また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1829609 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

新緑映える妙義山(中間道)20190504

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候薄曇り〜快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県立妙義公園駐車場(中之嶽・大國神社近く)に駐車、06時の到着時は広い駐車場に、GW中盤、天気予報は晴れ、なのに4台だけでした。
しかし、12時頃に帰着した時は、ほぼ満車状態になっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
1時間15分
合計
5時間45分
Sスタート地点06:2506:32第一石門06:41一本杉07:30道の駅みょうぎ07:3507:45妙義神社07:4708:06第一見晴08:1308:31第二見晴08:4809:11本読みの僧09:1210:24鷹戻し10:44第四石門10:4810:50天狗の評定11:1611:27第四石門11:44第二石門11:5011:55第一石門12:0112:03名勝石門群登山道12:0412:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
中之嶽神社近くの駐車場に駐車し、妙義神社までほとんどを車道で移動
コース状況/
危険箇所等
中間道ですから、普通に歩く分は全く、危険な箇所はありませんでした。
ただ、大砲岩の方へ立ち寄ったのち、石門群を全て巡りましたが、いずれも危険な箇所がありました。
大砲岩へのアプローチでは、高さ7〜8mくらいの鎖場があり、踏み外すと、底部で止まれば打撲・骨折程度ですが、底部をすり抜けて転落すると最悪、死亡事故になりかねない感じでした。
石門群では、第2石門で、東面は滑落しても打撲程度だと思いますが、西面での滑落は、途中でキャッチアップしてくれる底部がないので、そのまま落差約10mほど?の断崖を転落することとなり、厳しい結果になりそうです。
ただ、どちらも、上級者コースに比べると、気を付けて昇降すれば何の問題もなく、実際、小学生のお子さんや、60〜70歳くらいの方でも通ってらっしゃいました。
その他周辺情報県立森林公園の桜が、ソメイヨシノはもちろん終わっていましたが、いくつかは咲いていてきれいかったです。
中之嶽神社の御朱印に、5月末までの限定で「令和」バージョンがありました。

写真

午前6時の中乃嶽神社近くの県営駐車場(無料)は、ガラガラでした。
2019年05月04日 06:26撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前6時の中乃嶽神社近くの県営駐車場(無料)は、ガラガラでした。
石門群入り口です。私は、妙義神社側から登ったので、ここが最終ポイントになりました。
2019年05月04日 06:34撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石門群入り口です。私は、妙義神社側から登ったので、ここが最終ポイントになりました。
桜がキレイに咲いていました。
2019年05月04日 06:36撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜がキレイに咲いていました。
中之嶽神社から妙義神社へのコースで、一本杉のところから入る、ショートカットコース
2019年05月04日 06:44撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中之嶽神社から妙義神社へのコースで、一本杉のところから入る、ショートカットコース
道の駅みょうぎは、午前8時前くらいで8割程度埋まっていました。
2019年05月04日 07:27撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅みょうぎは、午前8時前くらいで8割程度埋まっていました。
妙義神社入り口
2019年05月04日 07:41撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙義神社入り口
この階段、結構なモノでした。
2019年05月04日 07:47撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段、結構なモノでした。
ここから入山です。
初めは上級者コースも一緒です。
2019年05月04日 07:56撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入山です。
初めは上級者コースも一緒です。
ここで早々に、上級者コースと別れます。
2019年05月04日 08:07撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで早々に、上級者コースと別れます。
第1見晴台から
2019年05月04日 08:12撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1見晴台から
2
大黒の滝
2019年05月04日 08:18撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒の滝
ところどころに、ヤマツツジ
2019年05月04日 08:23撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころに、ヤマツツジ
第2見晴台から
景色に飲み込まれそうです。
2019年05月04日 08:36撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2見晴台から
景色に飲み込まれそうです。
崩落個所の迂回コースです。
鉄階段ではありません。
2019年05月04日 08:53撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落個所の迂回コースです。
鉄階段ではありません。
タルワキ沢
ここから登ると、上級者コースに入れます。
2019年05月04日 09:00撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タルワキ沢
ここから登ると、上級者コースに入れます。
本読みの僧
あやかりたいです。
2019年05月04日 09:12撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本読みの僧
あやかりたいです。
東屋で一休み。
2019年05月04日 09:31撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋で一休み。
これが、よく言われる鉄階段です。
長そうで、あっという間に終わりました。
2019年05月04日 10:11撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが、よく言われる鉄階段です。
長そうで、あっという間に終わりました。
狭く低い通路
Tシャツで高さ規模の計算
2019年05月04日 10:16撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭く低い通路
Tシャツで高さ規模の計算
大砲岩へのアプローチ
2019年05月04日 11:00撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大砲岩へのアプローチ
1
大砲岩横の、天狗のひょうていしょ
2019年05月04日 11:03撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大砲岩横の、天狗のひょうていしょ
1
天狗のひょうていしょから、大砲岩を臨む
2019年05月04日 11:03撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗のひょうていしょから、大砲岩を臨む
1
第4石門
2019年05月04日 11:24撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第4石門
たてはり。
足の滑らせると・・・
2019年05月04日 11:46撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たてはり。
足の滑らせると・・・
第1石門を越えて一安心
2019年05月04日 11:59撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1石門を越えて一安心
1
駐車場は、ほぼ満車
2019年05月04日 12:09撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は、ほぼ満車
限定版、御朱印帳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
限定版、御朱印帳
桜がきれいに見れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜がきれいに見れます。

感想/記録

妙義山と言っても、中間道しか行けません。
いつかは相馬岳を経由する、上級者コースに行きたいですが……
第一と第二の見晴台からの眺望は、遠く秩父山系や、荒船山などが見えて素晴らしいです。
岩のトンネルを抜けたり、断崖に沿って設置された鉄階段を登ったり、と、それなりのスリルもあったりして。
大砲岩横の天狗の評定からの眺望も、背後の山を除くと視界が開けていて遠くまで。
石門群は全て巡りましたが、それぞれ、大きさや形状も違い、どれも、どうやって出来たの?と思う不思議がありました。
下山後、中之嶽神社にお詣りしましたが、果てしなく続く階段には参りました。御朱印は、中之嶽神社と大國神社がセット見開きにしてもらえます。また、5月末までは令和バージョンも。つい3つのものを頂きました。

初心者にとっては、楽しいハイクでした。
県立さくらの里では、さくらの里の駐車場付近の桜がキレイに咲いていました。
また来たいですね。

帰りは関越道の渋滞予報を避けて、妙義山から南下して国道299号経由で秩父へ抜けましたが、途中、豪雨に見舞われました。秩父市街は大渋滞で、特に中心部の交差点は飯能にぬける国道299号への合流に車が集中していたので、大むらさんで、わらじかつを頂いて帰りました。
訪問者数:80人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ