また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1829657 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

春雷と花の陣馬山

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ→曇り→雷雨
アクセス
利用交通機関
電車
往路:新宿→高尾(京王線)→藤野(中央線)
復路:相模湖→高尾→東京(中央線)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特段の危険箇所は無し。明王峠から与瀬神社へ下るコースは一部登山道が荒れて土砂が流れている部分があるので少し歩行に注意。
その他周辺情報相模湖のかどや食堂にて食事。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

いよいよ新緑が眩しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ新緑が眩しい。
暑いくらいの陽射しにトカゲも日向ぼっこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いくらいの陽射しにトカゲも日向ぼっこ。
今日は一ノ尾根を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は一ノ尾根を登る。
ヤマツツジが見頃。新緑に朱が映えて素敵。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジが見頃。新緑に朱が映えて素敵。
1
シュンランの花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュンランの花。
1
花の上にはササキリ?の赤ちゃん。「ん?何か用ですか?」という感じの瞳で見詰めてくる。可愛い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の上にはササキリ?の赤ちゃん。「ん?何か用ですか?」という感じの瞳で見詰めてくる。可愛い。
登山道の主役はチゴユリ。今が盛りで、小さな白い花が目を引く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の主役はチゴユリ。今が盛りで、小さな白い花が目を引く。
思わず足を止めて撮ってしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思わず足を止めて撮ってしまう。
こちらは二輪咲き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは二輪咲き。
1
点々を白く星を撒いたように群生している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
点々を白く星を撒いたように群生している。
すっかり緑が戻って来た一ノ尾根。やはりこの季節は良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり緑が戻って来た一ノ尾根。やはりこの季節は良い。
一ノ尾テラスを越えたあたりからはジュウニヒトエもお出迎え。道標のように数メートルおきに咲いて導いてくれる感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ尾テラスを越えたあたりからはジュウニヒトエもお出迎え。道標のように数メートルおきに咲いて導いてくれる感じ。
スミレ各種もまだまだ元気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレ各種もまだまだ元気。
緑のトンネルを抜けると山頂への最後の登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑のトンネルを抜けると山頂への最後の登り。
シコクスミレ、かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコクスミレ、かな。
イカリソウ。今年初めて間近で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イカリソウ。今年初めて間近で。
1
山頂着。相変わらずの賑わい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着。相変わらずの賑わい。
久しぶりに信玄茶屋の珈琲を楽しむ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに信玄茶屋の珈琲を楽しむ。
草原にしばし寝転んで日向ぼっこを決め込むも、空は西から急速にご機嫌斜めに…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原にしばし寝転んで日向ぼっこを決め込むも、空は西から急速にご機嫌斜めに…。
2
短く刈られた下草はこれから伸びるところで、ヨモギの株を眺めたら今年初のナナホシテントウが。カメラを向けると嫌がって、さっさと飛んで行ってしまった(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短く刈られた下草はこれから伸びるところで、ヨモギの株を眺めたら今年初のナナホシテントウが。カメラを向けると嫌がって、さっさと飛んで行ってしまった(笑)。
のんびりし過ぎたので早々に下りるべ、と明王峠を目指す。肩寄せ合って咲くヒトリシズカ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびりし過ぎたので早々に下りるべ、と明王峠を目指す。肩寄せ合って咲くヒトリシズカ。
ホウチャクソウか、ワニグチソウか。チゴユリと入れ替わりの花たちも次第に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホウチャクソウか、ワニグチソウか。チゴユリと入れ替わりの花たちも次第に。
明王峠からグッと下って林道に出るあたりには毎年ホタルカズラが出る。あの濃紺に近い青さが写真では出ない…。可愛い花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王峠からグッと下って林道に出るあたりには毎年ホタルカズラが出る。あの濃紺に近い青さが写真では出ない…。可愛い花。
1
与瀬神社コースは途中、イカリソウがとても多い。皆それぞれ好きな斜面や道脇があるんだなと微笑ましい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
与瀬神社コースは途中、イカリソウがとても多い。皆それぞれ好きな斜面や道脇があるんだなと微笑ましい。
花をつけたホウチャクソウ。今年初。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花をつけたホウチャクソウ。今年初。
1
雷雲と追いかけっこで小走りに進みながら見た最後のジュウニヒトエ。今日見た株の中では一番立派だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷雲と追いかけっこで小走りに進みながら見た最後のジュウニヒトエ。今日見た株の中では一番立派だった。
1
与瀬まであと1.3キロくらいの地点でとうとう雹交じりの猛烈な雷雨に取っ捕まる…。もう写真どころではなく這う這うの体でひたすら下り、セブンイレブンでヤレヤレと一息。切れ端を山肌に残して雷雲達は東へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
与瀬まであと1.3キロくらいの地点でとうとう雹交じりの猛烈な雷雨に取っ捕まる…。もう写真どころではなく這う這うの体でひたすら下り、セブンイレブンでヤレヤレと一息。切れ端を山肌に残して雷雲達は東へ。
2
かどや食堂にてブルーベリープリンパフェ。ここも毎度、何をいただいても美味しい。疲れた体に沁みた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かどや食堂にてブルーベリープリンパフェ。ここも毎度、何をいただいても美味しい。疲れた体に沁みた。
1

感想/記録
by roatsu

令和初の登山は近場の陣馬山へ。まだ連休中だし少しのんびり行こうといつもの早朝ではなく9時前くらいに藤野へ着くように出発。思えばこれが後々あだとなった気が…。スタート時は申し分のない好天だったけれど空には終始水気が多く、山頂でくつろいでいる見る見るうちに山梨・奥多摩方向から不穏な雲が。当初の予定どおりに相模湖へ下山にかかるも南郷山付近ではっきり雷鳴が聞こえ始め、その後は雷雲と追いかけっこに。最後は追い付かれ、猛烈な雹と風雨をお見舞いされる。久しぶりに山の荒天の洗礼を受けてしまった。だいぶ高度を下げていたとはいえ、稲光もぴかぴかする中を歩くのは気分のいいものではなく、やはり早く行って早く帰るが鉄則だなーと感じた次第。陣馬山は地味な登山道だけれど春の花は多く、今日はスミレ各種、セリバヒエンソウ、チゴユリ(最多)、シュンラン、ジュウニヒトエ、ヤマブキソウ、ミツバツチグリ、ツルカノコソウ、イカリソウ、ホウチャクソウ、アマドコロ(花はまだなし)、ヒトリシズカ、ホタルカズラ、山躑躅、クサボケなどなど多くの花々と出会えた。近場ではだんだんと花も落ち着いてくるので、今度はこれから春が訪れる山に行ってみたいと思う。
訪問者数:115人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ