また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827898 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

浅間山 令和最初の登山は天狗温泉から晴天の前掛山

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ 山頂付近は強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■天狗温泉浅間山荘宿泊者用駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
41分
合計
6時間12分
S浅間山荘登山口08:2908:58一ノ鳥居08:5909:16二ノ鳥居09:2110:09浅間火山館10:2010:26湯ノ平分岐10:44賽の河原分岐11:32立入禁止告示板11:3411:53前掛山12:38立入禁止告示板13:05賽の河原分岐13:0613:17湯ノ平分岐13:21浅間火山館13:3414:01二ノ鳥居14:0614:16一ノ鳥居14:1914:41浅間山荘登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■山容からも分かるように最初は緩やかに徐々に勾配を上げながら登り続ける。
■独立峰なので山頂付近は毎日強い風がある。
■火山館から賽の河原はまだ残雪だが気温が高く緩んでいるためアイゼンなどの滑り止めは使わなかった。
■「カモシカ平」にはほんとにニホンカモシカがいる。
その他周辺情報■天狗温泉「浅間山荘」
赤色の温泉が特徴。

写真

天狗温泉「浅間山荘」
真っ赤な温泉が特徴
食事も接遇も良い
2019年05月03日 08:27撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗温泉「浅間山荘」
真っ赤な温泉が特徴
食事も接遇も良い
浅間山荘の脇のこの鳥居からスタート
ここにはすでに6合目の道標がある
2019年05月03日 08:29撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山荘の脇のこの鳥居からスタート
ここにはすでに6合目の道標がある
木漏れ日の林道を歩く
2019年05月03日 08:38撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日の林道を歩く
1
二ノ鳥居へは不動の滝を経由(奥の道標)
2019年05月03日 08:59撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ鳥居へは不動の滝を経由(奥の道標)
ゆるやかに登る
2019年05月03日 09:11撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるやかに登る
不動の滝
浅間山の雪解け水だろう
2019年05月03日 09:17撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動の滝
浅間山の雪解け水だろう
火山館で使う薪が積んであり協力を呼びかけているので一本だけ協力する
たった一本だがズシッと重い
2019年05月03日 09:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山館で使う薪が積んであり協力を呼びかけているので一本だけ協力する
たった一本だがズシッと重い
前を歩く小柄な女性は薪を2本背負っていた
2019年05月03日 09:28撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前を歩く小柄な女性は薪を2本背負っていた
2
赤肌の沢では強い硫黄臭がした
2019年05月03日 10:07撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤肌の沢では強い硫黄臭がした
右に見える尖った山は牙山(ぎっぱさん)
2019年05月03日 10:09撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に見える尖った山は牙山(ぎっぱさん)
2
火山館に到着
2019年05月03日 10:11撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山館に到着
火山館のバルコニーで休憩
2019年05月03日 10:15撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火山館のバルコニーで休憩
1
湯の平口分岐
左は草すべりへ
2019年05月03日 10:26撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の平口分岐
左は草すべりへ
左に見えるのはトーミの頭と黒斑山と蛇骨岳
2019年05月03日 10:28撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に見えるのはトーミの頭と黒斑山と蛇骨岳
2
チェーンアイゼンなどの滑り止めを付けている登山者もいるがつぼ足で歩く
2019年05月03日 10:34撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンアイゼンなどの滑り止めを付けている登山者もいるがつぼ足で歩く
目の前にドーン見えるのは前掛山
浅間山本峰はその奥にありこの位置からは見えない
2019年05月03日 10:49撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前にドーン見えるのは前掛山
浅間山本峰はその奥にありこの位置からは見えない
登山犬とすれ違う
2019年05月03日 10:57撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山犬とすれ違う
1
真下から見上げる前掛山
2019年05月03日 11:01撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真下から見上げる前掛山
ここから勾配がきつくなる
2019年05月03日 11:01撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから勾配がきつくなる
真っすぐ登れば浅間山本峰火口に至るが立ち入り禁止である
2019年05月03日 11:32撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っすぐ登れば浅間山本峰火口に至るが立ち入り禁止である
晴れて眺望が良い
2019年05月03日 11:32撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れて眺望が良い
3
前掛山の手前にシェルターが見えてきた
2019年05月03日 11:36撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前掛山の手前にシェルターが見えてきた
シェルターから前掛山への稜線は風が強い
2019年05月03日 11:44撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シェルターから前掛山への稜線は風が強い
前掛山の山頂には数人の登山者が写真を撮っていた
2019年05月03日 11:50撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前掛山の山頂には数人の登山者が写真を撮っていた
浅間山の道標にはカッコ書きで前掛山と書いてある
2019年05月03日 11:51撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山の道標にはカッコ書きで前掛山と書いてある
3
手形にはめてみる
2019年05月03日 11:51撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手形にはめてみる
1
シェルターまで下ってきた
2019年05月03日 12:14撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シェルターまで下ってきた
シェルターの陰でランチ
2019年05月03日 12:14撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シェルターの陰でランチ
風が強いので食べたらサッサと下る
2019年05月03日 12:42撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強いので食べたらサッサと下る
二ノ鳥居の道標
登りは不動滝経由だったが反対側のルートへ行く
二ノ鳥居は倒れており修復のための募金を呼び掛けた看板があった
2019年05月03日 14:06撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ鳥居の道標
登りは不動滝経由だったが反対側のルートへ行く
二ノ鳥居は倒れており修復のための募金を呼び掛けた看板があった
ゆるやかな登山道である
2019年05月03日 14:10撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるやかな登山道である
沢に架かる橋を渡ると一ノ鳥居に至る
2019年05月03日 14:19撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に架かる橋を渡ると一ノ鳥居に至る
下りはやや曇り
2019年05月03日 14:26撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはやや曇り
天狗温泉付近の赤い沢
2019年05月03日 14:34撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗温泉付近の赤い沢
1
浅間山荘に到着
2019年05月03日 14:40撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山荘に到着
山荘の馬3頭
乗馬体験ができる
2019年05月03日 16:11撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘の馬3頭
乗馬体験ができる
昭和41年に植樹されたようだ
立派に育っている
2019年05月03日 16:13撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和41年に植樹されたようだ
立派に育っている
浅間山荘でお疲れ乾杯
2019年05月03日 18:08撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山荘でお疲れ乾杯
2
天狗温泉浅間山荘オリジナルワイン
やや辛口ですっきりとして飲みやすい
2019年05月03日 18:21撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗温泉浅間山荘オリジナルワイン
やや辛口ですっきりとして飲みやすい
2

感想/記録




令和元年初登山は浅間山。

今は火山レベル1であるが、いつレベルが上がってもおかしくない活発な火山なので、行ける時に行っておこうと計画。現在、山頂としているのは前掛山である。浅間山の火口付近は、火山噴火に伴い立入禁止区域として登山規制されているため、浅間山本峰に登ることはおそらく今後とも無いだろう。

火山館から賽の河原分岐あたりまではまだ残雪だが、気温が高く緩んでおり勾配もあまり無いためアイゼンなどの滑り止めは使わなかった。

独立峰のため山頂付近はいつも風が強い。賽の河原までは良い天気でのどかな登りだったが、前掛山に差し掛かると次第に風が強くなり、山頂では吹き飛ばされそうな勢いだった。山頂からの眺望は良いが眺めている余裕は無い。

写真に撮り損ねたが、カモシカ平ではその名のとおり天然記念物のニホンカモシカと遭遇した。木の芽の食事中であった。

車坂峠からのトーミの頭や黒斑山からの浅間山も考えていたが、ギザギザの稜線や急峻な草すべりなどを見ると厳しい行程になりそうだ。
訪問者数:145人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ