また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1816284 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

ハライド・国見岳・水晶岳(アカヤシオは如何に)

日程 2019年04月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明駐車場を利用(500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間34分
休憩
35分
合計
5時間9分
S朝明駐車場07:4308:34ハライド08:3608:49腰越峠08:5009:20ハライド・伊勢谷(ブナ清水)分岐09:32きのこ岩09:3309:39青岳09:4009:48国見岳10:0710:16青岳10:54根の平峠10:5811:17水晶岳11:2111:35中峠11:47金山12:05ハト峰峠12:0712:10羽鳥峰12:1112:45千種街道分岐12:52朝明駐車場12:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報アクアイグニス片岡温泉(三重郡菰野町菰野:800円⇒モンベルカード提示で550円)
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

朝明駐車場を出発します。
2019年04月28日 07:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝明駐車場を出発します。
ハライド北尾根に取り付き、痩せ尾根に差し掛かるとミツバツツジが彩りを添えます。
2019年04月28日 08:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハライド北尾根に取り付き、痩せ尾根に差し掛かるとミツバツツジが彩りを添えます。
木々の背が低くなって視界が開け始め、釈迦ヶ岳を背に急坂を登り切ると、
2019年04月28日 08:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の背が低くなって視界が開け始め、釈迦ヶ岳を背に急坂を登り切ると、
ハライドの頂上に達します。
2019年04月28日 08:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハライドの頂上に達します。
頂上一帯のアカヤシオは若干くたびれた感はあるものの、まだ見頃です。
2019年04月28日 08:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上一帯のアカヤシオは若干くたびれた感はあるものの、まだ見頃です。
7
御在所岳を見通しながら、腰越峠に向かって岩場を急降下します。
2019年04月28日 08:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳を見通しながら、腰越峠に向かって岩場を急降下します。
藤内小屋から伸びてきた道を合わせて登り返す道の途中で、アカヤシオがぽつり、ぽつりと現れますが、
2019年04月28日 08:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤内小屋から伸びてきた道を合わせて登り返す道の途中で、アカヤシオがぽつり、ぽつりと現れますが、
咲いているものは少なく、寂しいばかり。傾斜が緩むと頭上に薄紅色の花を認めますが、手が届くところでは蕾のものが目立ちます。
2019年04月28日 09:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲いているものは少なく、寂しいばかり。傾斜が緩むと頭上に薄紅色の花を認めますが、手が届くところでは蕾のものが目立ちます。
きのこ岩の先に釈迦ヶ岳。
2019年04月28日 09:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きのこ岩の先に釈迦ヶ岳。
1
青岳を経て、アカヤシオの蕾越しに国見岳を眺めます。
2019年04月28日 09:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青岳を経て、アカヤシオの蕾越しに国見岳を眺めます。
蕾の中に混じって咲いているものも。
2019年04月28日 09:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕾の中に混じって咲いているものも。
2
足下にはハルリンドウ。スカイブルーとパープルの競演です。
2019年04月28日 09:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足下にはハルリンドウ。スカイブルーとパープルの競演です。
7
国見岳への登りに差し掛かると、苔生した道沿いにはバイカオウレンが可憐な花を咲かせています。
2019年04月28日 09:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳への登りに差し掛かると、苔生した道沿いにはバイカオウレンが可憐な花を咲かせています。
3
国見岩の頂上に到着し、御在所岳を背に大岩の上に立つと、
2019年04月28日 09:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岩の頂上に到着し、御在所岳を背に大岩の上に立つと、
待っていたのは、国見岳の名に相応しく、鈴鹿北部の山々から伊勢平野にかけてぐるりと見渡す大展望。彼方には残雪いただく白山や3つのアルプスの山並みまで見通すことができます。
2019年04月28日 09:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待っていたのは、国見岳の名に相応しく、鈴鹿北部の山々から伊勢平野にかけてぐるりと見渡す大展望。彼方には残雪いただく白山や3つのアルプスの山並みまで見通すことができます。
白山連峰をズームアップ。
2019年04月28日 09:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山連峰をズームアップ。
2
北アルプスと御嶽山に目を凝らします。
2019年04月28日 09:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスと御嶽山に目を凝らします。
1
県境稜線に入ると、数は少ないもののアカヤシオに迎えられます。
2019年04月28日 10:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境稜線に入ると、数は少ないもののアカヤシオに迎えられます。
薄紅色の花が青空に映えて見事。本日の経路の中ではこの辺りが最も咲き進んでいる様子です。
2019年04月28日 10:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄紅色の花が青空に映えて見事。本日の経路の中ではこの辺りが最も咲き進んでいる様子です。
5
こちらはアップで。
2019年04月28日 10:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはアップで。
1
アカヤシオを愛でながら進みます。
2019年04月28日 10:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオを愛でながら進みます。
急坂を経て根の平峠に下り着き、ひと息つくと、
2019年04月28日 10:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を経て根の平峠に下り着き、ひと息つくと、
鈴なりのアセビが点在する道を登り返します。
2019年04月28日 11:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴なりのアセビが点在する道を登り返します。
水晶岳に行き着き、ハライドから国見岳にかけてこれまで辿ってきた稜線を振り返ります。
2019年04月28日 11:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳に行き着き、ハライドから国見岳にかけてこれまで辿ってきた稜線を振り返ります。
この先は小刻みにアップダウンを繰り返して、中峠に差し掛かります。
2019年04月28日 11:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は小刻みにアップダウンを繰り返して、中峠に差し掛かります。
崩壊地の縁を辿る先には釈迦ヶ岳。起伏は緩やかとはいえ、体調が優れないので地味に堪えます。
2019年04月28日 11:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地の縁を辿る先には釈迦ヶ岳。起伏は緩やかとはいえ、体調が優れないので地味に堪えます。
こちらはキランソウでしょうか?
2019年04月28日 11:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはキランソウでしょうか?
2
ハト峰を眺めながら、砂ザレの斜面を下ります。
2019年04月28日 12:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハト峰を眺めながら、砂ザレの斜面を下ります。
ハト峰峠ではミツバツツジが鮮やか。ハト峰の頂上に向かいひと息つきますが、体調いよいよ優れず今日はここまでとします。
2019年04月28日 12:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハト峰峠ではミツバツツジが鮮やか。ハト峰の頂上に向かいひと息つきますが、体調いよいよ優れず今日はここまでとします。
2
林道経由で朝明渓谷に下る道に入り、崩壊しかけの林道に出ると、この先は一路朝明駐車場へ。
2019年04月28日 12:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道経由で朝明渓谷に下る道に入り、崩壊しかけの林道に出ると、この先は一路朝明駐車場へ。
ツバキの花に励まされながら、林道歩きを続けます。
2019年04月28日 12:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバキの花に励まされながら、林道歩きを続けます。

感想/記録

 ハライド、国見岳方面のアカヤシオの咲き具合は如何に?
 風邪なのか花粉症なのか、微熱があり体調が優れないので無理は禁物。アカヤシオ鑑賞優先で臨みましたが、肝心のアカヤシオといえば、ハライドは見頃過ぎ、その他は蕾が目立ち、寂しい感じ。それでも、少ないながらも青空の下で映える薄紅色の花が鑑賞できたので、良しとしましょう。
訪問者数:163人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ