また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827288 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳、令和初め二山

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れなれど強風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間19分
休憩
1時間7分
合計
6時間26分
S猿倉登山口駐車場05:5706:44白馬尻荘08:18岩室跡08:38避難小屋08:3909:04丸山09:43白馬山荘10:4511:00白馬岳11:0211:09白馬山荘11:20避難小屋11:2111:53白馬尻小屋11:5412:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
令和記念に何処に上がろうか、悩む事なく白馬岳に決定。翌日は帰り掛けに雨飾山に寄ろうという計画。実は去年も同じ計画を立てたのだが、白馬で使い切ってしまい、雨飾はパスという体たらく。今回はリベンジせねば。
去年同様、猿倉駐車場で前夜泊。やたらと風が強く、駐車場からでも尾根の雪煙が見える。予報では明日午後から弱まるらしいが。
相変わらずの人気で、トレースはしっかりしているが、踏み抜きも多い。大雪渓改め超雪渓は下部でデブリだらけで、その脇を通る。上に上がる程傾斜は増すが、それより上部で直角に折れる手前に雪煙竜巻の巣がある。丁度登山者が通過していたが、かなり辛そう。もっと下にいる私でさえも大きな雪煙竜巻で防風姿勢になる。とてもじゃないので左に巻いて巣を避けて通過した。直角に折れた先の傾斜も強風が抜ける道で、何とか頂上宿舎の前にある岩の陰に避難。実は去年、ここの前にあるハイマツで雷鳥のペアを見つけており、楽しみにしていたのだが、今日はこの暴風でとても会えそうにない。
白馬山荘手前になると体を持って行かれそうな強風で、耐えかねて右に周り、小屋に添って玄関に。中では多くの登山者が風の弱まりを待っており、私も暫くモグモグタイムで待ち。風は気のせい程度に弱まったと思い込んで、頂上に向かう。バラクバラを持って来なかったので、鼻がヤバイ。頂上では、そそくさと写真を撮る程度で撤退。まぁ厚い雲が通過するので、眺めは渋い。
下りは、直角に折れた過ぎまでシリセードで楽しい。ただ、その先はプチ雪崩に崩れてしまい、まだまだ上がってくる登山者にヒンシュクを買ってしまう。大人しくザクザクと下る。
今回はペース良くピストン出来た。とは言うものの、駐車場に着く頃にはヨレヨレ。「おびなたの湯」に浸かりながら、明日の心配。
コース状況/
危険箇所等
特に無いが、デブリが多い。気温が上がれば、昼から雪が緩んで歩きにくい。日帰りならば午前中勝負。
その他周辺情報下山直ぐに浸かりたいのであれば、「おびなたの湯」、少々良い湯に浸かりたいのであれば「倉下の湯」。どちらも混んでいる。マニアな湯ならば白馬温泉街にある湯元が良い、死ぬほど熱い。

写真

朝5時の駐車場から。
2019年05月04日 19:04撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝5時の駐車場から。
駐車場脇にあるショートカットの入口。ここで登山届けを出すと通れる。
2019年05月04日 19:03撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場脇にあるショートカットの入口。ここで登山届けを出すと通れる。
この風景に向かって。
2019年05月04日 19:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この風景に向かって。
白馬尻当たりかな。ここから雪渓が始まる。大雪渓改め超雪渓。
2019年05月04日 19:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻当たりかな。ここから雪渓が始まる。大雪渓改め超雪渓。
序盤はデブリ帯。
2019年05月04日 18:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤はデブリ帯。
デブリ帯の上から振り返る。
2019年05月04日 19:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリ帯の上から振り返る。
前を向くと長ーーーーーいスノーロード。空は青く。
2019年05月04日 19:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前を向くと長ーーーーーいスノーロード。空は青く。
上部に近付くと、
2019年05月04日 18:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部に近付くと、
何やら
2019年05月04日 18:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何やら
荒れている。
2019年05月04日 18:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れている。
白馬山荘から頂上。
2019年05月04日 18:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘から頂上。
強風に喘ぎながら登頂。
2019年05月04日 18:56撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風に喘ぎながら登頂。
大池方面の稜線。
2019年05月04日 18:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大池方面の稜線。
1
雲は荒く。
2019年05月04日 18:55撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は荒く。
下り、小屋が平べったい。
2019年05月04日 18:54撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り、小屋が平べったい。
急登に喘ぐパーティ。
2019年05月04日 18:53撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登に喘ぐパーティ。
1
天狗菱。
2019年05月04日 18:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗菱。
去年もそうだったが、上がりでは気付かず下りで気付く苗代馬。昔の白馬は「代馬」と書いた由来の雪形。
2019年05月04日 18:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年もそうだったが、上がりでは気付かず下りで気付く苗代馬。昔の白馬は「代馬」と書いた由来の雪形。
1
猿倉。ショートカットは上を通過。
2019年05月04日 18:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉。ショートカットは上を通過。
歩いたわぁーと一浸かり。
2019年05月04日 18:51撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いたわぁーと一浸かり。

感想/記録

雷鳥目当てだったのだけど。令和一発目としては良い。
訪問者数:122人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 雪渓 デブリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ