また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1804285 全員に公開 ハイキング 道北・利尻

突哨山 (カタクリ見頃は週末〜以降)旭川市・比布町

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年04月21日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 15℃ (朝は−3℃)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間37分
休憩
1時間5分
合計
2時間42分
Sカタクリ広場11:4012:00突哨山12:46突哨山口13:5113:15突哨山13:46カタクリ広場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
4月21日はGPSを忘れたため、同じコースを歩いた4月17日のGPSログを使用しています。
時間は21日のカメラ撮影時刻より。
コース状況/
危険箇所等
H屐銑番はほとんど積雪状態、5〜20センチ。

カタクリ広場口のトイレはまだ使えません。
男山自然公園のトイレは使えます。

昨年12月16日からヒグマ出没による入林規制が解除。
4月17日、21日も雪上にヒグマの足跡は見当たりませんでした。
一応ぴぴの路、扇の沢ルートあたり(地図の左 1/3)は熊鈴あった方が良いかも。
その他周辺情報突哨山 開花情報 (もりねっと) http://www.morinet-h.org/katakuri/2019.html

男山自然公園 開花情報 https://www.otokoyama.com/blog/park
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

写真

【突哨山 MAP】
カタクリ広場から入り、南折り返し経由で突哨山口へ。
突哨山口から引き返し、木もれび分岐から木もれびの路を抜けカタクリ広場に戻りました。
2016年04月28日 15:46撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【突哨山 MAP】
カタクリ広場から入り、南折り返し経由で突哨山口へ。
突哨山口から引き返し、木もれび分岐から木もれびの路を抜けカタクリ広場に戻りました。
カタクリ広場から3分ほどで2〜3分咲きのカタクリ。
現在一番咲いているエリアです。
2019年04月21日 11:43撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ広場から3分ほどで2〜3分咲きのカタクリ。
現在一番咲いているエリアです。
5
H屬ら番まではほぼ5〜20センチ積雪。
所々土が見えている状態。
鳥のさえずりが響く林。
2019年04月21日 11:53撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
H屬ら番まではほぼ5〜20センチ積雪。
所々土が見えている状態。
鳥のさえずりが響く林。
1
番以降はほとんど積雪なし。
2019年04月21日 12:04撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
番以降はほとんど積雪なし。
【4月17日の画像】
同じ番付近の画像。
4日前よりだいぶん雪解けが進みました。
2019年04月17日 13:59撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【4月17日の画像】
同じ番付近の画像。
4日前よりだいぶん雪解けが進みました。
1
ヒグマ調査のカメラが設置。
2019年04月17日 13:37撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒグマ調査のカメラが設置。
1
番のエゾエンゴサクロードは咲き始めで1分咲き。
2019年04月21日 12:06撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
番のエゾエンゴサクロードは咲き始めで1分咲き。
福寿草が一番元気です。
2019年04月21日 12:14撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福寿草が一番元気です。
7
エゾエンゴサク。
2019年04月21日 12:21撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾエンゴサク。
5
カタクリ。
2019年04月21日 12:34撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ。
11
 銑◆∋鯵囘席岐〜谷渡り分岐は蕾が多くなってきました。
2019年04月21日 12:38撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 銑◆∋鯵囘席岐〜谷渡り分岐は蕾が多くなってきました。
南折り返し〜木もれび分岐は木の根元のカタクリが可憐。
2019年04月21日 12:52撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南折り返し〜木もれび分岐は木の根元のカタクリが可憐。
1
【男山自然公園 MAP】
次は突哨山の南端にある「男山自然公園」へ。
2018年04月22日 12:29撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【男山自然公園 MAP】
次は突哨山の南端にある「男山自然公園」へ。
【男山自然公園】
散策路途中から表大雪が綺麗に見えます。
2019年04月21日 14:03撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【男山自然公園】
散策路途中から表大雪が綺麗に見えます。
6
【男山自然公園】
4m×4mの見頃が2か所あり。
他は0〜2分咲き。
2019年04月21日 14:12撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【男山自然公園】
4m×4mの見頃が2か所あり。
他は0〜2分咲き。
6
【男山自然公園】
男山自然公園、突哨山のヒグマは現在確認されておらず、入林、散策出来ます。
2019年04月21日 14:18撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【男山自然公園】
男山自然公園、突哨山のヒグマは現在確認されておらず、入林、散策出来ます。
撮影機材:

感想/記録

【突哨山の開花状況】=最初の「突哨山」MAPをご覧ください 

●カタクリ広場〜番 カタクリ2〜3分咲き。現在一番多いエリア。今週中〜来週前半見頃か。
●〜┝蠢阿泙任曚箸鵑廟兩磧5〜20センチ。と崟陲梁分岐周辺のカタクリは月末〜5月頭と思われる。
●番 エゾエンゴサク咲き始め1分咲き。
●稜線分岐のベンチ周辺が少し咲く。カタクリ2分咲きもあり。
●〜突哨山口の福寿草は元気。
●南折り返し〜木もれび分岐 根明けで木の根元は咲いているがカタクリは1分咲きで17日より開花はあまり進んでいない。週末〜来週前半見頃。
エゾエンゴサクが開いて来て2分咲き。
●木もれびの路 カタクリ咲き始め1分咲、週末〜来週前半見頃。

【突哨山 花案内人(ボランティアガイド)】
4月27日から5月6日の間、午前10時から正午と午後1時から3時まで、 突哨山口から入り500mの「木もれび分岐」付近に案内人がいます。
5分から20分程度の案内を一緒に歩きながら無料でしてくれます。
案内人は黄色いバンダナと名札が目印です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【男山自然公園の開花状況】=画像13枚目の「男山自然公園」MAPをご覧ください。

全体的にカタクリ開花はつぼみ状態で一部開花。
「大雪山見晴らし」周辺がカタクリ1分咲き。
東ルートと西ルートの分岐でカタクリ1分咲き、福寿草元気。
4m×4m四方の7分咲きが2か所だけあります。

昨年と比べ、エゾエンゴサクの開花も遅く、見頃は早咲きエリアで週末〜来週前半、遅咲きエリアで5月頭と思われます。

【男山自然公園】
開園期間:2019年4月20日(土)−5月6日(月) 開園期間中無休
開園時間:9時−17時
入園料:無料
売店、軽食あり。トイレあり。


((注)週間予報の予想気温や天候の変化で多少見頃予想よりずれます)
(4月24日の20℃、26〜27日の10℃、そして雨予報でどうなるか・・・)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【突哨山のヒグマ出没について】★★現在普通に散策できます。★★

ヒグマはいないと思われていた突哨山。
昨年18年5月の出没により男山自然公園を含め入林禁止。
5月はぴぴの路、扇の沢周辺、8月には突哨山と男山自然公園にも出没。
18年8月を最後にヒグマは確認されず18年12月に入林規制が解除されました。

【昨年18年5月 指定管理者「もりねっと」 からの発表】
突哨山では5月1日に道央高速道を越えて入り込んだとみられるヒグマのため、全遊歩道の閉鎖が続いています。

 ヒグマは足跡などから1歳半の若グマとみられていますが、1日以降、8日、15日、18-20日と公園区域内外で目撃が相次いでいます。

 人に積極的に近づくような行動は見られませんが、日中に道路や人家のすぐ横を通過するなど、警戒心が薄く、予想外の行動を取る可能性があります。

 これまでヒグマの防壁になっていた高速道路が、今回は逆に通り道が数カ所のアンダーパスなどに限られ、クマが公園区域付近にとどまって、本来の生息地に戻りにくい状態になっています。

 旭川市、比布町、猟友会、「もりねっと」などの合同調査が随時行われていますが、解決の見通しは立たたず、遊歩道通行止めはしばらく続く可能性があります。ご理解をお願いします。

 また、公園区域の外でもヒグマが行動する可能性があるため、山菜採りや森の手入れなどは十分ご注意下さい。ヒグマの足跡やフン、犬の異常な吠え方などにお気づきの場合は、市役所、町役場にお知らせ下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(月刊 北海道経済より抜粋)
 最初のヒグマ目撃情報は5月1日。高速道路(東鷹栖5線21号)を北側から南側に向かって横断する姿が目撃され、「クマがフェンスを超えていった」とNEXCOに通報があった。

翌日2日に遊歩道が閉鎖され、旭川市が比布町、猟友会、突哨山運営協議会、指定管理者のNPO法人もりねっと(旭川)などと合同調査をしたものの痕跡が確認できず3日には閉鎖解除された。

6日午前8時、突哨山北部に位置する「ぴぴの路」の入口で散歩中の人がヒグマを目撃して町役場に通報。
これを受けて遊歩道は全面閉鎖され、同日の夕方の合同調査では「扇の沢」で足跡が確認された。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(旭川市 環境総務課からの発表)
平成30年8月7日 旭川市東山 男山自然公園付近の林道でヒグマのフンが発見された。近隣の突哨山では8月4日にヒグマ1頭が確認された。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【昨年18年12月 指定管理者「もりねっと」 からの発表】

2018年12月16日(日)突哨山の閉鎖が解除になりました。
2018年5月に突哨山でヒグマの痕跡が確認されてから、これまでもりねっとでは旭川市や比布町と協力し調査を行ってきました。11月26日と12月3日には雪上での痕跡調査を行いました。その結果2019年8月を最後にヒグマの痕跡は途絶えています。これにより旭川市、比布町と協議の結果、2018年12月16日(日)に閉鎖を解除することになりました。
今後、入山は可能になりますが、クマよけ鈴の携行や単独での入山を控えるなど入山の際はヒグマとの遭遇にご注意ください。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2102人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/25
投稿数: 230
2019/4/22 22:19
 カタクリいいですね!
富山では身近な場所にカタクリの群生地がないので羨ましいです。旭岳〜愛別岳も綺麗ですね!
登録日: 2015/10/14
投稿数: 466
2019/4/25 18:14
 Re: カタクリいいですね!
こんにちはprestige7449さん!いつもありがとうございます(^^)
そちらはカタクリがなくても、歴史ある桜風景や峰々を背景にした美しい景色があるじゃないですか!!
精力的に撮影に行かれてますね(^^)
私もtomoとタウシュベツや丹頂鶴、イベントなど冬の風景撮影に色々行って来ましたよ!!
冬の峠越えで2日で800km+車中泊とか・・・<爆笑>
カタクリが咲くと、里山やアウトドアに良い季節の始まりなので嬉しいです♪

それと今回のレコ、間違って感想を「メンバーのみ」になっていたのを今頃気が付きました(T-T)
まだまだ冬眠中です(^^;

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カタクリ 熊鈴 林道 三角点 ヒグマ クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ