また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827376 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

渦森台〜西山谷〜六甲ケーブル山上駅〜寒天山道〜渦森台

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー13人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き:JRにて 大阪方面〜甲南山手駅
   神戸市バス31系統 JR甲南山手〜渦森台4丁目
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間49分
休憩
3時間17分
合計
6時間6分
S渦森台4丁目バス停08:1708:24西山谷入口08:41F108:5808:58F208:5909:15F109:1809:18F209:2409:25F109:2909:32F5(幽玄の滝)09:3709:38千丈谷第五堰堤09:5309:56パックリ岩09:5810:00F610:0510:06F7(西山大滝)10:1410:16F810:2010:21千丈谷第四堰堤10:2810:29F910:3310:35千丈谷第六堰堤10:3610:39F1210:4510:48千丈谷第七堰堤10:5110:54F1311:0611:10F1411:2211:24F15(ソーメン滝)11:2911:29F1611:3411:34F17(乙女の滝)11:3811:41F1811:5812:04天狗橋12:0612:18六甲ケーブル山上駅13:0713:24寒天山道出合14:22渦森台4丁目バス停14:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西山谷 危険な箇所が満載なので気をつけて歩きましょう。
寒天山道 特に危険な箇所はありません。

写真

本日は山友会の例会で六甲の西山谷を歩きます。渦森台4丁目バス停から登山開始です。
2019年05月04日 08:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は山友会の例会で六甲の西山谷を歩きます。渦森台4丁目バス停から登山開始です。
こちらから西山谷コースに入っていきます。熟練者向けと書かれてありました。
2019年05月04日 08:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから西山谷コースに入っていきます。熟練者向けと書かれてありました。
ここで安全のため全員ヘルメット着用します。
2019年05月04日 08:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで安全のため全員ヘルメット着用します。
1
ヤマブキがきれいです。
2019年05月04日 08:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキがきれいです。
1
一つ目の堰堤(千丈谷第二堰堤)が見えてきました。
2019年05月04日 08:35撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ目の堰堤(千丈谷第二堰堤)が見えてきました。
第二堰堤を越えたところから急坂を上がって第三堰堤に到着です。早くも息が上がってきましたがまだまだ序盤です。
2019年05月04日 09:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二堰堤を越えたところから急坂を上がって第三堰堤に到着です。早くも息が上がってきましたがまだまだ序盤です。
1
滝(F1)です。ここからが本番です。
2019年05月04日 09:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝(F1)です。ここからが本番です。
石を置いて沢を渡ります。
2019年05月04日 09:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石を置いて沢を渡ります。
3
滝(F1)の右脇を上がっていきます。慎重に岩場を登ります。
2019年05月04日 09:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝(F1)の右脇を上がっていきます。慎重に岩場を登ります。
滝(F1)を無事通過しました。
2019年05月04日 09:25撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝(F1)を無事通過しました。
4
次々に滝が現れます。
2019年05月04日 09:27撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次々に滝が現れます。
4
危険個所が連続するので気が抜けません。
2019年05月04日 09:32撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険個所が連続するので気が抜けません。
3
幽玄の滝(F5)です。
2019年05月04日 09:36撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幽玄の滝(F5)です。
1
滝に落ちないよう気をつけて歩きます。
2019年05月04日 09:37撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝に落ちないよう気をつけて歩きます。
第五堰堤が見えてきました。左側から巻いていきます。
2019年05月04日 09:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第五堰堤が見えてきました。左側から巻いていきます。
鎖場を上ります。本日の難所の一つでした。
2019年05月04日 09:45撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を上ります。本日の難所の一つでした。
前の方の登る様子を参考にして自分はどう登ろうか考えます。
2019年05月04日 09:51撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の方の登る様子を参考にして自分はどう登ろうか考えます。
西山大滝(F7)に到着しました。中々見ごたえありました。
2019年05月04日 10:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山大滝(F7)に到着しました。中々見ごたえありました。
2
西山大滝の左側から上がっていきます。かなりの急登です。
2019年05月04日 10:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山大滝の左側から上がっていきます。かなりの急登です。
滝(F8)です。黒いコケのついた岩でスリップしました。
2019年05月04日 10:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝(F8)です。黒いコケのついた岩でスリップしました。
第四堰堤も左から巻いていきます。ここの登りで転倒してしまいました。もう一度気を引き締めます。
2019年05月04日 10:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第四堰堤も左から巻いていきます。ここの登りで転倒してしまいました。もう一度気を引き締めます。
第四堰堤からの下り、ここもかなり気を使いました。
2019年05月04日 10:28撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第四堰堤からの下り、ここもかなり気を使いました。
スミレがたくさん咲いていました。
2019年05月04日 10:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレがたくさん咲いていました。
3
千丈谷第六堰堤です。大分上がってきました。
2019年05月04日 10:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千丈谷第六堰堤です。大分上がってきました。
第六堰堤から先も複数の堰堤を越えていきます。
2019年05月04日 10:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第六堰堤から先も複数の堰堤を越えていきます。
クリンソウが咲いていました。
2019年05月04日 10:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリンソウが咲いていました。
4
とてもきれいです。
2019年05月04日 10:56撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とてもきれいです。
6
かなりバテてきましたが、気合で歩いていきます。
2019年05月04日 11:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりバテてきましたが、気合で歩いていきます。
山葵だそうです。
2019年05月04日 11:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山葵だそうです。
1
山葵の花です。
2019年05月04日 11:08撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山葵の花です。
1
滝(F14)を越えてまた堰堤が見えてきました。
2019年05月04日 11:13撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝(F14)を越えてまた堰堤が見えてきました。
堰堤のハシゴを上がっていきます。
2019年05月04日 11:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤のハシゴを上がっていきます。
1
ミツバツチグリ?
2019年05月04日 11:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツチグリ?
トラバースも足を踏み外さないよう注意が必要です。
2019年05月04日 11:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースも足を踏み外さないよう注意が必要です。
こちらの堰堤は右側を通過します。
2019年05月04日 11:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの堰堤は右側を通過します。
ソーメン滝(F15)です。
2019年05月04日 11:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソーメン滝(F15)です。
西山谷コースも終盤ですが最後まで気を抜けません。
2019年05月04日 11:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山谷コースも終盤ですが最後まで気を抜けません。
あなた一筋に・・愛情ノ滝(F18)です。
2019年05月04日 11:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あなた一筋に・・愛情ノ滝(F18)です。
5
愛情ノ滝の左側から上がっていきます。
2019年05月04日 11:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛情ノ滝の左側から上がっていきます。
滝を上がったらすぐ下り道です。
2019年05月04日 11:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を上がったらすぐ下り道です。
4
足を踏み外したら大打撲まちがいなしの岩場、ここが個人的には一番の難所でした。
2019年05月04日 11:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足を踏み外したら大打撲まちがいなしの岩場、ここが個人的には一番の難所でした。
2
ゴール手前最後の堰堤を通過します。
2019年05月04日 12:02撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール手前最後の堰堤を通過します。
ようやく天狗橋が見えてきました。
2019年05月04日 12:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく天狗橋が見えてきました。
西山谷を無事上がり切りました。予想以上にエキサイトなコースでした。
2019年05月04日 12:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山谷を無事上がり切りました。予想以上にエキサイトなコースでした。
舗装路を歩いて六甲ケーブル山上駅に向かいます。
2019年05月04日 12:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路を歩いて六甲ケーブル山上駅に向かいます。
1
ケーブル駅の隣にある六甲山展覧台に到着しました。
2019年05月04日 12:19撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブル駅の隣にある六甲山展覧台に到着しました。
3
展覧台から景色を眺めます。少し霞んでいますがいい眺めです。
2019年05月04日 12:19撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展覧台から景色を眺めます。少し霞んでいますがいい眺めです。
3
五つ葉アケビです。
2019年05月04日 13:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五つ葉アケビです。
帰りは寒天山道を下ります。
2019年05月04日 13:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは寒天山道を下ります。
ムラサキケマン。
2019年05月04日 13:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキケマン。
2
ツツジもきれい。
2019年05月04日 13:20撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジもきれい。
2
アセビもいい感じです。
2019年05月04日 13:21撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビもいい感じです。
油コブシ方面との分岐です。
2019年05月04日 13:25撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
油コブシ方面との分岐です。
ヤブイチゴかな?
2019年05月04日 13:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブイチゴかな?
2
寒天山道はとても歩きやすい一般道です。
2019年05月04日 13:38撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒天山道はとても歩きやすい一般道です。
渦森展望公園に無事下山しました。初めての西山谷はドキドキでしたがとても楽しかったです。
2019年05月04日 14:05撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渦森展望公園に無事下山しました。初めての西山谷はドキドキでしたがとても楽しかったです。
3
渦森台四丁目バス停まで下りてきました。この後立ち呑み居酒屋に移動して打ち上げしました。
2019年05月04日 14:23撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渦森台四丁目バス停まで下りてきました。この後立ち呑み居酒屋に移動して打ち上げしました。

感想/記録

本日は山友会の例会で六甲の西山谷コースを歩いてきました。滝・堰堤が連続して想像以上にスリリングで、かつ急登も多く体力的にもハードな歩き甲斐のあるコースでした。山行後は恒例の立ち呑み居酒屋で打上げ、ビール・ハイボールを飲みまくって泥酔して帰途につきました。
単独ではこわくて中々行くことができない熟練者向けコースに連れて行ってもらえるのは本当にありがたいです。今後も一人では行けそうにないコースの例会にどんどん参加していきたいと思います。
訪問者数:105人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ