また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1826532 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

奥多摩(都民の森〜三頭山〜槇寄山〜数馬)

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れだったり薄曇りだったり
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR武蔵五日市駅から西東京バス(8:10発急行)で都民の森へ。
下山後、温泉センターバス停を14:53発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間22分
休憩
1時間38分
合計
5時間0分
S檜原都民の森09:2609:31森林館09:3209:40鞘口峠09:4410:07見晴し小屋10:1110:29三頭山東峰10:3610:37三頭山10:3810:43三頭山西峰11:0111:12ムシカリ峠11:15三頭山避難小屋11:20大沢山11:27ハチザス沢ノ頭11:45クメケタワ12:03槇寄山12:4812:52西原峠13:40九頭竜側の登山口13:48九頭龍の滝13:5014:04数馬バス停14:2014:26数馬の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ゴールデンウィークの晴れ間に、奥多摩・三頭山へ
地元駅からの始発電車に乗り込み、JR武蔵五日市に7時前に到着。武蔵五日市から都民の森へ向かうバスの始発(8:10)にはまだまだ早いが、1時間以上の乗車なので座りたく、GWの晴れ間での混雑を予想しての、早めの到着となった。案の定、後ろには長蛇の列ができ、がんばって早めの到着した自分たちを褒めたが、臨時を含め3台のバスが用意され、結局みなさん座れた様子?
都民の森を出発し、鞘口峠までは緩やかだったが、そこから三頭山へはそれなりの急登を進み、三頭山東峰に到着。展望台からは大岳山方面の展望。地味な最高峰である三頭山中央峰を過ぎ、にぎやか?な三頭山西峰へ。若干モヤっているが無事に富士山を拝むことができた。ちょっと間違えて鶴峠方面に降りてしまったが、特に問題なく下山開始。槇寄山で富士山を観ながら昼食を取り、九頭竜の滝方面に下山。檜原街道に降りで少し左側に進むと九頭竜の滝への案内あり。数馬バス停着が14:05でバスの時間(14:52)まで時間があるが、売店も自販機もなかったことから、数馬の湯に向かうことに。ここで缶ビールで乾杯!山菜も購入して温泉センターからバスに乗車。座れないだろうなと思っていたが、ここでも臨時バスが出ており、無事に座って武蔵五日市駅に向かうことができた。あ、ちなみに数馬の湯には入ってません。
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所、あやふやな箇所はなし
その他周辺情報数馬バス停にはトイレあり。自販機はなし。
今回の下山口からは歩いたが数馬の湯等の日帰り温泉施設あり。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

登山口の檜原都民の森
小川の左岸から登山開始
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の檜原都民の森
小川の左岸から登山開始
1
シラネアオイ?
もっと高いところに咲くのかと思ってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ?
もっと高いところに咲くのかと思ってました
1
すぐに右岸側ルートと合流
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに右岸側ルートと合流
1
森林館手前にミツバツツジ。白いのもあるのね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林館手前にミツバツツジ。白いのもあるのね。
1
ハシリドコロ?結構咲いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシリドコロ?結構咲いてました。
1
エイザンスミレかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレかな
1
鞘口峠。ここから左へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞘口峠。ここから左へ向かう。
1
それなりに斜度があり、とたんにバテる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それなりに斜度があり、とたんにバテる
1
三頭山東峰(1527.5m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山東峰(1527.5m)
2
東峰を引きで一枚
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰を引きで一枚
1
展望台からは御前山、大岳山、馬頭刈山。
気になる山容の大岳山にも登りたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からは御前山、大岳山、馬頭刈山。
気になる山容の大岳山にも登りたい。
1
三頭山中央峰(1531m)ここが一番高いのね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山中央峰(1531m)ここが一番高いのね。
2
三頭山西峰(1524.5m)
富士山が拝めるからか標高は一番低いけどここがメインな感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山西峰(1524.5m)
富士山が拝めるからか標高は一番低いけどここがメインな感じ
2
山頂を引きで
左側に富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を引きで
左側に富士山
1
少しアップ
スッキリ晴れたらなお良かったけど、贅沢は言ってられないのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しアップ
スッキリ晴れたらなお良かったけど、贅沢は言ってられないのです。
2
山頂から北側の眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北側の眺望
1
山頂からちょっと移動したところから
こっちの方が開けていました。三ッ峠が富士の右側に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からちょっと移動したところから
こっちの方が開けていました。三ッ峠が富士の右側に。
1
更に開けた展望。左のとんがりから御正体山、杓子山?、富士山、三ッ峠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に開けた展望。左のとんがりから御正体山、杓子山?、富士山、三ッ峠
1
ミツバツツジ
まだまだ蕾の樹もありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ
まだまだ蕾の樹もありました
1
槇寄山到着。ここでランチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槇寄山到着。ここでランチ。
1
槇寄山からの眺望。少しモヤってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槇寄山からの眺望。少しモヤってしまった。
1
下山中の開けたところから大岳山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中の開けたところから大岳山
1
針葉樹の新緑もキレイです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹の新緑もキレイです
1
九頭竜の方に下山しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九頭竜の方に下山しました
1
車道に降りて少し左に行くと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に降りて少し左に行くと
1
九頭竜の滝の入り口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九頭竜の滝の入り口
1

感想/記録

三頭山でバテるようでは、当然夏の高山はキツいので、もっと鍛えなければ!と若干の筋肉痛の中、心に誓いつつのヤマレコ登録作業なのでした。
訪問者数:86人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ