら助かるんだけどなあ。銚子ヶ口東峰への続く風越谷の分岐を越えて更に奥に進む。
山側からの落石もあるが、自動車が通れる幅で、移動してある。ところどころに駐車しているクルマ。釣り人だろうか。神崎川への下降路までやってきた。その先は舗装が陥没していた(後でわかったが、陥没はこの一箇所で、終点まで自動車で通行可能だった。)。
この下降点から階段を下る。階段を下りすぎると川に下りてしまうので、右へのトラバース道に進む。一旦、河原に出たあと再び登り返して神崎川沿いに進む。ところどころ正式ルート?と思うところもあるが、ジュルミチ谷を越えたあたりから何も考えなくて歩けるくらいわかりやすく、起伏の少ない道になる。白滝谷出合で渡渉する。古い滑車が両岸に渡っている。石づたいに渡って対岸へ。そこから東側を川の音を聞きながら進むが一尾根登ったところで、尾根伝いに高巻いていく。どんどん高度を上げて川の音が小さくなるくらい。天狗滝に行きたかったが、川からどんどん離れて、降りる地点を見失ったかなって思ったが、その後に下降路を示す表示があった。トラロープが設置してあるので、ポールを置いて、ロープを少し借りて下降する。一番下まで降りると滝が視点と同じ高さになり、そそり立つ岸壁、白い巨岩と緑色の川面、水しぶきを上げる滝が素晴らしい。岩の上でおにぎりを2個食べながら満喫。一応の目標は達成したが、折返し予定の14時半までもう少し先を行く。ヒロ沢出合に到着し、渡ってお金明神出合いへのルートに入ったところで、ちょうど折り返し時間。もう少し時間があればお金明神、峠を越えて銚子ヶ口へ行きたいところだったがまた今度。ルートを折り返すが、できるだけ道草して変えることにする。天狗滝の手前で川に降りる道があったので下りてみると天狗滝の上部に出た。上から見る滝も結構面白い。ここから、白滝谷までもと来た道を戻り、ジュルミチ谷を超える直前で、幅広テープで仕切られた箇所に出た。道に行けば川沿いのもと来た道。左に登る道は材木でステップが作られたしっかりした道。ピンクテープもあり、ジュルミチ谷を越えてもマークがあるのでどんどん進んだが、やがて山の中腹に登るようになってきた。林業用の道だったのだろうか。地図で確認するとクルマを駐車した林道の終点に進めそうだったので、更に進んだのが間違いだった。樹林を切り開いた尾根芯を登ったところでもピンクテープがあったが、そこからは急降下。なんとか下りたが急降下が続く。林道がはるか下に見えて来た。しかし、踏み跡がない。尾根の樹木や根っこを頼りに下るが、手がかりがなくなり急斜面の下降が難しくなった。ポールを仕舞い、補助ロープを出すことにする。近くでブタみたいな鳴き声。イノシシだ。ここでぶつかったらたまらない。姿は見えないが、鈴を鳴らし、声を出すと、声がしなくなった😂。補助ロープを木に回して、プルジックもつないで慎重に下る。これを繰り返して、林道終点まで達した。時刻は17時。ずいぶん、遠回りをしてしまった。終点では山肌が崩れており、その左にルートがありそうだった。もう少し下にも神崎川に降りるルート表示があり、階段があったので、ここからでも行けそうだ。補助ロープは天狗滝に降りる場合に必要かと思っていたが、まさかのところで役に立った。
駐車したクルマに戻ってきたところ、前に停めてあったクルマがそのままだった。62歳の方、日帰りで白滝谷、クラジャン、イブネ、大峠、銚子ケ口へ周回して戻るらしい。今度、行ってみたいコース。今回は、その下見も兼ねている。早朝から出られているようだが、もう17時を過ぎている。大丈夫だろうか。銚子ケ口登山口からここまでの林道は相当長い。見つけたら送ってあげようと思い、クルマを走らせるが、銚子ケ口登山口まで出会わなかった。無事に戻られただろうか。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:330人

コメント

ハードな下見ですね…
m-kitさん、行ってきたんですね…。
神崎川、めっちゃキレイですよね…私は時間が惜しくて天狗滝をよく見てなかったので…写真で拝見できました…神秘的でしたか…
銚子ヶ口への最短ルートなので、いつも林道が通れるといいのに…と思います。
渓流釣りの友人に聞いたら…この神崎川はあまり釣れないそうですよ…わざわざ放流してあるのに…川がキレイすぎるのかな、とか思ってしまいます。
ハードな帰り道を選ぶところが…マニアックでいらっしゃいます
2019/4/22 8:46
Re: ハードな下見ですね…
akakiriusagiさん、ありがとうございます。
途中までの下見でしたが、楽しかったです。そのうち、akakiriusagiさんのようにイブネ経由で周回したいですね。帰り道は同じではつまらないと思ったのが間違いのもと。地形はよくわかったので焦りませんでしたが、ロープの準備中にイノシシさんの声がしたのはやばかったです。といっても、あの斜面では、イノシシさんも向かってこれないと思いますが😅
2019/4/22 22:41
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ