また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1825332 全員に公開 ハイキング関東

大菩薩嶺

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上日川峠駐車場を利用。10時半くらいに現地に到着し、かなり満車に近い状態ではあったが、停められた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間39分
休憩
54分
合計
3時間33分
S上日川峠10:3510:56福ちゃん荘11:0111:51雷岩11:5312:00大菩薩嶺12:0412:12雷岩12:3112:36神部岩12:3712:48妙見ノ頭12:5813:03賽ノ河原13:07親不知ノ頭13:0813:14大菩薩峠13:2513:47勝縁荘13:50富士見山荘13:54福ちゃん荘テント場13:55福ちゃん荘13:5614:08上日川峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に特に危険を感じる場所はありませんでした。
上日川峠〜福ちゃん荘:林床が笹原になっていて、ブナ、ミズナラ、落葉松、ウラジロモミ、カラマツ、コメツガ、ダケカンバなどが混ざった清々しい雰囲気の森の中を歩く。
福ちゃん荘〜雷岩:唐松尾根を登るコース、植生は上日川峠〜福ちゃん荘のものと似たり寄ったり。後半は、急な登りになりますが、木が少なく草原状になり、かなり前から雷岩のある稜線が見えるようになり、モチベーションがあがります。また、振り返れば、南アルプスや富士山の展望が良好です。
雷岩〜大菩薩嶺:樹林の中の尾根道。それほどたいした登りではありません。ウラジロモミ、カラマツ、コメツガ、ダケカンバなど。トウヒもあったか?
雷岩〜大菩薩峠:南アルプスや富士山、足元には大菩薩湖の展望を楽しみながら、見通しのより草原状の尾根を下って行きます。ただ賽の河原からは、一旦軽く登る箇所もあります。賽の河原へは、一般ルートは妙見ノ頭を巻いて下りて行きますが、妙見ノ頭の手前に、笹原の中に踏み跡があり、そこを辿ると、妙見ノ頭のピークに到達します。このピークからは、奥秩父の雁坂嶺あたりから、笠取山、黒槐山、唐松尾山、r竜喰山、大常木山、飛竜山、雲取山、鷹ノ巣山と主脈の展望が良好で、さらに、奥多摩の山々の三頭山、大岳山、御前山など、たいへん展望が素晴らしいです。
大菩薩峠〜福ちゃん荘:かなり広い歩きやすい道。タイヤの跡が見られましたので、どうやら軽の四駆の自動車でも走っている道のようです。
福ちゃん荘〜上日川峠:登りは、森の中の道を歩きましたが、下りは、森の中の道とほぼ並行して走っている車道を下りました。車道の方が起伏が少なく、カーブも少ないようなので、早く歩けそうです。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 手袋 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ナイフ ツェルト ゲーター 熊鈴

写真

上日川峠にあるロッヂ長兵衛、今日は、ここからスタート。
2019年05月03日 10:35撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上日川峠にあるロッヂ長兵衛、今日は、ここからスタート。
ミズナラの明るい森の中の道。
2019年05月03日 10:42撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミズナラの明るい森の中の道。
30分も歩けば福ちゃん荘。
2019年05月03日 10:57撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分も歩けば福ちゃん荘。
今日は、唐松尾根から雷岩に登り、大菩薩嶺を目指します。
2019年05月03日 10:59撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、唐松尾根から雷岩に登り、大菩薩嶺を目指します。
福ちゃん荘脇にある案内図。
2019年05月03日 10:59撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘脇にある案内図。
唐松尾根のコースは展望が良い。こちらは富士山。
2019年05月03日 11:12撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松尾根のコースは展望が良い。こちらは富士山。
1
南アルプスも良く見えます。
2019年05月03日 11:17撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも良く見えます。
唐松尾根上の小ピーク。
2019年05月03日 11:27撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松尾根上の小ピーク。
小ピークで小休止。
2019年05月03日 11:27撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークで小休止。
雷岩のある稜線が見えてきました。
2019年05月03日 11:28撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩のある稜線が見えてきました。
1
この辺は、かなりな急登です。
2019年05月03日 11:35撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は、かなりな急登です。
木々の間に見える富士山。
2019年05月03日 11:35撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間に見える富士山。
1
高度を上げて来ると、視界を遮る木々がなくなり、富士山がいっそう雄大に見えます。
2019年05月03日 11:38撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を上げて来ると、視界を遮る木々がなくなり、富士山がいっそう雄大に見えます。
1
富士山と大菩薩湖
2019年05月03日 11:45撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と大菩薩湖
1
雷岩の上では、展望を楽しみながら休憩する人が大勢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩の上では、展望を楽しみながら休憩する人が大勢
雷岩を後に、大菩薩嶺に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩を後に、大菩薩嶺に向かう。
雷岩の上から撮影したパノラマ写真。
2019年05月03日 12:27撮影 by KYY24, Kyocera
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩の上から撮影したパノラマ写真。
1
雷岩の上で休憩する人たち。
2019年05月03日 12:29撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩の上で休憩する人たち。
これは、落葉松の新芽ですね。
2019年05月03日 12:34撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは、落葉松の新芽ですね。
雷岩から大菩薩峠へと下っていきます。
2019年05月03日 12:34撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩から大菩薩峠へと下っていきます。
妙見ノ頭から奥多摩側の展望。大寺山の仏舎利塔も見えます。
2019年05月03日 12:50撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙見ノ頭から奥多摩側の展望。大寺山の仏舎利塔も見えます。
1
奥秩父の盟主、金峰山が見えます。五丈石も判ります。
2019年05月03日 12:53撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父の盟主、金峰山が見えます。五丈石も判ります。
1
いよいよ大菩薩峠が見えてきました。介山荘も見えます。
2019年05月03日 13:09撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ大菩薩峠が見えてきました。介山荘も見えます。
この辺りで、樹のいい匂いがしました。この匂いはシラビソの匂いだと思います。たぶん、右側斜面の木々はシラビソだろう。
2019年05月03日 13:12撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで、樹のいい匂いがしました。この匂いはシラビソの匂いだと思います。たぶん、右側斜面の木々はシラビソだろう。
福ちゃん荘から上日川峠までは、車道を歩いてみました。
2019年05月03日 13:56撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘から上日川峠までは、車道を歩いてみました。
でも、最後だけ、車道から森の中の道に復帰して、ロッヂ長兵衛に戻ってきました。
2019年05月03日 14:07撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、最後だけ、車道から森の中の道に復帰して、ロッヂ長兵衛に戻ってきました。

感想/記録

今日は、最初瑞牆山に登る予定であったが、圏央道と中央自動車道の渋滞がひどく、途中で、瑞牆山荘到着が、11時くらいになりそうだという予想になった。登山開始が11時ではいくらなんでも遅すぎるだろうということで、もう少し近い、大菩薩嶺に登ることにした。大菩薩嶺なら、上日川峠から行けば、4時間程度で周って来れるだろうと思ったからだ。
結果的には、天気も、展望も素晴らしく、良い山行だったと思う。
大菩薩嶺は、標高が高いが、登山開始地点の標高もかなり高いので、コースとしては、標高差は大したこともなく、初心者でもそんなに困難なルートではなかろう。


訪問者数:176人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ