また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1828326 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雁ヶ腹摺山から楢の木尾根

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー15人
天候曇り、一時雷
アクセス
利用交通機関
タクシー
大月駅から大峠、上和田バス停から大月駅までタクシー。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間29分
休憩
55分
合計
7時間24分
S大峠(大ドウミ)09:0810:13雁ヶ腹摺山10:2111:04大樺ノ頭(大カンバ・丸岳大樺)11:0611:34石小屋ダル(イシノネカ)11:3511:45唐松立11:4811:55ズサアラ11:5512:26三ツ石タツマ12:2612:44栂尾根ノ頭12:4413:12泣坂ノタル13:3513:52泣坂ノ頭(スバノ山)13:5214:09大峰14:2514:47西沢ノ頭14:4715:24東沢ノ頭(水無山)15:2616:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

大月駅からタクシーで大峠へ。
2019年05月04日 08:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月駅からタクシーで大峠へ。
足洗石の標識がありました。
2019年05月04日 09:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足洗石の標識がありました。
雁ヶ腹摺山の山頂に到着。広場です。富士山方面が開けています。昔の500円札の撮影地とのこと。
2019年05月04日 10:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁ヶ腹摺山の山頂に到着。広場です。富士山方面が開けています。昔の500円札の撮影地とのこと。
この景色が使われました。
2019年05月04日 10:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色が使われました。
1
大菩薩嶺方面。
2019年05月04日 10:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺方面。
熊の爪跡。
2019年05月04日 10:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の爪跡。
大樺の頭。
2019年05月04日 11:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺の頭。
石小屋のタル。
2019年05月04日 11:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石小屋のタル。
第1鉄塔目前。
2019年05月04日 11:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1鉄塔目前。
鉄塔下からの眺望。
2019年05月04日 11:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下からの眺望。
第2鉄塔を通過。
2019年05月04日 12:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2鉄塔を通過。
泣坂のタルで雷に遭遇。気温急低下し、大粒の雹が降りだし、辺り一面15分で2僂らい積もった。ここで避難して雹の中、動かずじっとしていました。幸いに落雷に会わず。
2019年05月04日 13:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泣坂のタルで雷に遭遇。気温急低下し、大粒の雹が降りだし、辺り一面15分で2僂らい積もった。ここで避難して雹の中、動かずじっとしていました。幸いに落雷に会わず。
泣坂の頭は過ぎました。
大峰方面はご覧の通り一面真っ白ににっていました。
2019年05月04日 13:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泣坂の頭は過ぎました。
大峰方面はご覧の通り一面真っ白ににっていました。
水無山からの下山。
急坂に雹、とても危険な下りでした。
2019年05月04日 14:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無山からの下山。
急坂に雹、とても危険な下りでした。
西沢の頭。
2019年05月04日 14:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢の頭。
水無山登山口に下山しました。
500m以上を一気に降りましたが、枯れ葉の上に雹が付き、非常に危険な下りでした。
全員無事で良かった!
2019年05月04日 16:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無山登山口に下山しました。
500m以上を一気に降りましたが、枯れ葉の上に雹が付き、非常に危険な下りでした。
全員無事で良かった!
上和田集落にでました。
2019年05月04日 16:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上和田集落にでました。
上和田バス停でタクシーミート。
お疲れ様でした。
2019年05月04日 16:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上和田バス停でタクシーミート。
お疲れ様でした。
撮影機材:
訪問者数:77人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

落雷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ