また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1819717 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走屋久島

宮之浦岳

日程 2019年04月27日(土) 〜 2019年04月29日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目:晴天、2日目:曇のち雨、3日目:雨
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、
行き 宮之浦→安房:バス、安房→淀川登山口:タクシー
帰り 白谷雲水峡→宮之浦:バス
コース状況/
危険箇所等
道は整備されている。
水場が多い。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ビール Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック 行動食 ハイドレーション 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 時計 タオル ストック テント テントマット シェラフ 携帯トイレ
共同装備 調理食材 トイレットペーパー ガスカートリッジ
備考 持って行って良かった:スリッパ
持っていけば良かった:ヘッドライトの電池,防寒着,耳栓,折りたたみ傘,ストックの先

写真

宮之浦岳からの景色
2019年04月28日 09:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮之浦岳からの景色
永田岳を横から
2019年04月28日 10:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永田岳を横から
撮影機材:

感想/記録
by mach6

初心者の失敗の記録を…
○ トイレットペーパーを持参
  ポケットティッシュでは足りない
○ トレッキングポールの先が外れないように出発前にチェック
  岩や木の根っこに引っかかり外れやすい。
  外れると先端が金属むき出しになり、木の根を痛める
○ ヘッドライトの電池切れに注意
  今回、充電可能なヘッドライトを持参しましたが、ケーブルを忘れてしまいました。
  iphone用の充電ケーブルは持っていきましたが、ヘッドライトのケーブルは盲点でした。
○ 耳栓を準備
  地響きのようないびきをかく人がいたらしく、耳栓をしても聞こえることがあるらしいです。
  よく寝て体力を回復するためには必要です。
  私はぐっすり寝ていたので気づきませんでしたが…
初心者へのアドバイス
○ テントは持っていくべき
  小屋に絶対に泊まれるとは限らない。
  もし、雨が降った上に寒い中、にっちもさっちもいかない状況になったら悲惨。
  結果的に使わずにすめばラッキーと思うこと
○ 想像以上に高低差がある
  事前確認で標高差はさほどでは無いものと思っていたが、細かい上り下りが多く、累積すれば、想像以上の高低差がある。
  日帰りの登山と段違いに体力を消費するので、普段の体力づくりをおすすめします。
  4ヶ月前から階段上りを続けてきたけど、それでもキツかったです。

1日目:晴れ
 ○淀川小屋の状況
  小屋に着いたのは14時前。
  GW1日目だけど、到着時点(13時過ぎ)では先着者は少なく、余裕で小屋に泊まれた。
  この日は晴れていたので、小屋は空きがあったが、テント場の方が混雑していた。
 ○その他
  近くを流れる川が綺麗だった。
  安房から淀川登山口まではタクシーで移動(5〜6千円程度)
2日目:曇りのち雨
 ○道の状況
  ほぼ上り道。
  途中、沢登りのようなところや岩場もあるが、慎重に登れば危険は感じなかった。
 ○新高塚小屋の状況
  12時過ぎに小屋に到着。
  既に3割程度が埋まっている状況だった。
  小屋は満杯で入り口や通路にも人が寝ている状況。
  雨が降り、小屋に入れずテントも持ってなく、途方に暮れている人がいた。
  軒下の腰掛けに座って寝袋にくるまり寝ている人もいた。
 ○その他
  明け方(淀川小屋)の気温は6℃程度だった。

3日目:雨
 ○ほとんど下り坂(楠川別れ→辻峠は上りあり)
 ○縄文杉や苔むす森など、見どころが多い
訪問者数:122人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

テント 水場 テン 耳栓 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ