また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1825585 全員に公開 ハイキング奥武蔵

あの山に行きたい・宗屋敷尾根(武州日野駅発着)

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ

連休後半になってやっと晴れ間が増えましたね。
アクセス
利用交通機関
電車
行き
西武線の快速急行秩父鉄道乗り入れ
武州日野着9:11
流石にGWと言うか十連休と言うか混んでました。
池袋で既に満席。

帰り
武州日野発14:37
御花畑着14:50
西武秩父発15:08
流石にGWと言うか十連休と言うか混んでました(コピペ)。

まず秩父鉄道。武州日野駅ではそうでもないのが、浦山口でどっと乗り込んで満席近い状態に。秩父鉄道が。

西武秩父駅もごった返していて、来る時にICカードで入って未精算だったから精算窓口で待たされて間に合わないかと思いました。
急いで電車に行ったら完璧に満席で立ち客も居る状態。
車両は30000系の8両編成なのに。まあ席数は減りますけど。
このまま飯能へ。
飯能からの電車も満席。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間28分
休憩
13分
合計
4時間41分
S武州日野駅09:1309:47水車小屋駐車場11:59宗屋敷尾根12:1213:54武州日野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
連休初日の4/27に消滅してしまう三峰口鉄道車両公園にある秩父鉄道の古い車両を見に行った帰り道、武州日野駅を過ぎてふと車窓から山を見ていたら尾根にポツポツと桃色の桜の木のある所が見えました。

あそこに行ってみたい。

しかし場所を確定する間もなく電車はそこを過ぎ去ってしまったので場所がよく分かりません。武州日野駅を出てすぐのところから見えたのでいくつかの尾根に目星をつけて、やっと今日行く事が出来ました。

最初に見てから既に6日も経っているので桜の花はほとんど散ってしまっているでしょうがそう思ってしまったので仕方ない。

本日、現地に立って、その尾根の方向、その尾根の方向と目指したらどうやら宗屋敷尾根に続く尾根だった様です。
コース状況/
危険箇所等
・宗屋敷尾根への登り
今回のコースはハードでした。這いつくばって登る区間が長い。
この先をずっと行くと熊倉山みたいですが、ここを通って熊倉山迄行く人達もいるんですよね。達者ですね。
そう言う方々でないと登りはさておき、下りには到底使えない急斜面でした。

・宗屋敷尾根からの下り
こちらは等高線がやや粗だったのでそのとおりにヤバイ地点はありませんでした。
道を間違えそうな箇所は写真に載せたとおりです。
そこを間違えないと無難に下れるでしょう。
その他周辺情報トイレは駅と、少し歩いた所の観光トイレしかありません。

写真

正面にピンクの木々が見えるあそこです。
あそこに行きたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面にピンクの木々が見えるあそこです。
あそこに行きたい。
3
9:13 武州日野駅を出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:13 武州日野駅を出発します。
1
ここは左に行きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは左に行きました。
この付近から取り付きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近から取り付きました。
1
こんな感じ。
勿論、ヤマレコで既に足跡がある筈の地点なんですが、全く踏み跡が無くてしかもいきなり急斜面。這いつくばって登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
勿論、ヤマレコで既に足跡がある筈の地点なんですが、全く踏み跡が無くてしかもいきなり急斜面。這いつくばって登りました。
2
林道との交差部で、ガードレールの隙間からよじ登りましたが、これは下降は無理だ、私には。
この後の林道からの取り付きも急斜面で、その後しばらくそんな急斜面が続きます。勿論踏み跡などありません。
この時点で当初計画では同じ道を戻るつもりだったのを放棄して尾根に出てから東方向のやや等高線が粗な方のヤマレコの足跡方向へ下る事に計画変更します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道との交差部で、ガードレールの隙間からよじ登りましたが、これは下降は無理だ、私には。
この後の林道からの取り付きも急斜面で、その後しばらくそんな急斜面が続きます。勿論踏み跡などありません。
この時点で当初計画では同じ道を戻るつもりだったのを放棄して尾根に出てから東方向のやや等高線が粗な方のヤマレコの足跡方向へ下る事に計画変更します。
1
10:52 漸く斜面がやや緩やかになったので木の切り株に腰掛けて休んだ地点。
下方向を覗いた物。写真じゃ急斜面って分からないんですよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:52 漸く斜面がやや緩やかになったので木の切り株に腰掛けて休んだ地点。
下方向を覗いた物。写真じゃ急斜面って分からないんですよね。
それに対してここからは手を使わなくても登れそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それに対してここからは手を使わなくても登れそう。
1
桜の花びらがチラチラと見える様になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜の花びらがチラチラと見える様になりました。
右手の落葉樹側には桜の木がチラっと見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の落葉樹側には桜の木がチラっと見えます。
11:59 やっと他のヤマレコの他の足跡と合流しました。
ここが宗屋敷尾根なんでしょうね。
ちょうどお昼ですからここで食事にします。
12:12に出発しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:59 やっと他のヤマレコの他の足跡と合流しました。
ここが宗屋敷尾根なんでしょうね。
ちょうどお昼ですからここで食事にします。
12:12に出発しました。
2
12:19 ここがレコの足跡で右に迷ってるのがある地点ですね。
左の尾根に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:19 ここがレコの足跡で右に迷ってるのがある地点ですね。
左の尾根に進みます。
少し進むとネット沿いになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むとネット沿いになります。
ここ!
正面は少し上がってます。
右手にピンクテープがあります。
さてはこのピークを巻くのかなと思って右手に行ったらネットで直進が塞がれてしまいました。
尾根から外れるのは本意ではないので、またここに戻って直進しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ!
正面は少し上がってます。
右手にピンクテープがあります。
さてはこのピークを巻くのかなと思って右手に行ったらネットで直進が塞がれてしまいました。
尾根から外れるのは本意ではないので、またここに戻って直進しました。
13:15 林道まで後もう一歩の地点です。
最初赤線の方に行きましたがどうも行き止まり。
そこで右の青線の方へ行って何とか林道に下りられました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:15 林道まで後もう一歩の地点です。
最初赤線の方に行きましたがどうも行き止まり。
そこで右の青線の方へ行って何とか林道に下りられました。
赤い線をあのまま進んだらこの崖に出るところでしたね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い線をあのまま進んだらこの崖に出るところでしたね。
駅までの途中の道で本当の花見。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅までの途中の道で本当の花見。
1
これが令和最初の花見ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが令和最初の花見ですね。
1
13:54 武州日野駅に到着とともに電車は行ってしまいました。
ああああ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:54 武州日野駅に到着とともに電車は行ってしまいました。
ああああ。
次の電車まで40分待ちでしたが、パレオエクスプレスも見られたので良しとします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の電車まで40分待ちでしたが、パレオエクスプレスも見られたので良しとします。
4
御花畑駅から西武秩父駅への乗り換えの途中にある秩父市歴史文化伝承館では「あの花」マンホールが完成したと言うので5/6迄展示してあります。
今日はこれも目的の一つでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御花畑駅から西武秩父駅への乗り換えの途中にある秩父市歴史文化伝承館では「あの花」マンホールが完成したと言うので5/6迄展示してあります。
今日はこれも目的の一つでした。

感想/記録

正直、空から見てみないと今日行った場所が「あそこに行きたい」の場所だったのかは本当のところは分かりません。
ただ、右手に落葉樹、そしてそこにところどころに桜の木。
これらを満たしたので多分行けたんじゃないかなと。

それにしても車窓から見た山の部分を地図から割り出すのは難しいですね。
現地に再訪する迄はもうちょっと違う尾根を考えていました。
訪問者数:52人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 花畑
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ