また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1828580 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

初丹沢 渋沢駅から主脈を縦走して西丹沢VCへ 電車・バス ループ

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
新松田駅近くのコインパーキングへ駐車。一日最大900円
新松田⇒渋沢:190円 小田急
西丹沢ビジターセンター⇒新松田駅:1180円 富士急湘南バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間36分
休憩
1時間7分
合計
13時間43分
Sスタート地点05:1406:09丹沢クリステル06:1006:30観音茶屋06:46雑事場ノ平06:52見晴茶屋06:5407:07一本松07:23駒止茶屋07:31堀山07:47堀山の家07:5008:08天神尾根分岐08:50花立山荘08:52花立08:5308:58金冷シ09:33塔ノ岳09:57日高10:12竜ヶ馬場休憩所10:1310:15竜ヶ馬場10:1610:41丹沢山11:1611:33早戸川乗越11:47箒杉沢ノ頭11:4812:01不動ノ峰休憩所12:08不動ノ峰12:17棚沢ノ頭12:1812:28鬼ヶ岩ノ頭12:36中ノ沢乗越12:3712:55蛭ヶ岳山荘12:59蛭ヶ岳13:0213:02蛭ヶ岳山荘13:1013:11蛭ヶ岳14:04ミカゲ沢ノ頭14:42臼ヶ岳14:4415:13神ノ川乗越15:1515:44金山谷乗越16:43青ヶ岳山荘16:54ツツジ新道・石棚山稜分岐17:45展望台17:4618:25ゴーラ沢出合18:48ツツジ新道入口18:5218:57西丹沢ビジターセンター18:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的にコースは“これでもか”の整備がされています。
大倉ー蛭ヶ岳間は非常に歩きやすい道。
蛭ヶ岳ー檜洞丸間はガレが多く道の狭いところあり。
ツツジ新道がゴーラ沢を横切るところは、沢幅が大きいので対岸のコースを確認してから渡る。砂防堰堤の左岸付根に標識有り。
ツツジ新道から県道76号線へ出るポイントが不明だった。知らない間に沢の中を歩いていて、強引に車道へ上がった。(暗かったこともあります)
まだヒルの被害には遭いませんでした。
その他周辺情報山小屋で蕎麦かうどんを食べようと思ったが、塔、丹、蛭、檜のいずれもカレーかカップ麺のみ。食欲減退時の喉越しの良さに期待していたがダメだった。
唯一、塔手前の花立山荘に自家製うどんがあった(ここが最後だったのにパスしてしまった…)。
西丹沢ビジターセンターに自販機有り。
温泉は秦野の湯花楽(ゆからく)を利用。
入館880円だがジャグジーやサウナ、寝湯など多彩。
食堂メニューはありふれているがとてもリーズナブル。普通に美味しい。
深夜25時までの営業なので下山が遅くなってもゆっくり出来るし、入館料だけで利用出来る仮眠室“お休み処”は秀逸!
http://www.yukaraku.com/hadano/

写真

渋沢駅で日の出を迎えました。
2019年05月03日 05:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋沢駅で日の出を迎えました。
小田急テニスガーデン前から暫く道なりです。
2019年05月03日 05:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田急テニスガーデン前から暫く道なりです。
手前の尾根が大倉尾根でしょうか?
2019年05月03日 05:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の尾根が大倉尾根でしょうか?
大倉にある駐車場などとは別ルートでダイレクトに登山口へ出ます。
2019年05月03日 06:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉にある駐車場などとは別ルートでダイレクトに登山口へ出ます。
大倉尾根のシンボル・階段
2019年05月03日 06:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根のシンボル・階段
気持ちよい登り。
2019年05月03日 07:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよい登り。
1
塔が見えてきました。
2019年05月03日 08:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔が見えてきました。
2
塔ノ岳に着きました。
富士山は最高だったのに三角点を見つけられなかった。
2019年05月03日 09:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳に着きました。
富士山は最高だったのに三角点を見つけられなかった。
2
塔ノ岳から丹沢山へ向かう人はぐっと減ります。
2019年05月03日 09:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳から丹沢山へ向かう人はぐっと減ります。
1
丹沢山の三角点はお疲れの様子。
2019年05月03日 10:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山の三角点はお疲れの様子。
1
蛭までは手前がガックリ下がっています。
簡単には行かせてくれない。
2019年05月03日 11:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭までは手前がガックリ下がっています。
簡単には行かせてくれない。
蛭ヶ岳から、来た道を振り返る。
2019年05月03日 13:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳から、来た道を振り返る。
2
こちらは丹沢三峰と宮ヶ瀬湖でしょうか。
2019年05月03日 13:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは丹沢三峰と宮ヶ瀬湖でしょうか。
丹沢最高峰には数名しか居ませんでした。
塔ノ岳に比べれば静かな山旅です。
2019年05月03日 13:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢最高峰には数名しか居ませんでした。
塔ノ岳に比べれば静かな山旅です。
2
丹沢最高峰の三角点タッチ。
2019年05月03日 13:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢最高峰の三角点タッチ。
1
右端が檜洞丸でしょうか?
富士山の頭がチョン切れてしまいました。
この先は甘く無かったです。引き返すなら今のうち。
2019年05月03日 13:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右端が檜洞丸でしょうか?
富士山の頭がチョン切れてしまいました。
この先は甘く無かったです。引き返すなら今のうち。
2
蛭からは想像以上の激下りでした。
ザレ気味なのでタッタと下れず神経、筋肉を使います。
2019年05月03日 13:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭からは想像以上の激下りでした。
ザレ気味なのでタッタと下れず神経、筋肉を使います。
2
檜洞丸はまだまだ遠い。
2019年05月03日 14:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸はまだまだ遠い。
1
檜洞丸と青ヶ岳山荘の名前の由来が気になります。
この時間で歩いているのは私一人。
2019年05月03日 16:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸と青ヶ岳山荘の名前の由来が気になります。
この時間で歩いているのは私一人。
1
檜洞丸山頂です。
コースタイム的には最終バス時刻まで既にビハインド。
2019年05月03日 16:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸山頂です。
コースタイム的には最終バス時刻まで既にビハインド。
ここで日没を迎えました。
ツツジ新道は西向きの明るい尾根で助かります。
休憩がてらヘッドランプを準備。
2019年05月03日 18:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで日没を迎えました。
ツツジ新道は西向きの明るい尾根で助かります。
休憩がてらヘッドランプを準備。
ゴーラ沢の渡渉点です。
渡り終わってから振り返って撮っています。
写真右側に砂防堰堤があります。
ここは残照のあるうちに渡れて良かったです。
2019年05月03日 18:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢の渡渉点です。
渡り終わってから振り返って撮っています。
写真右側に砂防堰堤があります。
ここは残照のあるうちに渡れて良かったです。
最終バス発車一分前に西丹沢ビジターセンターへ到着。
トイレに寄れず自販機の飲料も買えませんでした。
付近はわざわざキャンプに来ている人だらけ。
私は泊まりたくないので間に合って良かった!
2019年05月03日 18:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終バス発車一分前に西丹沢ビジターセンターへ到着。
トイレに寄れず自販機の飲料も買えませんでした。
付近はわざわざキャンプに来ている人だらけ。
私は泊まりたくないので間に合って良かった!
2

感想/記録
by JA11V

GWのループ登山△禄蕕瓩討涼安堯
大倉から西丹沢までの縦走を計画してみました。
コースタイムを考えると私の足ではギリ。
しかも西丹沢で最終バスになってしまうと大倉へ戻るバスに間に合わない。
そこで始発バス前に渋沢駅から歩くことにしました。
(結果的にはヘッドランプで未明から大倉を出発すれば大丈夫でしたし、それでも不安の無い道でした)
一番大変だったのは蛭ヶ岳から檜洞丸の間。
想像以上のアップダウンとザレの道、距離もあって疲れたカラダに甘くないです。
ツツジ新道は良く整備されていますが、沢と交わるところが鬼門です。
西丹沢の路線バスには遅い最終があり、このおかげで計画に幅が出ます。
(暗くなってからの歩行は勧められませんが)
出発点の西丹沢ビジターセンターで十人程、次の箒沢公園橋で数人が乗車した以外は終点の新松田まで途中の乗降が全く無し。登山専用バスのような様相でした。
もうバスに間に合わなくなると思ったとき、脳内麻薬が出て足が痛いだとか攣りそうだとか感じなくなってスタスタと歩けるようになります。
しかしそれは感じなくなるだけで事実が変わるわけではない。新松田駅でバスを降りた瞬間から足の現実に打ちのめされました。
訪問者数:108人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ