また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1807258 全員に公開 ハイキング丹沢

ドーカク尾根、丹沢バリ尾根ルート最難関(大タギリ)

日程 2019年04月23日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
玄倉駐車場に車を停めました。(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログはスマートフォンアプリ(ジオグラフィカ)で取っています。
写真を撮りながらで、更に生来の鈍足の為に歩くペースはかなり遅めです。
コース状況/
危険箇所等
◎小川谷出合〜大タギリ〜女郎小屋乗越〜東沢乗越(便宜称:ドーカク尾根)
丹沢登山詳細図に記載無し。
丹沢達人の諸先輩方のブログやレコ等で丹沢最難関のルートとして有名です。
小川谷出合〜芋ノ沢ノ頭〜ワナバノ頭辺りまでは、よくある道標の無いバリルートと言った趣ですが、それ以降は白ザレの滑りやすい痩せ尾根になってきて、大タギリ、女郎小屋乗越などのロープが設置されている難所が待っています。
特に大タギリはドーカク尾根の最大の難所で、下りも上りも20m位の垂直に近い崖で、ロープが設置されてはいるものの、ゴボウ登りしか出来ない自分には、腕力をかなり使って体力を著しく消耗しました。
ここは、やはり沢登りをやられていて、ロープワークが出来る方と同行される方が良いコースだと再認識しました。
また、コンパス・地形図やGPSは勿論、ヘルメット、チェーンスパイク、滑り止め付き軍手等も必須です。

◎東沢乗越〜欅平
丹沢詳細図に記載無し。
沢歩きなので、経験者以外は立ち入らない方が良いと思います。かなり古いテープ目印有り。左岸、右岸と経路を見極めながら下って行きます。
最後は小川谷(中ノ沢)の堰堤下を渡渉して欅平に上がります。

◎欅平〜西丹沢県民の森(丹沢詳細図名:欅平ルート)
丹沢登山詳細図では道標の無い熟達者向けのVルートと記載。
一般的には「仲ノ沢経路」と呼ばれています。
かなり荒廃している経路で、滑落注意。
先月歩いた時に、苦労した木橋崩落箇所には事前情報通り、新しい金属製の橋が架かっていました。

☆上記バリエーションルートは自己責任で(事が起った時に自らで解決する装備・スキルを持つこと)。地図・コンパス、GPS必須。
特にドーカク尾根は腕力に自信が無く、バリ慣れしてない単独登山者は絶対入らない方が良いです。

◆ その他の一般登山道・林道は割愛。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 ツェルト ストック カメラ ガスストーブ ガス燃料 クッカー コッヘル カトラリー 風防 ファイヤースターター 熊鈴 ラジオ 温度計 ヘルメット チェーンスパイク ツールナイフ スパッツ

Myアイテム  

artpanorama 重量:-kg

マダニに噛まれた時にこれで毒素を吸い出しました。

写真

玄倉駐車場より出発。
2019年04月23日 05:32撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄倉駐車場より出発。
1
小川谷出合。
2019年04月23日 05:57撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川谷出合。
1
看板裏から河原に下降。
2019年04月23日 06:00撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板裏から河原に下降。
1
ここを渡渉。
2019年04月23日 06:06撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを渡渉。
2
ドーカク尾根の取付き。
尾根の説明看板を見つけるの忘れた。
2019年04月23日 06:10撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドーカク尾根の取付き。
尾根の説明看板を見つけるの忘れた。
3
ともかく、ドーカク尾根に乗りました。
2019年04月23日 06:15撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ともかく、ドーカク尾根に乗りました。
2
経路階段登場。
2019年04月23日 06:24撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経路階段登場。
4
この辺が敷地山かな。
2019年04月23日 07:08撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺が敷地山かな。
1
天候がイマイチなのが悔やまれる。
2019年04月23日 07:11撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候がイマイチなのが悔やまれる。
2
ここで鹿柵の左側へ。
2019年04月23日 07:34撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで鹿柵の左側へ。
1
左側から巻く感じで尾根に復帰中。
2019年04月23日 07:41撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側から巻く感じで尾根に復帰中。
尾根に復帰。
2019年04月23日 07:43撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に復帰。
芋ノ沢ノ頭の手製山名板。
2019年04月23日 07:49撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋ノ沢ノ頭の手製山名板。
6
鹿柵沿いに右へ進みますが、途中で乗り越えちゃいました。
2019年04月23日 07:53撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵沿いに右へ進みますが、途中で乗り越えちゃいました。
ここが芋ノ沢ノ頭かな。
2019年04月23日 07:56撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが芋ノ沢ノ頭かな。
鹿戸に鍵がガッチリ掛かってます。
少し右に行って乗り越えました。
2019年04月23日 07:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿戸に鍵がガッチリ掛かってます。
少し右に行って乗り越えました。
1
先に進みます。
2019年04月23日 08:01撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進みます。
3
ツツジ。
2019年04月23日 08:08撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ。
4
ツツジ。
2019年04月23日 08:14撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ。
14
これは何ですかね。
(ブナの新芽とのこと。kazikaさん、情報ありがとうございます。)
2019年04月23日 08:27撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何ですかね。
(ブナの新芽とのこと。kazikaさん、情報ありがとうございます。)
13
ワナバノ頭。
2019年04月23日 08:41撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワナバノ頭。
2
この辺りからヤバそうな雰囲気になってきた。
2019年04月23日 08:57撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからヤバそうな雰囲気になってきた。
1
この下が小タギリかな。
2019年04月23日 09:08撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この下が小タギリかな。
1
小タギリに下り立つ。
2019年04月23日 09:10撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小タギリに下り立つ。
1
白ザレの痩せ尾根。
2019年04月23日 09:13撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白ザレの痩せ尾根。
4
白ザレのピークに到着。
ここで大タギリに備え、一眼カメラとストックをザックに仕舞う。
2019年04月23日 09:18撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白ザレのピークに到着。
ここで大タギリに備え、一眼カメラとストックをザックに仕舞う。
6
ここからはスマホのカメラになります。
大タギリの下降ロープ登場。
2019年04月23日 09:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはスマホのカメラになります。
大タギリの下降ロープ登場。
3
慎重に下る。
2019年04月23日 09:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に下る。
1
下部はほぼ垂直。
腕が疲れるので休み休み下降。
2019年04月23日 09:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部はほぼ垂直。
腕が疲れるので休み休み下降。
10
対岸の崖も凄いな〜。
2019年04月23日 09:29撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の崖も凄いな〜。
5
何とか大タギリのキレットに下り立ちました。
下ってきた崖をパチリ。
2019年04月23日 09:33撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか大タギリのキレットに下り立ちました。
下ってきた崖をパチリ。
10
女郎小屋沢方面。
2019年04月23日 09:33撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女郎小屋沢方面。
2
すべり止め軍手を装着。
2019年04月23日 09:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すべり止め軍手を装着。
5
後半戦の開始。
それにしても長いロープ。
2019年04月23日 09:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半戦の開始。
それにしても長いロープ。
7
ここが少し大変だった。
腕が疲れたので少し休憩。
2019年04月23日 09:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが少し大変だった。
腕が疲れたので少し休憩。
9
登ってきた所を振り返る。
2019年04月23日 09:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた所を振り返る。
2
もう一息。
2019年04月23日 09:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一息。
3
何とか登りきった。
2019年04月23日 10:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか登りきった。
5
大タギリ通過後の登りが地味にキツイ。
2019年04月23日 10:10撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大タギリ通過後の登りが地味にキツイ。
2
大タル丸に到着。
小休止。
2019年04月23日 10:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大タル丸に到着。
小休止。
2
大きな苔石の上に紐付きのドライバーが・・・
バリ愛好家の置き土産か?
2019年04月23日 10:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな苔石の上に紐付きのドライバーが・・・
バリ愛好家の置き土産か?
4
女郎小屋乗越。
慎重に下る。
2019年04月23日 10:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女郎小屋乗越。
慎重に下る。
6
ここも長いな〜。
2019年04月23日 10:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも長いな〜。
3
大タギリよりはまだましか。
2019年04月23日 10:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大タギリよりはまだましか。
2
女郎小屋乗越を振り返る。
2019年04月23日 10:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女郎小屋乗越を振り返る。
2
もう一踏ん張り。
2019年04月23日 10:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一踏ん張り。
1
女郎小屋ノ頭に到着。
2019年04月23日 11:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女郎小屋ノ頭に到着。
3
まだまだ難所有り。
2019年04月23日 11:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ難所有り。
2
エイザンスミレ。
2019年04月23日 11:30撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレ。
7
エイザンスミレ。
2019年04月23日 11:31撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレ。
1
苔尾根。
2019年04月23日 11:42撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔尾根。
3
白ザレの下りはチェーンスパイクが有効。
2019年04月23日 11:44撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白ザレの下りはチェーンスパイクが有効。
2
苔の痩せ尾根。
2019年04月23日 11:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔の痩せ尾根。
1
モチコシ沢乗越?
2019年04月23日 11:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モチコシ沢乗越?
2
モチコシノ頭に到着。
急遽ここでお昼休憩。しかしここで悲劇が起こる。
2019年04月23日 11:58撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モチコシノ頭に到着。
急遽ここでお昼休憩。しかしここで悲劇が起こる。
2
今日のお昼は熊本ラーメン!
なんて勇んでいたのですが・・・
2019年04月23日 12:11撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお昼は熊本ラーメン!
なんて勇んでいたのですが・・・
7
ラーメン完成間近でクッカーがバーナーからずれ落ちて全部こぼれちゃった。(自分に対する怒りで写真無し)
2019年04月23日 12:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラーメン完成間近でクッカーがバーナーからずれ落ちて全部こぼれちゃった。(自分に対する怒りで写真無し)
7
コンビニおむすびと、ゆで卵で何とかお昼を済ませて、カフェオレを飲む。
2019年04月23日 12:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンビニおむすびと、ゆで卵で何とかお昼を済ませて、カフェオレを飲む。
7
シートにゴロンとまったり中。
2019年04月23日 12:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シートにゴロンとまったり中。
5
※<閲覧注意>
片付けの最中にシートに虫がモゾモゾ・・・わーっ、マダニだー!
すかさずダニチェックしたらアンダーウエアの上からマダニが一匹食いついてました。
2019年04月23日 12:56撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
※<閲覧注意>
片付けの最中にシートに虫がモゾモゾ・・・わーっ、マダニだー!
すかさずダニチェックしたらアンダーウエアの上からマダニが一匹食いついてました。
16
服の上からだったので、服をひっぱたらダニは取れました。
ポイズンリムーバーを持っていたので、食いついてたところを吸引して消毒しました。(あまりの事に気が動転して写真無し)
結果、大休止後出発。
2019年04月23日 13:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
服の上からだったので、服をひっぱたらダニは取れました。
ポイズンリムーバーを持っていたので、食いついてたところを吸引して消毒しました。(あまりの事に気が動転して写真無し)
結果、大休止後出発。
4
東沢乗越に到着。
ここで休憩すれば良かったな。
2019年04月23日 13:19撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢乗越に到着。
ここで休憩すれば良かったな。
3
東沢乗越は先月に続き2度目。
2019年04月23日 13:19撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢乗越は先月に続き2度目。
3
東沢を下降。
2019年04月23日 13:20撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢を下降。
1
フデリンドウ。
2019年04月23日 13:21撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フデリンドウ。
10
先月歩いた時は気づかなかった湧き水を発見。
2019年04月23日 13:37撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先月歩いた時は気づかなかった湧き水を発見。
1
水筒に新鮮な水を汲む。
2019年04月23日 13:42撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水筒に新鮮な水を汲む。
10
予習不足でまたもや鉱山跡に行けず・・・
2019年04月23日 13:54撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予習不足でまたもや鉱山跡に行けず・・・
左岸側を歩く。
2019年04月23日 14:01撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸側を歩く。
ツルキンバイ
2019年04月23日 14:11撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルキンバイ
3
この石にカメラを落として傷が付いた。
本日第3の悲劇か・・
2019年04月23日 14:14撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石にカメラを落として傷が付いた。
本日第3の悲劇か・・
2
イワボタンかな?
2019年04月23日 14:15撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワボタンかな?
4
東沢F2。
2019年04月23日 14:23撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢F2。
6
小川谷に出合う。
2019年04月23日 14:42撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川谷に出合う。
3
ここを渡渉。
2019年04月23日 14:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを渡渉。
この辺が欅平か。
2019年04月23日 14:52撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺が欅平か。
1
仲ノ沢経路に入る。
2019年04月23日 14:58撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲ノ沢経路に入る。
2
いきなりトラバース。
2019年04月23日 15:00撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりトラバース。
4
タチツボスミレ。
2019年04月23日 15:14撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ。
5
対岸に続くトラバース道。
2019年04月23日 15:24撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸に続くトラバース道。
1
最後の難所には事前の情報通り、金属橋が新調。
2019年04月23日 15:52撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の難所には事前の情報通り、金属橋が新調。
4
林道に合流。
2019年04月23日 15:56撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に合流。
1
林道の土砂崩れは復旧しました。
2019年04月23日 16:01撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の土砂崩れは復旧しました。
2
西丹沢県民の森入口。
2019年04月23日 16:02撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢県民の森入口。
2
玄倉まで林道歩き。
2019年04月23日 16:14撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄倉まで林道歩き。
2
山ノ神に参拝しよう。
2019年04月23日 16:16撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ神に参拝しよう。
3
厄払いと無事の山行を感謝。
2019年04月23日 16:18撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厄払いと無事の山行を感謝。
8
沢の降下場所に戻ってきた。
2019年04月23日 16:53撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の降下場所に戻ってきた。
1
立間大橋より玄倉川。
2019年04月23日 16:55撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立間大橋より玄倉川。
3
林道歩きは地味に辛い。
2019年04月23日 17:08撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道歩きは地味に辛い。
2
玄倉駐車場に無事帰還。
2019年04月23日 17:29撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄倉駐車場に無事帰還。
9

感想/記録

ドーカク尾根は登山を再開した2015年以前から、丹沢バリ達人の皆様のブログ等で存在は知っていましたが、沢登りやロッククライミングのようなロープ技術(懸垂下降等)をマスターしている方達のみに許されているルートとして憧れて見ていました。
そして登山を再開して4年近く経ち、バリルートの経験も多くなってきて、この辺りの山域が残された空白域の一つになっていたので、先月に偵察がてら仲ノ沢経路から東沢乗越まで歩いてみて、なんとなくこの辺りの山域の雰囲気も経験でき、次こそはとドーカク尾根の事を調べていたら丁度、zuppy1519さん・snhrk14さんと、tantanmameさんが、ドーカク尾根のレコを上げてくれたので、大変に役立ちました。

zuppy1519さん、snhrk14さん
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1785163.html

tantanmameさん、
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1797284.html

「ドーカク尾根」、と言ったら「大タギリ」と言うほど有名なキレットですが、設置されているロープが結構しっかりしているとの事で、私のようなゴボウ登り専門でも行けると思い、五十肩な親父には少々無謀ながら、歩いてきました。
結果としては、無事にクリアしましたが、肩と言うか上半身が凄く疲れてしまい、崖の途中で休憩しながらゆっくりと登りました。ロープ技術も勿論なのですが、体力もある程度ないと、長大な崖のあるキレットやアップダウンの多いこのコースは歩いてはダメだなと思いました。

ドーカク尾根の難関部を踏破して気が抜けた訳ではありませんが、山行後半はお昼のラーメンをクッカーごとひっくり返したり、マダニに服の上から噛まれたり、カメラを石にぶつけたりしました。けれど滑落や遭難に比べたら可愛いもんなんで、山ノ神に無事の山行を感謝しました。
訪問者数:848人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/20
投稿数: 425
2019/4/24 23:50
 ドーカク尾根と東沢
artpanoramaさんもついに行かれましたね。ご無事の帰還、おめでとうございます。クッカーを倒したり・・・私もあの山域はどうも失敗が多くて鬼門になってます。 鉱山跡は沢から10mほど上ですが、直接は見えないので、南側から沢が合流してくる地形と沢にある湧水が判れば、その北側の台地上に見つけられます。また探してみてください。お疲れ様でした。(あ、追記:湧水まで判ったんですね。ちょっと惜しかったなあ)
登録日: 2015/9/7
投稿数: 208
2019/4/25 1:02
 Re: ドーカク尾根と東沢
zuppyさん、こんばんは。
zuppyさんの情報が大変に役だち、何とか無事に山行できました。ありがとうございます。
後半は気が抜けた訳ではないのですが、ドジを3回踏んでしまいましたよ。
しかし、ダニが居そうな感じでは無かったのですが、奴らは何処にでもいるんですね。

今回は大タギリの事で頭が一杯で鉱山跡の正確な場所の予習を疎かにしてしまい、行けませんでした。zuppyさんのレコをよく見たら、詳しく書かれていたのに、完全に見落としてましたよ。残念。
登録日: 2011/9/30
投稿数: 2159
2019/4/25 8:56
 これは何ですかね。
artpanoramaさんお疲れ様
小川谷経路の難所!! 金属橋が掛けられて安心しました。
VR充分ご注意され楽しんで下さい

写真24 これは何ですかね。
貴重な花芽 なんて思ったことでしょう
実はこれ「ブナの新芽」なのです。
自分の記録「世附の春」に載せてあります
登録日: 2015/9/7
投稿数: 208
2019/4/25 11:06
 Re: これは何ですかね。
Kazikaさん、こんにちは。
そうなんですよ、経路の難所にはzuppyさん達の事前レコ情報通り、立派な金属製橋が架かっていて、楽に通過できましたよ。

世附のレコ、拝見しました。
No.24の写真、あれはブナの新芽なんですか!初めて見ました。
結構たくさんあったので、何十年か先にはブナの大木に是非とも成長して欲しいですね。
登録日: 2011/1/31
投稿数: 761
2019/4/26 9:27
 オオタギリ大成功 (^0^)
artpanoramaさん、こんにちは(
オオタギリ大成功
腕力勝負の登り返しの急斜面も無事突破
良かったですねえ(^0^)
山中、誰にも会わず、単独での達成感一入だと思います
おめでとうございます

楽しみの熊本ラーメンは残念でした
でもマダニ、大事に至らずよかったですねえ

あの湧き水美味いですねえ♪
東沢乗越から下ってきて、
湧き水の手前の倒木に古いテープが一杯巻きついています。
鉱山の目印です 
そこから右岸に登れば直ぐわかりますよ
次回のお楽しみにしてください
お疲れ様でした
登録日: 2015/9/7
投稿数: 208
2019/4/26 12:50
 Re: オオタギリ大成功 (^0^)
tantanmameさん、こんにちは!
素晴らしいレコをよく参考にさせてもらってます。
大ベテランの方からのコメントで少々恐縮もしております。
 
大タギリの辺りの通過は、tantanmamaeさんのレコ情報が大変に役立ち、達成感を感じる事ができました。
設置しているロープもレコの通りに結構しっかりしてました。この情報が自分的には一番大きかったです。
因みに通過には、ビビりなものでチェーンスパイクは装着しました。
腕力には少し自身があったのですが、さすがに大タギリの長い登り返しは、少しキツかったです。

熊本ラーメンは少し残念でしたが、マダニの方は本当にビックリしました。
アンダーウエアの上からだったのですが、食いついていました。
初めてだったので焦りましたが、ウエアを強く引っ張ったら、頭部や牙も残さず綺麗に取れました。皮膚に直に食いついていたらと想像するとゾッとします。

東沢の湧き水は本当に美味しいですよね!
家に持ち帰ってコーヒーを煎れたら最高でした。

>湧き水の手前の倒木に古いテープが一杯巻きついています。
>鉱山の目印です 
>そこから右岸に登れば直ぐわかりますよ
鉱山跡の情報、ありがとうございます!
夏前までになんとかリベンジしてきます!

コメント、ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ