また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827615 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走比良山系

比良山その2

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR湖西線比良駅〜イン谷口  徒歩1時間。江若バス12分(土・日・祝のみ)
正面谷に駐車スペース多数有り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
釣瓶岳の手前でGPSの電池切れに気付かづ、軌跡が少し途切れています。
コース状況/
危険箇所等
正面谷比良レスキュー管理事務所前に登山ポスト有り。
シャクシコバの頭への登りに使った東支稜に登山道は有りません。
下山に使った堂満東稜道から正面谷へ降りた冬道も登山道では有りません。
その他本日歩いた登山道に異常無し。
その他周辺情報比良川近くに比良トピア(温泉)有り。
堅田に飲食店多数有り。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) GPS ファーストエイドキット タオル ストック カメラ

写真

A6:46 正面谷便所横駐車場からスタート。車も人も一杯。テントも数張り有ります。
2019年05月04日 06:46撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A6:46 正面谷便所横駐車場からスタート。車も人も一杯。テントも数張り有ります。
A7:16 ムラサキケマン。
2019年05月04日 07:16撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:16 ムラサキケマン。
7
A7:31 キランソウ。
2019年05月04日 07:31撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:31 キランソウ。
6
A7:43 大橋分岐。この奥からシャクシコバの頭へ上がります。
2019年05月04日 07:43撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:43 大橋分岐。この奥からシャクシコバの頭へ上がります。
A7:54 シャクシコバの頭の東支稜を登る。
2019年05月04日 07:54撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:54 シャクシコバの頭の東支稜を登る。
2
A8:10 小川新道に合流しました。
2019年05月04日 08:10撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:10 小川新道に合流しました。
3
A8:18 シャクシコバの頭1121m。
2019年05月04日 08:18撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:18 シャクシコバの頭1121m。
4
A8:26 中峠。コヤマノ岳へ上がります。
2019年05月04日 08:26撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:26 中峠。コヤマノ岳へ上がります。
A8:35 オオカメノキ。葉が伸びていない木が多いので目立ちます。
2019年05月04日 08:35撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:35 オオカメノキ。葉が伸びていない木が多いので目立ちます。
1
A8:38 コヤマノクラウン。
2019年05月04日 08:38撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:38 コヤマノクラウン。
2
A8:39 八雲ヶ原の番人、Oさん。コヤマノ岳付近の倒木を移動させておられました。ご苦労様です!!
2019年05月04日 08:39撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:39 八雲ヶ原の番人、Oさん。コヤマノ岳付近の倒木を移動させておられました。ご苦労様です!!
4
A8:40 コヤマノ岳1181m。
2019年05月04日 08:40撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:40 コヤマノ岳1181m。
霞んでますが、墨絵の様です。
2019年05月04日 08:40撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞んでますが、墨絵の様です。
3
A8:45 武奈ヶ岳を横目で見て、イブルキノコバへ降ります。
2019年05月04日 08:45撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:45 武奈ヶ岳を横目で見て、イブルキノコバへ降ります。
2
A8:46 凹部の残雪。5月で残っています。
2019年05月04日 08:46撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:46 凹部の残雪。5月で残っています。
A9:02 広谷。
2019年05月04日 09:02撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:02 広谷。
A9:19 シロモジ。
2019年05月04日 09:19撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:19 シロモジ。
3
A9:28 オオカメノキ。
2019年05月04日 09:28撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:28 オオカメノキ。
6
A9:41 釣瓶岳1098m。
2019年05月04日 09:41撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:41 釣瓶岳1098m。
1
A9:49 オオカメノキ(ムシカリ)。
2019年05月04日 09:49撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:49 オオカメノキ(ムシカリ)。
1
A10:18 武奈ヶ岳1214m。
2019年05月04日 10:18撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:18 武奈ヶ岳1214m。
7
A10:23 御殿山に向かいます。
2019年05月04日 10:23撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:23 御殿山に向かいます。
1
A10:26 振り返る。
2019年05月04日 10:26撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:26 振り返る。
4
A10:32 中峠の奥に堂満岳。右はシャクシコバの頭。(西南稜から)
2019年05月04日 10:32撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:32 中峠の奥に堂満岳。右はシャクシコバの頭。(西南稜から)
1
A10:43 御殿山1097mから。
2019年05月04日 10:43撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:43 御殿山1097mから。
1
ヤマネコノメソウ。
2019年05月04日 10:51撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマネコノメソウ。
2
A10:53 口の深谷へ降りて来ました。ここでお昼にしました。
2019年05月04日 10:53撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:53 口の深谷へ降りて来ました。ここでお昼にしました。
A11:22 本日2回目の中峠。
2019年05月04日 11:22撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:22 本日2回目の中峠。
A11:50 金糞峠。
2019年05月04日 11:50撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:50 金糞峠。
A11:52 金糞峠付近から琵琶湖。
2019年05月04日 11:52撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:52 金糞峠付近から琵琶湖。
2
A11:53 東レ新道は、日当たりの良い所の石楠花は咲いています。
2019年05月04日 11:53撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:53 東レ新道は、日当たりの良い所の石楠花は咲いています。
10
P0:12 釈迦岳・カラ岳を見る。
2019年05月04日 12:12撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:12 釈迦岳・カラ岳を見る。
2
P0:16 山頂手前の石楠花。
2019年05月04日 12:16撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:16 山頂手前の石楠花。
3
P0:18 堂満岳1057m。
2019年05月04日 12:18撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:18 堂満岳1057m。
1
P0:18 山頂は咲きかけの蕾が多い。後1~2日でしょうか・・
2019年05月04日 12:18撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:18 山頂は咲きかけの蕾が多い。後1~2日でしょうか・・
4
P0:18 堂満岳から見た琵琶湖。
2019年05月04日 12:18撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:18 堂満岳から見た琵琶湖。
1
P0:19 東稜道で降ります。
2019年05月04日 12:19撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:19 東稜道で降ります。
3
P0:28 東稜道は日当たりが良いので満開の木もあります。
2019年05月04日 12:28撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:28 東稜道は日当たりが良いので満開の木もあります。
4
P0:47 堂満東稜道からの一つ下の冬道を降りて来ました。結構急斜面です。
2019年05月04日 12:47撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:47 堂満東稜道からの一つ下の冬道を降りて来ました。結構急斜面です。
1
P0:52 水場の下の登山道に出ました。
2019年05月04日 12:52撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:52 水場の下の登山道に出ました。
P1:03 駐車場に戻る。新緑が綺麗です。
2019年05月04日 13:03撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1:03 駐車場に戻る。新緑が綺麗です。
4

感想/記録

前回の比良山1000m峰ピークハントで歩き残した、残りを歩く。
正面谷〜シャクシコバの頭〜コヤマノ岳〜釣瓶岳〜武奈ヶ岳〜御殿山と行く。この後前回歩いた白滝山〜森山岳〜蓬莱山〜打見山〜比良岳〜烏谷山〜堂満岳〜カラ岳〜釈迦岳〜イン谷口と行けば一筆1000m峰14座巡りが出来ますが・・・一日では厳しいか・・・。

春は本当に歩くのが楽しい。春の香り。鳥のさえずり。次々と違う花が咲き始める。樹木から放出されるフィトンチッドは細胞を若返らせる作用があるそうだ。
金糞峠で降りようと思っていたら、石楠花の話を近くの登山者がする。堂満岳の石楠花はどうなのか気になって、寄り道する。思ったより咲いていて、寄り道正解でした。

GWの間、何人の人が来られるのでしょう・・ヤマレコで、比良山だけでも沢山の山行が上がる。とても読み切れない。軽く見流してしまう。皆さんはどうしておられるのか、聞きたいものです。

一筆14座巡り、来年してみようかな・・ちょっとチャレンジしたくなりました。
登りに使ったシャクシコバの頭東支稜は問題無いですが、下りに使った正面谷へ降りる凹部は厳しい所もあるので、注意して下さい。
ご訪問ありがとうございました。
訪問者数:414人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/2
投稿数: 290
2019/5/4 22:12
 おお!
はじめまして。いつも比良のマニアックな記録を楽しく拝見させていただいてます。
実は・・・
私も今日は堂満〜コヤマノ〜武奈と登っておりまして(記録はまだアップしてないんですが)
堂満と東レ新道分岐の間ですれ違ってますなw
たぶん、私が堂満を下ってすぐのところでお出会いしたのではないでしょうか(笑)
シャクナゲばかり見ていて、あまり人の記憶がないのでありまするがw
また比良のどこかでお会いしたならよろしくお願いします
登録日: 2017/3/27
投稿数: 274
2019/5/5 6:02
 Re: おお!
ameyanさん 初めまして。

沢山の人でしたから、すれ違う人に対してそんなに注視しません。仕方ないですね・・石楠花は充分楽しめる程咲いて来ていました。
比良山で行ってみたい場所等ご質問があれば、ご遠慮なくお尋ね下さい。
比良山の何処かでお逢いしましょう・・・happy01scissors
登録日: 2017/2/18
投稿数: 98
2019/5/5 6:14
 絶好調ですね
kol-yosiokaさん
おはようございます。連日のアップダウンのきつい長距離歩き、絶好調ですね。1000m全座行けるのでは(^^ )
私は病み上がりなので軽くシャクナゲとイワカガミを観賞がてらと思ったのですが、そこそこ快復して調子よかったので武奈まで寄り道しながら行きました。
天気も良く、ほんとうにこの季節は歩いていて気持ちが良いです。滝や太陽や新緑・花などからエネルギーをもらいました。
登録日: 2017/3/27
投稿数: 274
2019/5/5 7:00
 Re: 絶好調ですね
HB1214さん お早う御座います。

春の樹木の香気を浴びて若返って動けるのでしょうか?快調な山行が出来ました。来年一筆歩き、ご一緒にどうですか?
でも本来は摺鉢山も入っています。烏谷山から摺鉢山へ行き大橋に降りて南比良峠へ登り返します。それにどうしてもホッケ山が一筆で行けません。(全部で16座)
一筆コースを考えているとなかなか面白いです。

体調も回復されたみたいですね。広谷の幻の滝のバリ道歩きも楽しそう。行きたくなりました。では又・・paper
登録日: 2017/2/18
投稿数: 98
2019/5/5 17:07
 Re[2]: 絶好調ですね
kol-yosiokaさん
一筆書き、面白そうですね。来年もし行かれる時はぜひお声かけください。
これって全山縦走よりキツいですよね。
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 709
2019/5/6 17:58
 kol-yosiokaさん、こんばんは。
 またまたシャクナゲの花便りありがとうございます。
日当たりのいい場所では開花している様子。他の方のレコでは堂満岳の山頂写真にシャクナゲが写っていなかったもので、今年は駄目なのかと思っておりましたが、遅めだっただけで満開の木もあったんですね。

行こうか悩んでおりましたが、結局、京都北山のシャクナゲ尾根を歩いてきました。来週は時間が取れないだろうな…

「烏谷山から摺鉢山へ行き大橋に降りて南比良峠へ登り返す」 考えたことないです。
偶に赤線繋ぎにて、それに近いようなことをしたりしてはおりますがアップダウンの繰り返しは体力も要りますが気力も必要ですね。
登録日: 2017/3/27
投稿数: 274
2019/5/6 20:22
 Re: こんばんは。
no2さん 今晩は。

堂満岳山頂には花が少ないですが、金糞峠側の下には沢山花を付けている木がありました。花の盛りは週末には少し遅いかも知れません。

1000mピーク一筆登山は、結構面白いです。来春は14座(15座)を一日で歩いてみたいものです。
今度、御殿山〜白滝山の下調べに行こうと思っています。
御殿山〜御殿岩〜口の深谷〜論場(古道標)〜口の深谷口〜伊藤真道 を考えています。一筆登山に興味がおありなら、下歩きに参加してみませんか?

一筆登山は、止まらずに歩き続ける意志が必要でしょうね・・・
angryrock
登録日: 2017/3/27
投稿数: 274
2019/5/6 20:26
 一筆登山
HB1214さん 今晩は。

御殿山〜白滝山の下見に行こうと思っているのですが、行かれませんか?その後も行ける所まで行こうと思っているのですが・・・坊村から入ります。
登録日: 2017/2/18
投稿数: 98
2019/5/7 16:31
 Re: 一筆登山
5月は予定が立てにくいので、kol-yosiokaさんが行かれる時に、うまく都合が合えばと言うことでお願いします。
5月のどこかで仕事の取材で熊野古道中辺路を歩くつもりをしています。日程の余裕がないので一日で50卻發海Δ隼廚辰討い泙后これをいつ行くのか、取材の同行者(同行者は車で取材)の都合等でまだ決まっていません(同行者は車で取材)。さらに5月中に知り合いと赤坂山に行く予定ですが、これもまだ日が決定していないという状況です。
登録日: 2017/3/27
投稿数: 274
2019/5/7 17:06
 Re[2]: 一筆登山
了解しました。お忙しい様ですね。
仕事を頑張って下さい。暇が出来たら仰って下さい。
山は何時でも行けますので・・・
私が年がら年中山に行けるのは、皆さんが社会を支えて下るお陰です。感謝!
no2
登録日: 2012/6/14
投稿数: 709
2019/5/8 16:14
 kol-yosiokaさん、またまたお邪魔します。
 気になって調べましたが、比良の1000m峰 一筆書き14座って37劼發△蠅泙垢諭
ヤマレコユーザーのnityさんのレコがありました。確かにホッケ山は一筆書きは無理そうな… 森山岳から蓬莱を経由せずにサカ谷道へ… これは無茶みたいで。
小女郎ヶ池からサカ谷南尾根へ行って旧道からホッケへ登り返す… こんな所トレースも無いような。
あれ? 14座にホッケ山を足して15座? シャクシコバの頭が抜けているんだ。
小女郎峠近くのP1101は、山じゃないんですよね。

考えるのも楽しいですけど、仕事しますわ。

PS HB1214さんのコメントにも、恐ろしいことが書いてあるような… 50辧
登録日: 2017/3/27
投稿数: 274
2019/5/8 18:23
 Re: またまたお邪魔します。
no2さん 今晩は。

まだ誰も小女郎峠横のP1101に名前を付けられていない。それに山らしくない気もします。それよりヤケオ山手前のフジハゲピークの方が山らしいです。それとカラ岳手前のピークの無名峰も1000m超えています。厳密に言えばこれらも入るかもしれませんが・・
14座一筆登山は、TRI-HIさんも一昨年完走されています。それぞれ独自のコース取りです。元々は比良レスキューの松下さんが八の字のコースで提唱されたそうです。
ホッケ山と釈迦岳はどうしても出発地点か終了地点にするしかありません。だから両方行くには、釈迦岳〜ホッケ山の一筆(出発地点と終了地点が別)を考えれば良いのですが・・・難しい。

HB1214さんの50劼魯汽薀辰判颪い討△蠅泙垢諭ΑΦ酣比良山縦走・今年は六甲山縦走(これは途中リタイアですが)されてます。最近は山を走っておられます。最近は絶好調の様です。
ではまた・・paper
登録日: 2017/2/18
投稿数: 98
2019/5/8 23:14
 一筆
14座はコースを考えるのが楽しいですね。権現山や蛇谷が1000m越えだったら大変なことになりますが……わたしもホッケとフジハゲは名前もあるし、どうして入らないのだろうかと思っていました。
それに前山999m、頭の上だけは1000mですね。もちろんこれはなしですが。

熊野古道50劼呂修譴曚謬伏が激しくないので体力勝負と言うよりモチベーション維持でしょうか。ちょっと親指が巻き爪で痛いのが心配ですが。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ