また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1826949 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

44年ぶりの恵那山

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
広河原駐車場に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
28分
合計
5時間41分
S林道ゲート07:0507:23恵那山広河原ルート登山口07:2408:244合目(休憩所)08:2809:211,990m展望地09:2309:56恵那山一等三角点10:02恵那山頂避難小屋10:0410:06恵那山10:0810:14恵那山頂避難小屋10:2010:28恵那山一等三角点10:3912:46林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

広河原駐車場には,まだ空きがいっぱいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原駐車場には,まだ空きがいっぱいでした。
ゲートを越えて,林道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを越えて,林道を進みます。
このトンネルを抜けると,すぐに登山口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このトンネルを抜けると,すぐに登山口です。
道標のおかげで見通しを持って歩くことができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標のおかげで見通しを持って歩くことができました。
結構登ったのですが,やっと半分か・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構登ったのですが,やっと半分か・・・。
晴れている割には,展望は今ひとつ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れている割には,展望は今ひとつ。
1
6/10あたりから連続的な積雪になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6/10あたりから連続的な積雪になりました。
1
中央アルプスですが,霞んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスですが,霞んでいます。
1
4月に登った大川入山(たぶん)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4月に登った大川入山(たぶん)。
1
御嶽・乗鞍・穂高。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽・乗鞍・穂高。
1
県境稜線にありました,。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境稜線にありました,。
これを求めて登ったんです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを求めて登ったんです!
3
44年前に泊まった避難小屋。当時とはまったく違った建物になっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
44年前に泊まった避難小屋。当時とはまったく違った建物になっています。
4
2191mの恵那山最高地点。GPSがなければ分かりませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2191mの恵那山最高地点。GPSがなければ分かりませんでした。
2
最高地点と三角点山頂の間は,日本庭園のよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高地点と三角点山頂の間は,日本庭園のよう。
1
阿智7サミッツ用に撮影しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿智7サミッツ用に撮影しました。
1
当時あった櫓は,もっと高かったような・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当時あった櫓は,もっと高かったような・・・。
1
雲が出てきました。夕立の前に下りなければ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が出てきました。夕立の前に下りなければ。
5/10あたりから振り返った恵那山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5/10あたりから振り返った恵那山。
1
登山口までの沢沿いでは,花桃まつり開催中でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口までの沢沿いでは,花桃まつり開催中でした。
1

感想/記録

恵那山は,高校2年の夏休みにクラスメイトと1泊で登った経験があります。当時は名古屋に住んでいたので,中津川市の黒井沢から往復しました(ただし下りはずっとずっと下にある川上のバス停まで延々と道路を歩きました)。その時は山頂部にある避難小屋に泊まりました。友人は,当時流行した「ジャンスポーツ」のフレーム付きザックを背負っての登高でしたが,私は旧来のキスリングだったので,それはそれは苦しくて辛い山行になりました。なので,もうこの山に登ることは二度とないだろうとずっと思ってきました。けれども,今年の4月に大川入山に登ったことがきっかけで,阿智7サミットにチャレンジしようと決意し,今回のチャレンジに至った次第です。

44年前には,頂上(三角点ピーク)にあった櫓はもっともっと高く,周辺のシラビソの樹高ももっと低かったので,櫓から御嶽・乗鞍・穂高・白山,伊吹山,中央アルプス,南アルプス全山,そして富士山までくっきり望むことができましたが,今回はもう何も見えませんでした。44年という歳月の長さを感じさせられました。

ともあれ,阿智7サミット2つめをクリアです。
訪問者数:216人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ