また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1814731 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山-横尾山 〜新たな時代に〜

日程 2019年04月28日(日) 〜 2019年04月29日(月)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
4/27(土) 新宿駅発20:00(特急とくだ値2660円)甲府駅着21:29、「まつ川」着21:45(前泊、4320円)
4/28(日) 甲府駅発6:46(240円)韮崎駅着6:59、発7:45(山梨交通、1230円)増富温泉郷着8:44、発8:50(山梨峡北交通、820円)瑞牆山荘着9:05
4/29(月) 増富温泉郷発12:20(山梨交通、1230円)韮崎駅着13:20、発13:33(240円)甲府駅着13:47、発14:30(中央高速バス、1960円)バスタ新宿着17:15
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間55分
休憩
43分
合計
6時間38分
S瑞牆山荘09:1409:27富士見平林道交差09:44富士見平林道終点09:50富士見平小屋09:5310:11小川山・瑞牆山分岐10:18天鳥川出合11:12大ヤスリ岩11:33瑞牆山12:1312:21弘法岩黒森分岐13:48不動滝14:39小川山林道終点14:45小川山林道芝生広場分岐15:52「五郎舎」(黒森)
2日目
山行
5時間29分
休憩
19分
合計
5時間48分
「五郎舎」(黒森)05:4706:32信州峠(横尾山登山口)07:21カヤトの原07:51横尾山08:1008:38カヤトの原09:16信州峠(横尾山登山口)10:00黒森10:55和田峠11:35増富温泉郷バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩場に氷が張り付いている箇所有り。特に山頂直下の鎖場はアイゼン履かないと手こずる。黒森コースは桟橋現れるまで必要だった。
その他周辺情報黒森の「五郎舎」 50年続く立派な民宿。南アルプスを望む客室、山菜中心の食べきれない夕食。夕食のみで6200円。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 すみません。もう戻ってきてしまいました。
思いきって大好きな奥秩父へ向かった途端、山に居る時間の素晴らしさを思い出しました。
そしてヤマレコの大切さを改めて知らされました。
これからも応援してゆきます。

写真

7:45韮崎駅発のバスに乗車、増富温泉郷で乗り換え、9:05瑞牆山荘着。登山届を提出し、出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:45韮崎駅発のバスに乗車、増富温泉郷で乗り換え、9:05瑞牆山荘着。登山届を提出し、出発。
6
出発後20数分で瑞牆山が眼前に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発後20数分で瑞牆山が眼前に。
6
富士見平小屋。4年ぶりの通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋。4年ぶりの通過。
5
広々としたテントサイト、テントの数に驚かされる。金峰山、瑞牆山、小川山への往復山行に適した場所のせいか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々としたテントサイト、テントの数に驚かされる。金峰山、瑞牆山、小川山への往復山行に適した場所のせいか。
3
S医師の言っていた、勿体ない下りの始まり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
S医師の言っていた、勿体ない下りの始まり。
4
鞍部の天鳥川を渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部の天鳥川を渡る。
3
続々と巨岩が現れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続々と巨岩が現れる。
3
岩の間を縫って登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間を縫って登る。
3
大ヤスリ岩を見上げる。幼い子のいる家族はここで引き返すようだった。賢明な父親だ。いつかの磐梯山を思い出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヤスリ岩を見上げる。幼い子のいる家族はここで引き返すようだった。賢明な父親だ。いつかの磐梯山を思い出す。
9
11:33、瑞牆山山頂到達。山頂直下の凍結がいやらしかったが、アイゼンは装着しなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:33、瑞牆山山頂到達。山頂直下の凍結がいやらしかったが、アイゼンは装着しなかった。
6
到着して間もなく、富士山の方向に虹色の環水平アークが現れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着して間もなく、富士山の方向に虹色の環水平アークが現れた。
8
南アルプスをじっくり望みたいところだが、富士山方向に目がいってしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスをじっくり望みたいところだが、富士山方向に目がいってしまう。
6
不思議な光景だ。荘厳さを感じる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不思議な光景だ。荘厳さを感じる。
7
少しアップ。あまりにも人が多く、そそくさと撮影するのがやっと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しアップ。あまりにも人が多く、そそくさと撮影するのがやっと。
9
八ヶ岳には青空が似合う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳には青空が似合う。
5
遠く北アルプス、浅間山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く北アルプス、浅間山。
4
金峰山山頂付近には残雪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山山頂付近には残雪。
5
山頂よりアイゼン装着し、弘法岩黒森分岐を右へ。こちらには誰も来ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂よりアイゼン装着し、弘法岩黒森分岐を右へ。こちらには誰も来ない。
3
残雪の下が凍結していてもアイゼンの安心感。先ほどの喧騒が嘘のよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪の下が凍結していてもアイゼンの安心感。先ほどの喧騒が嘘のよう。
5
今日は氷の芸術を愛でる余裕がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は氷の芸術を愛でる余裕がある。
5
急坂終わるが、まだまだ残雪あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂終わるが、まだまだ残雪あり。
2
小川山分岐。いつか行ってみたいが、道は地形図には表記無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川山分岐。いつか行ってみたいが、道は地形図には表記無い。
3
奥秩父らしき趣。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父らしき趣。
4
夫婦岩。二つの岩に両手を添えてみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦岩。二つの岩に両手を添えてみた。
4
不動滝。地肌が見え、水量少なく、爽快さは無い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝。地肌が見え、水量少なく、爽快さは無い。
3
次々現れる桟橋には真新しい鎖の手すり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次々現れる桟橋には真新しい鎖の手すり。
2
ロッククライマー2名の姿は無い。頂部でくつろいでいるのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッククライマー2名の姿は無い。頂部でくつろいでいるのだろう。
4
林道終点。数台の車。こちら側からのピストンが、岩は無いが静かで良いのかもしれない。(標高差も距離もほぼ同じ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点。数台の車。こちら側からのピストンが、岩は無いが静かで良いのかもしれない。(標高差も距離もほぼ同じ)
5
気持ち良い林道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良い林道。
4
40分後、林道入口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40分後、林道入口。
2
小川山までの一帯を瑞牆の森と言うらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川山までの一帯を瑞牆の森と言うらしい。
2
今日の宿が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の宿が見えた。
3
なかなか立派な構え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか立派な構え。
3
角部屋に通された。明るくて良いのだが、暖房無く寒かった。6畳テレビ付。お茶うけはかりんとう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角部屋に通された。明るくて良いのだが、暖房無く寒かった。6畳テレビ付。お茶うけはかりんとう。
6
部屋から南アルプスを望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部屋から南アルプスを望む。
2
2階から玄関を見下ろす。今日は、私のほか7人グループと女性1名。静かだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階から玄関を見下ろす。今日は、私のほか7人グループと女性1名。静かだった。
3
皆は温泉に入って来るようで、貸切だった。至福の時間を過ごす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆は温泉に入って来るようで、貸切だった。至福の時間を過ごす。
6
19時30分頃就寝、途中2度目覚めたがよく眠れた。5時過ぎに起床。天候はすでに下り坂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19時30分頃就寝、途中2度目覚めたがよく眠れた。5時過ぎに起床。天候はすでに下り坂。
3
5時47分、快適な宿を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時47分、快適な宿を出発。
4
時々車が行き交うが、静かな舗装路歩き。けれども足が重い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々車が行き交うが、静かな舗装路歩き。けれども足が重い。
3
早出のせいもあり、信州峠には予定より30分早く到達した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早出のせいもあり、信州峠には予定より30分早く到達した。
3
笹原の道が気持ち良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の道が気持ち良い。
5
やはり静かな山歩きはいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり静かな山歩きはいい。
4
けれども何も見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けれども何も見えない。
3
山頂直下。やはり晴れない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下。やはり晴れない。
4
7:51横尾山到達。風が強い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:51横尾山到達。風が強い。
7
宿で貰った湯でコーヒーを淹れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿で貰った湯でコーヒーを淹れる。
6
降り出す前に峠まで戻りたい。20分程で引き返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降り出す前に峠まで戻りたい。20分程で引き返す。
3
来た道を戻る安心感と物足りなさ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を戻る安心感と物足りなさ。
4
男山、天狗山、その向こうに御座山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男山、天狗山、その向こうに御座山。
7
晴れていればカヤトの原から八ヶ岳や南アルプスを望めるはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていればカヤトの原から八ヶ岳や南アルプスを望めるはず。
5
信州峠に戻ってきた。すれ違った4組分の車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信州峠に戻ってきた。すれ違った4組分の車。
3
ようやく瑞牆山が姿を見せた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく瑞牆山が姿を見せた。
4
「五郎舎」と瑞牆山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「五郎舎」と瑞牆山。
5
緩やかな上り坂、長い長い舗装路歩き、わかっていたがやはり厳しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな上り坂、長い長い舗装路歩き、わかっていたがやはり厳しい。
3
和田峠を通過。標識は無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田峠を通過。標識は無かった。
3
増富温泉郷のバス停に到着。1本早いバスで帰ろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
増富温泉郷のバス停に到着。1本早いバスで帰ろう。
5

感想/記録

 2か月半ぶりの登山、再開してからこんなに空けたことは無かった。瑞牆山荘から恐る恐る一歩を踏み出した。

 新システムになってからの中央線特急に乗車するも、あまり良い仕組みでは無さそうだ。甲府駅から徒歩5分の宿には迷わず辿り着いた。料亭を兼ねた宿泊施設、22時前の到着は些か迷惑だったかもしれない。テレビ、浴室は無いが、シャワールーム有り、館内は清潔だった。
 翌朝、やや遅めの出発だったが、6時46分発松本行き、予定より1本早い列車に乗った。韮崎駅バス停には、同じ列車から降り立った6名の登山客が並んだ。6時14分高尾発松本行きでは間に合わない1番バスに乗車する。増富温泉郷行きのバス故、終着地から瑞牆山荘行きに乗り換えた。
 
 路上にまであふれる車。好天、百名山、そしてほとんどが往復登山、当然なのだろう。登山届のポストはいっぱいで、その場で認めた届出書を無理やり押し込んだ。富士見平までは緩やかな上りが続き、ブランクによる「拒絶反応」は生じていないようだった。それにしても富士見平小屋の物価の高さには驚かされる。
 小屋を過ぎ、健脚のS医師に聞かされていた下り、それほど勿体なくはなかった。川を渡り、沢を登りつめて行く。次第に巨岩が現れ、やがてその合間を縫うように進むようになる。ヤスリ岩の下で、或る家族が休んでいた。二人の子供はまだ幼い。「さあ、もう下りようね。もう少ししたらまた来よう」賢明な父親だった。成り行きとはいえ、同い年くらいの子供を連れて蓼科山へ登ってしまった、どこかの父親とは大違いである。
 途中、数か所の鎖場を経て、呆気なく直下の分岐点に到達した。後ほど辿るべき黒森への道にはびっしりと残雪があった。山頂まであと10分ほどの登りだったが、凍結個所多く、下りてくる人々は皆滑り止めを装着していた。1ヶ所手こずる個所を通過し、岩峰の頂に立った。
 標識を写真に収めると、周囲から、虹だ、の声。富士山の上には、虹色の環水平アークがあった。皆いっせいにシャッターを切る。眼前の荘厳な光景から目を離せなかったが、南アルプスも八ヶ岳も北アルプスも待っている。ゆっくりと右に旋回をし、その場を離れた。
 何とかコーヒーを淹れる場所を確保し、腰を下ろした。山頂は広く、大勢の人々が快晴の下、眺望を、食事を、会話を楽しんでいる。今日は人の多さも気にならない。山の良さを全身で感じていた。約40分の滞在ののち、下山の長い道のりと凍結した道を思い浮かべ、軽アイゼンを装着してその居心地の良い場所を後にする。
 
 予想どおり黒森への道に人影は無かった。凍結した道にアイゼンの噛む音のみが響いていた。小気味よく急坂を下ってゆくと、右手に不動滝が現れる。赤茶けた地肌と水量の少なさから、長く見つめる必要は無かった。やがて道は沢の渡渉を繰り返し、多くの桟橋をつないでゆく。
 山頂を発ってからおよそ2時間半、駐車スペースのある、林道終点に到着した。数台の車が停まっていたが、こちらから登る人は圧倒的に少なく、静かな時間を過ごせる。林道もよく整備されていた。
 爽やかな林道歩き、宿までの1時間強、飽きることは無かった。黒森の集落で一際目立つ切妻の大きな屋根が見える頃、湯船に漬かりながら今日一日を振り返る姿が思い浮かんだ。
 「五郎舎」は50年以上続く老舗の民宿で、建物はどっしりとした架構で守られている。趣のある玄関を通り、客室に案内された。南アルプスを望める角部屋だった。そそくさと準備をして貸し切りの浴室へ急ぐ。先刻思い浮かべていたとおり、至福の時間が過ぎていった。 夕食は、山菜のてんぷらを始め趣向を凝らした料理が次々と現れ、最後のそばは食べきれなかった。そして急速に訪れる睡魔に抗えず、19時のニュースを見ながら眠りに就いた。

 よく眠れた。自然に目覚めた。6時前に、その快適な宿をあとにする。天候は予報より早く崩れ始めていた。今にも泣きだしそうな曇天の下、峠に向かった。予想どおり昨日の疲労を少し引きずり、足が重い。行き交う車は少なく、最短ルートをとりながら舗装路をゆっくりと進む。
 信州峠に、まだ車の姿は無かった。今日は静かな山歩きを楽しめそうだ。笹原の道が気持ちよく、小鳥の囀りが心地よかった。起伏の少ない緩やかな上り坂、疲労は消え去り、本来の速度を回復していた。
 峠から1時間20分、ほぼコースタイムどおりに横尾山に到達した。晴れていれば南アルプスを望めそうだ。ゆっくりコーヒーを味わいたかったが、より強くなった風に気弱さも戻って来てしまった。好天であれば、そのまま進みたかった清里への道に別れを告げ、山頂を後にする。
 往復歩行の、安心感と物足りなさに気づかされながら、来た道を引き返す。時折青空が顔を覗かせる。それが疑似晴天と知りながらも幕の上がることを期待してしまう。展望の広がるカヤトの原からは僅かに川上村、南北相木村方向は望めた。岩場歩きの楽しい男山、天狗山、その向こうに御座山が見えていた。後半の長い長い舗装路歩きに備え、体力を温存させながら笹原を進む。
 峠には、すれ違った4組分の車が並んでいた。休むことなく黒森への道を辿る。途中、瑞牆山が姿を現した。こうしてみると秀麗だ。しばらく足を止め見つめた。
 
 それにしても覚悟をしていたとはいえ、長い舗装路歩きは堪える。黒森の集落を過ぎ、次の和田集落に差し掛かる頃から急速に足取りが鈍り始めた。和田峠への緩やかな上り坂に何度か歩みを止めさせられた。全くもって物好きなハイカーだ。9キロメートルを2時間20分かけてようやく増富温泉郷に到着した。
 バス停前の土産物屋で食事を済ませ、街へと戻る準備を整える。1本早いバスに乗車することで、特急列車から高速バスに切り替えた。昨日の碧空と大展望、今日の白の緞帳に囲まれた静けさ、どちらもかけがえのない時間を与えてくれた。自分のために登り、友のために楽しみ、大切な人たちのために下りる。これからもそうやって歩いてゆこう。やっぱり山はいい。
訪問者数:252人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 624
2019/5/4 10:44
 素敵なお裾分け!!
kimichan2様

こんにちは。

瑞牆山山頂から富士山と虹の光景!!
何の形容詞もいらない、一期一会の世界。
レコに挙げていただいてありがとうございました。
私も素敵なお裾分けをいただきうれしいです。

お山は確かに自分のために登り、待っている人達の元に無事に帰ることが一番大切なことですね。改めて思いました。

kimichan2様のおだやかな時間を過ごさせていただけるレコ、また楽しみにしています。

ありがとうございました。
登録日: 2013/9/19
投稿数: 107
2019/5/6 18:04
 Re: 素敵なお裾分け!!
reochi19様
そうなのです。あの衝撃的な光景を目の当たりにした嬉しさと、穏やかな、気のおけない時間を大切に思うことができ、満ち足りた山行でした。
新たな発見や、当たり前のことを見直す機会が得られることは幸せです。
これを書いたのちに、昨日終えた節目の山行について書き記します。
これからも懲りずにご覧ください。
いつもコメントやメッセージをありがとうございます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ