また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1826813 全員に公開 ハイキング丹沢

大倉〜丹沢三峰

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間17分
休憩
1時間15分
合計
9時間32分
S大倉バス停08:0008:05大倉山の家08:0608:23観音茶屋08:2408:36雑事場ノ平08:40見晴茶屋08:4108:51一本松08:5209:11駒止茶屋09:19堀山09:26堀山の家09:2809:44天神尾根分岐09:4510:07花立山荘10:0910:21花立10:2310:28金冷シ10:44塔ノ岳10:4510:46尊仏山荘11:03塔ノ岳11:2811:40不動の水11:4711:58塔ノ岳12:0012:00尊仏山荘12:21日高12:32竜ヶ馬場休憩所12:38竜ヶ馬場12:54丹沢山13:0012:57みやま山荘13:1313:34瀬戸沢ノ頭13:3513:44太礼ノ頭14:01円山木ノ頭14:22無名ノ頭14:28本間ノ頭14:3015:34松小屋ノ頭15:3516:04高畑山16:28御殿森ノ頭16:33御殿森(長者ノ森・大休場)16:3417:12三叉路登山口17:1317:15三叉路バス停17:28宮が瀬バス停17:2917:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

GWでバスは登山者で満員。バス下車地、大倉で準備して出発。
2019年05月03日 08:01撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GWでバスは登山者で満員。バス下車地、大倉で準備して出発。
1
登山道に向けて舗道を歩く
2019年05月03日 08:07撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に向けて舗道を歩く
1
舗装路から新緑の林道に入る
2019年05月03日 08:45撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路から新緑の林道に入る
1
林道から東側を望む
2019年05月03日 09:15撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から東側を望む
1
林道をさらに進む
2019年05月03日 09:28撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をさらに進む
1
階段の続く大倉尾根を登る。サウナ並に汗が吹き出す。写真には写っていないが、人が多く道中はとても賑やか
2019年05月03日 09:42撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段の続く大倉尾根を登る。サウナ並に汗が吹き出す。写真には写っていないが、人が多く道中はとても賑やか
1
尾根の途中から富士山が見え始める
2019年05月03日 10:01撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の途中から富士山が見え始める
1
見晴らしのいい花立山荘で休憩。多くの登山者がかき氷を食べている
2019年05月03日 10:08撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしのいい花立山荘で休憩。多くの登山者がかき氷を食べている
1
花立山荘から南東を望む
2019年05月03日 10:14撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘から南東を望む
1
大倉尾根の途中で相模湾を望む
2019年05月03日 10:22撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根の途中で相模湾を望む
1
塔ノ岳山頂に到着。東方向に富士山を望む
2019年05月03日 10:43撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂に到着。東方向に富士山を望む
1
塔ノ岳山頂から、やや霞んでいるが伊豆半島が見える
2019年05月03日 10:46撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂から、やや霞んでいるが伊豆半島が見える
1
さっと塩ラーメンで昼食
2019年05月03日 11:09撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっと塩ラーメンで昼食
1
塔ノ岳山頂から東に300mほど降おりて水場へ向かう
2019年05月03日 11:36撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂から東に300mほど降おりて水場へ向かう
1
水場(不動の水場)に到着。新しい碑が建てられている
2019年05月03日 11:40撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場(不動の水場)に到着。新しい碑が建てられている
1
1.5リットルほど補給(大倉尾根を登るだけで1リットル以上の水分を要した)
2019年05月03日 11:40撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1.5リットルほど補給(大倉尾根を登るだけで1リットル以上の水分を要した)
1
水場から塔ノ岳山頂に戻り、丹沢山に向けて丹沢主脈を北進
2019年05月03日 12:02撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場から塔ノ岳山頂に戻り、丹沢山に向けて丹沢主脈を北進
1
尾根歩き。ところどころ桜が咲いている
2019年05月03日 12:09撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根歩き。ところどころ桜が咲いている
1
尾根歩きを続ける。塔ノ岳から以北は人が少なく静かになる
2019年05月03日 12:22撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根歩きを続ける。塔ノ岳から以北は人が少なく静かになる
1
藪の道を進む
2019年05月03日 12:23撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の道を進む
1
丹沢主脈の途中、竜ヶ馬場の展望
2019年05月03日 12:24撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢主脈の途中、竜ヶ馬場の展望
1
尾根歩きの途中で休憩。東方を望む
2019年05月03日 12:33撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根歩きの途中で休憩。東方を望む
1
丹沢山に到着。塔ノ岳にくらべて登山者は少ない
2019年05月03日 12:55撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山に到着。塔ノ岳にくらべて登山者は少ない
1
山頂にあるルート紹介の看板。今回は「丹沢三峰ルート」を歩いている
2019年05月03日 12:55撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にあるルート紹介の看板。今回は「丹沢三峰ルート」を歩いている
1
丹沢山を過ぎて、大礼ノ頭へ向かう。さらに登山者が少なくなり、静かな奥山を歩く
2019年05月03日 13:17撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山を過ぎて、大礼ノ頭へ向かう。さらに登山者が少なくなり、静かな奥山を歩く
1
足場の表情。新しい階段で登山道はきれいに整備されている
2019年05月03日 13:25撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場の表情。新しい階段で登山道はきれいに整備されている
1
大礼ノ頭に到着。丹沢山以降、ほとんど人に出会わない。宮ヶ瀬ダムに向けて粛々と歩く
2019年05月03日 13:43撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大礼ノ頭に到着。丹沢山以降、ほとんど人に出会わない。宮ヶ瀬ダムに向けて粛々と歩く
1
桜の花が残る
2019年05月03日 13:46撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜の花が残る
1
落ち葉が多くコースが見えづらいので注意
2019年05月03日 14:08撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉が多くコースが見えづらいので注意
1
いくつかのアップダウンを超えて本間ノ頭へ
2019年05月03日 14:32撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかのアップダウンを超えて本間ノ頭へ
1
数箇所、崩落場所に橋が架かる
2019年05月03日 15:34撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数箇所、崩落場所に橋が架かる
1
静かなブナ林を進む
2019年05月03日 15:35撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かなブナ林を進む
1
道幅の狭い鎖場を超える。静けさで否応なくスリリングさが増す
2019年05月03日 15:43撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道幅の狭い鎖場を超える。静けさで否応なくスリリングさが増す
1
金冷シ。このあたりから左足に違和感を覚える。このあと、落石で死亡者が出たとの注意看板が。そそくさと通り抜ける
2019年05月03日 15:45撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冷シ。このあたりから左足に違和感を覚える。このあと、落石で死亡者が出たとの注意看板が。そそくさと通り抜ける
1
高畑山は山頂を避けて南側をトラバースする。疲労と左足の痛みで踏み外さないように気をつけて進む。集中力が切れると滑落の恐れがあり危険。地味ながら緊張感のある登山終盤


2019年05月03日 15:49撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山は山頂を避けて南側をトラバースする。疲労と左足の痛みで踏み外さないように気をつけて進む。集中力が切れると滑落の恐れがあり危険。地味ながら緊張感のある登山終盤


1
登山道の終点。ここから歩いて15分程の「旅館みはる」で日帰り入浴(クーポンで700円+税)で回復。露店で売っていた鹿肉の串焼きを食べて(うまい)、バスで本厚木駅へ。
2019年05月03日 17:12撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の終点。ここから歩いて15分程の「旅館みはる」で日帰り入浴(クーポンで700円+税)で回復。露店で売っていた鹿肉の串焼きを食べて(うまい)、バスで本厚木駅へ。
1

感想/記録

服部文祥『サバイバル登山家』(2006)読後の興奮冷めやらぬうちに、初めて丹沢三峰コースを歩いた。20kmを超えるロングコースを9時間で歩く目標。休憩は最低限に、大倉尾根ではかなり飛ばして歩いたが、終盤の丹沢三峰のアップダウンで左足を軽く負傷。落ち葉が多く、滑りやすい下り坂を足を引きずりながら降りていく。ペース配分と下りの技術が至っていないこと痛感する。下山後の入浴と睡眠で回復した。「サバイバル」にはまだ程遠い(目指しているわけじゃないけど)。
訪問者数:90人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ