また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1829353 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

黒法師岳 水窪ダム戸中橋から寸又峡へ縦走

日程 2019年05月02日(木) 〜 2019年05月04日(土)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
バスタ新宿23:50-(夜行バス)-5:30浜松
新浜松6:00-(遠鉄)-6:33西鹿島6:45-(遠鉄バス北遠本線)-8:23水窪町8:30-(水窪ふれあいバス)-8:40灰ノ又
コミュニティバスは月火木金のオンデマンド運行¥400
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

5/2
灰ノ又バス降車8:45-9:40水窪ダム9:50-10:25戸中橋10:40-11:25麻布神社11:35-12:45鳥居-15:05麻布山15:15-15:35戸中山
5/3
戸中山6:15-7:00前黒法師山7:05-8:00打越峠8:10-9:55バラ谷の頭10:55-12:45黒法師岳13:10-15:00双子山東峰15:10-15:40ヘリポート跡
5/4
ヘリポート跡5:55-7:25前黒法師岳7:35-8:30白ガレの頭8:40-10:00尾根崩壊地下降点-10:40林道10:50-11:30寸又峡温泉
コース状況/
危険箇所等
麻布山へは薄い踏み跡を辿るがテープ類あり。麻布神社の手前がやや崩れて分かりにくい程度。麻布山一般道への合流点は広く、道がばらけて分からなかった。下りだと南西尾根に入らない様注意かな。
黒法師岳からの下り方向はマーキングがたくさん、尾根も明瞭。ただ肝心の1850mで方向を変えるあたりよくわからなかった。
天気が良かったからかヒルもダニも会わなかった。が、家に帰ったらスネが倒木の傷だらけだった。
その他周辺情報戸中川林道も、野鳥の森へ行く林道も崩落通行止で、水窪側からはあまり入ってない様子だった。
遠鉄新浜松は始発15分前まで駅ビルが開かない。GWの大井川鉄道は、SLでなくても30分前には行かないと始発でも座れない。
寸又峡の村営浴場は400円だったが石鹸おいてなかったので、600円で旅館の風呂にすればよかった。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

灰ノ又で降ろしてもらいます
右の橋を渡ってダムへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灰ノ又で降ろしてもらいます
右の橋を渡ってダムへ
2
車道を歩いて水窪ダムへ
あれが麻布山でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を歩いて水窪ダムへ
あれが麻布山でしょうか
2
萌える新緑の中、吊り橋が見えて来ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萌える新緑の中、吊り橋が見えて来ました
2
ヒル除け準備万端
さーいきますよー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒル除け準備万端
さーいきますよー
二つ目の廃屋手前を上へ
矢印標識まであります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の廃屋手前を上へ
矢印標識まであります
麻布神社にお参り
この左を直登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麻布神社にお参り
この左を直登
用兵地平
ここからがきつい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
用兵地平
ここからがきつい
1
鳥居をくぐります
とにかく登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐります
とにかく登る
広い尾根を適当に歩くと
一般登山道に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い尾根を適当に歩くと
一般登山道に出ました
麻布山山頂三角点
しんどかったーcoldsweats01
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麻布山山頂三角点
しんどかったーcoldsweats01
3
この辺でダウンしたいですが
もうちょっと行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺でダウンしたいですが
もうちょっと行きます
1
戸中山で幕にします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸中山で幕にします
1
今日のお宿
快適です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお宿
快適です
5
夕暮れの深南部を
見渡せます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの深南部を
見渡せます
3
上河内岳(だと思う)
のアップ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳(だと思う)
のアップ
2
で、気持ちのいい朝です
(風の音は一晩中)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、気持ちのいい朝です
(風の音は一晩中)
1
原生林の尾根道
広くなったり狭くなったり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原生林の尾根道
広くなったり狭くなったり
1
前黒法師山
のんびりしてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前黒法師山
のんびりしてます
1
打越峠へ
モッタイナイ下り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
打越峠へ
モッタイナイ下り
花は少なくこの種類くらい
オウレンの仲間?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花は少なくこの種類くらい
オウレンの仲間?
笹の中をガンガン登って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の中をガンガン登って
1
バラ谷の頭到着!
富士山と黒法師岳lovely
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラ谷の頭到着!
富士山と黒法師岳lovely
4
黒法師から左へ丸盆岳
今回は行けません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒法師から左へ丸盆岳
今回は行けません
2
絶好のテン場です
昨日は一人だったらしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶好のテン場です
昨日は一人だったらしい
4
2000m最南端
こっちは風が強い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2000m最南端
こっちは風が強い
2
黒法師岳へ出発
水場は下ってすぐのところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒法師岳へ出発
水場は下ってすぐのところ
1
今回のメインピーク
黒法師岳へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のメインピーク
黒法師岳へ
2
急登を見上げる
笹を掴んで登る登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を見上げる
笹を掴んで登る登る
1
分岐に着きました!
前黒法師山が低く見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に着きました!
前黒法師山が低く見えます
2
池口岳から上河内岳まで
丸盆岳方面は眺め良さそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池口岳から上河内岳まで
丸盆岳方面は眺め良さそう
2
黒法師岳です
明るい雰囲気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒法師岳です
明るい雰囲気
お約束の✖三角点
ここで高度計を調整
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お約束の✖三角点
ここで高度計を調整
2
南東尾根へ笹薮を下ります
マーキングが頻繁に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東尾根へ笹薮を下ります
マーキングが頻繁に
振り返る黒法師岳
意外とこの辺わかりにくい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る黒法師岳
意外とこの辺わかりにくい
1
どこでも歩ける広い尾根
マーキングはありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこでも歩ける広い尾根
マーキングはありません
1
今日のお宿ヘリポート跡
前黒法師に影黒法師が映って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のお宿ヘリポート跡
前黒法師に影黒法師が映って
4
テン場から最後の眺め
右端もっこりは大根沢山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場から最後の眺め
右端もっこりは大根沢山?
1
朝焼けの黒法師岳
ありがとうございました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの黒法師岳
ありがとうございました
1
倒木の尾根を渡っていく
ラスボスの前黒法師岳へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木の尾根を渡っていく
ラスボスの前黒法師岳へ
前黒法師岳
静かです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前黒法師岳
静かです
2
アカヤシオが数本
咲いてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオが数本
咲いてました
林道終点の尾根下降点から
朝日山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点の尾根下降点から
朝日山
1
最後は強烈な下り
ヒルがいても休めない?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は強烈な下り
ヒルがいても休めない?
1
林道に出て終了
お疲れさまでした 8-)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出て終了
お疲れさまでした 8-)
1

感想/記録

連休ということでカネガネ計画していた深南部です。水窪の民宿がGWはお休みで、夜行バスで水窪に入りました。水窪ふれあいバスは平日運行しているということでオンデマンド予約(一人だけ)、スムーズに連絡しました。ほんとは街をゆっくり見たかったんですが。

さて灰の又でバスを下ろしてもらい、砂利運搬のダンプが行きかう道をダムへ登ります。さらにしばらく歩き、登山口の戸中橋へ到着、ヒル除けの準備をして出発です。昨日は雨でしたが天気が良く、出発も遅かったのでヒルは見ませんでした
橋を渡って右へ進み、二つ目の廃屋手前から尾根に取付きます。矢印標識やマーキングが適当にあり、踏み跡を追っていきます。麻布神社手前の740mあたりがやや道が崩れ判りにくいところがあります。南へ折り返すところなので、地図を頭に入れておく必要はあるでしょう。麻布神社、用兵地平、古鳥居を過ぎ、ずっと登りが続きます。ようやく勾配が緩くなり南西尾根と合流するあたり、踏み跡がばらけてよくわかりませんが、東へ進めば登山道に出るので適当にコバイケイソウの中を歩きました。麻布山でもうバテバテhappy02でしたが、眺めの良い戸中山まで行く事にしテン泊です。

翌日も天気は絶好、前黒法師山から打越峠と快適な尾根歩きです。基本尾根通しで、巻き道に見えるのは獣道です。巻いたあなたはケダモノ
戸中川林道が崩壊通行止めで、翌日を含めパラ谷の頭まで会ったのは県民の森手前から歩いて来た3組だけでした。適当にマーキングがあり、道に迷うこともありません。連続するきつい登りをこなすと、絶景のバラ谷の頭に到着です。すぐ近くの2000m最南端を往復し、誰もいない山頂でのんびり過ごしました。この後、寸又峡から周回する登山者に何人か会いました。
さて一旦下降、明日の分も水を汲んで黒法師岳へ向かいます。低い笹の中の獣道を適当に歩き、黒法師岳の強烈な登りに取付きます。休み休み登りやっとこさ眺めの良い丸盆山分岐に到着、黒法師岳✖印はすぐにありました。
しばらく休憩後、難関の下りに入ります。意外とマーキングがたくさんあり、尾根も踏み跡もはっきりしているので方向はわかります。1850mあたりで右に行くのですが、踏み跡を見失い適当に見定めて行くと、登ってくる人と3組会いました。この後は尾根伝いなので道は明瞭ですが、前黒法師岳までマーキングはほとんどありませんでした。ヘリポート跡に到着、ひろーいテン場に4組で、昨日と違い風の音もない満天の星空の夜でしたnight

3日目もいい天気、寸又峡へは先行者と前後しながら歩きます。全線ほとんど眺めはなくアカヤシオがたまに出てくるくらいですが、樹林帯を暑くもなく寒くもなく、荷が重くても快適な一般登山道の尾根歩きでした。最後は強烈な下りで、これだともしヒルがいても休憩できませんね。
寸又峡に出てから、大勢の観光客の中を歩き、 、増便されたバスで千頭の駅へ向かいました。
訪問者数:770人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ