また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827391 全員に公開 ハイキング比良山系

D3 リトル比良 坊村〜武奈ヶ岳〜釈迦岳〜JR近江高島駅

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:京阪中之島から天満乗り換えで出町柳、0745/0841 京都バス10系統で坊村へ
復路:近江高島から山科乗り換えで大阪駅、そこから環状線で福島
注)往きの京都バスは一見ものすごい行列になりますが、臨時バスを出してくれるのでそこそこの場所に並んでいれば臨時バスに座れます。列の後ろの方だと、臨時バスで一時間くらいを立っていくことになります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間42分
休憩
2時間22分
合計
12時間4分
S坊村09:0409:39RP御殿山109:4410:11RP御殿山210:1710:22846m地点10:38RP御殿山310:4010:54RP御殿山411:06御殿山11:1011:15ワサビ峠11:22西南稜1120m地点11:2511:49武奈ヶ岳12:0212:14コヤマノ分岐12:1512:20パノラマコース分岐12:30RP八雲312:3412:54八雲ヶ原12:5513:04比良ロッジ跡13:0913:13比良明神13:1413:18次郎坊山13:1913:41カラ岳13:4513:58釈迦岳14:0114:21フジハゲのピーク14:2314:31ヤケオ山14:3915:21ヤケ山15:2315:42寒風峠15:4416:30鵜川越16:3316:56岩阿沙利山17:0017:44鳥越峰17:4917:54オーム岩18:0218:26岳山18:47ザレ場18:5219:13岳観音堂跡19:4619:59白坂20:0420:34長谷寺20:4520:48音羽バス停20:4921:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
比良山は、いつもどっかに怖いところがあります。今回も怖いところや日没後、岳山を過ぎた辺りから白坂辺りで、真っ暗な中、道に迷ったところがありました。

装備

個人装備 ツムラ68 eTrex30xと予備電池 トレッキング用の杖(左右) ヘッドライト コンパス 地図 スマホ おカネ 保険証 筆記用具 汗拭きタオル 着替え 塩おむすび バナナ 塩飴 水など

写真

Eのりばが京都バス10系統です。坊村でバスを降りたところには、ちゃんとしたトイレ(和式)がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Eのりばが京都バス10系統です。坊村でバスを降りたところには、ちゃんとしたトイレ(和式)がありました。
出発地点
2019年05月03日 09:07撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発地点
1
御殿山コースへ。とにかく他にもいっぱい人がいるので、ついて行けばいい。
2019年05月03日 09:09撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山コースへ。とにかく他にもいっぱい人がいるので、ついて行けばいい。
ジグザグに登って行きます。キツいです。
2019年05月03日 09:29撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグザグに登って行きます。キツいです。
ワサビ峠
2019年05月03日 11:15撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ峠
武奈ヶ岳へ、今回は西南陵から登りコヤマノ分岐へ下ることになります。
2019年05月03日 11:33撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳へ、今回は西南陵から登りコヤマノ分岐へ下ることになります。
武奈ヶ岳山頂へ
2019年05月03日 11:46撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳山頂へ
比良スキー場跡地を降りてきて、、、
2019年05月03日 12:47撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良スキー場跡地を降りてきて、、、
八雲ヶ原湿原到着。
2019年05月03日 12:51撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八雲ヶ原湿原到着。
その先から、いよいよリトル比良方面に向かいます。
2019年05月03日 13:06撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先から、いよいよリトル比良方面に向かいます。
比良ロッジ跡
2019年05月03日 13:07撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良ロッジ跡
比良明神?小山の上にお地蔵さんが並んでました。この先の山腹のトラバースで、路肩が崩壊して道幅が半分くらいになっている怖いところが二箇所、続いていました。
2019年05月03日 13:12撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良明神?小山の上にお地蔵さんが並んでました。この先の山腹のトラバースで、路肩が崩壊して道幅が半分くらいになっている怖いところが二箇所、続いていました。
カラ岳頂上の電波塔
2019年05月03日 13:44撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラ岳頂上の電波塔
1
風が無かったからいいけど、、、
2019年05月03日 14:08撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が無かったからいいけど、、、
どうも、こういう道は苦手!
2019年05月03日 14:09撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうも、こういう道は苦手!
1
ヤケオ山
2019年05月03日 14:34撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤケオ山
寒風峠到着!
2019年05月03日 15:42撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒風峠到着!
鵜川越。舗装された林道を横切って、少し左手に続きの登り口がありました。
2019年05月03日 16:31撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鵜川越。舗装された林道を横切って、少し左手に続きの登り口がありました。
岩阿砂利山
2019年05月03日 16:56撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩阿砂利山
鳥越峰。道中、このデザインの道標が整備されていました。
2019年05月03日 17:46撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥越峰。道中、このデザインの道標が整備されていました。
オーム岩
2019年05月03日 17:56撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーム岩
オーム岩から夕日を眺めるハメになった、、、。
2019年05月03日 17:57撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーム岩から夕日を眺めるハメになった、、、。
2
オーム岩から
2019年05月03日 17:58撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーム岩から
オーム岩
2019年05月03日 18:00撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーム岩
鳥越の分岐
2019年05月03日 18:15撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥越の分岐
岳山。ここまで来たらもうアップダウンは無い、あとは下りのみだし、終わったも同然!と、思っていたのですが、そうは行かなかった、、、。
2019年05月03日 18:36撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳山。ここまで来たらもうアップダウンは無い、あとは下りのみだし、終わったも同然!と、思っていたのですが、そうは行かなかった、、、。
1
岳山を出た直後に祠のようなものがありました。写真はここまで。後は、、、暗くなってくるし、道には迷うし、それでどころでは無くなっていったのでした。
2019年05月03日 18:40撮影 by OPPO R15 Neo, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳山を出た直後に祠のようなものがありました。写真はここまで。後は、、、暗くなってくるし、道には迷うし、それでどころでは無くなっていったのでした。

感想/記録

比良山を日帰りでつないでいくのは大変です。仕方ないので、ナイトハイク覚悟で行きましたが、本当に真っ暗な中を歩くハメになりました。ヘッデンが大活躍!夜道で明かりを灯すと虫が飛び込んでくるのではと心配でしたが、特にそういうことありませんでした。道がちゃんとしていれば、夜道は涼しいし特に問題ないのですが、倒木などで荒れている箇所では日中の様には行かず、大変でした。下りで沢に入らない(、、、真っ暗な沢に少し入ってみたけど、ヤバかったので即撤退!少し、少しと思っていても、いざ登り返すとなると結構大変です。日頃から沢歩きをやっている人でないと非常に危険です。)、後は、GPSで方向を決めてとにかくそっちへ向かう、と言う方針でどうにか突破。登山道に戻った時は、ホッとして、暫し道で仰向けになって夜空を眺めていました。

やはり、日帰りでつなぐ縦走ハイキングには、生駒山ーダイトレー紀泉高原ルートが好いと思います。アクセスが好く、宿泊施設もあって、危険箇所もまずありませんから、改めていいなあと思いました。
訪問者数:71人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ