また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1831802 全員に公開 ハイキング丹沢

檜洞丸と蛭ヶ岳 檜洞北尾根と源蔵尾根で

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神ノ川日陰沢橋付近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
檜洞北尾根、源蔵尾根共、詳細図に載っているマイナールート。主稜から源蔵尾根取付点以外、どちらのルートも道標等はありません。所々テープはあります。経験の浅い人の単独行動は止めましょう。
檜洞北尾根は、下半分の造林地帯は踏み跡がありますが、途中のブナの美林に入ると踏み跡は分かり難くなります。特に落ち葉が積もっているとわかりにくい。主稜に近づいて斜度が急になった辺りも道が分かりにくくなっていますが、ひたすら上を目指して登りました。一番上の方は鹿柵で歩く所は制限されています。下りで使う時は鹿柵を左端に行って下りると良いと思います。
源蔵尾根も同様で、取付からしばらくは崖の上部を歩きますが踏み跡は明瞭、しかし中間のトラバース地帯は落ち葉で大変分かりにくくなっていました。注意するべき箇所は、下り始めて間もなく、標高1270m地点で真っすぐ方向の尾根に入らず右に行く事、1240m地点で1244mのピーク方向の左の尾根に行く事、その1244mのピークの下り、1230mくらいで左方向のトラバース道に入る事です。このトラバース道に倒木があり、歩き難くなっています。檜洞北尾根同様、下半分は造林地帯で、ここまで来るとはっきりした踏み跡がありました。

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 サブザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 サングラス タオル

写真

朝の神ノ川林道から見える大室山。でかい山です。
2019年05月05日 05:52撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の神ノ川林道から見える大室山。でかい山です。
2
今日は滝の水量も多めでした。
2019年05月05日 05:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は滝の水量も多めでした。
3
檜洞北尾根は、始めは川の左岸を行きますが、この枯れたガラガラの沢に沿ってにジグザグに上って行きます。
2019年05月05日 06:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞北尾根は、始めは川の左岸を行きますが、この枯れたガラガラの沢に沿ってにジグザグに上って行きます。
1
ドラム缶広場で一服。ここまではかなり明瞭な踏み跡あり。
2019年05月05日 07:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドラム缶広場で一服。ここまではかなり明瞭な踏み跡あり。
3
広場の先で綺麗なブナの自然林になります。傾斜も緩み、快適な登りです。
2019年05月05日 07:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場の先で綺麗なブナの自然林になります。傾斜も緩み、快適な登りです。
5
振り返って袖平山を望みます。
2019年05月05日 07:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って袖平山を望みます。
1
檜洞の一番上のベンチの所に飛び出しました。
2019年05月05日 08:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞の一番上のベンチの所に飛び出しました。
3
今日も富士山こんにちは。檜洞は木に囲まれて眺望は無いけれど、木の間越しに見える富士山は見事。
2019年05月05日 08:34撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も富士山こんにちは。檜洞は木に囲まれて眺望は無いけれど、木の間越しに見える富士山は見事。
8
富士と反対側を望むと蛭ヶ岳が。さあ行きますよ。
2019年05月05日 08:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士と反対側を望むと蛭ヶ岳が。さあ行きますよ。
2
臼ヶ岳付近では蛭を含めた主脈稜線が南アルプスみたいにドドーン。
2019年05月05日 09:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼ヶ岳付近では蛭を含めた主脈稜線が南アルプスみたいにドドーン。
9
熊木沢方面の眺望。彼方には相模湾と真鶴岬。
2019年05月05日 10:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊木沢方面の眺望。彼方には相模湾と真鶴岬。
5
振り返って檜洞丸と富士。南アルプスは見えていたけど写真には写らず。
2019年05月05日 10:32撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って檜洞丸と富士。南アルプスは見えていたけど写真には写らず。
5
蛭ヶ岳に到着。
2019年05月05日 10:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳に到着。
2
今日も蛭の富士が楽しめました。
2019年05月05日 10:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も蛭の富士が楽しめました。
10
そして勿論蛭カレー。今日は次々と注文が入り、飛ぶ様に売れてました。
2019年05月05日 10:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして勿論蛭カレー。今日は次々と注文が入り、飛ぶ様に売れてました。
9
再び主稜を檜洞丸方向に戻ります。
2019年05月05日 11:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び主稜を檜洞丸方向に戻ります。
5
満開のマメザクラと盛りを過ぎた馬酔木の花。
2019年05月05日 12:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のマメザクラと盛りを過ぎた馬酔木の花。
1
北岳じゃないよ、蛭ヶ岳です。
2019年05月05日 12:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳じゃないよ、蛭ヶ岳です。
7
再びニセ南アルプス。
2019年05月05日 12:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びニセ南アルプス。
4
帰りはここから源蔵尾根を下ります。道標はこれ一か所のみ。
2019年05月05日 13:05撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはここから源蔵尾根を下ります。道標はこれ一か所のみ。
1
尾根の上の方は崩壊地の縁を歩きます。彼方に蛭ヶ岳。これで見納め。
2019年05月05日 13:10撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の上の方は崩壊地の縁を歩きます。彼方に蛭ヶ岳。これで見納め。
2
源蔵尾根の下りは歩きやすく退屈もしません。最後に河原にでてさっぱりします。飛び石渡渉で渡れます。
2019年05月05日 14:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源蔵尾根の下りは歩きやすく退屈もしません。最後に河原にでてさっぱりします。飛び石渡渉で渡れます。
3

感想/記録

一昨日に続き再び檜洞丸と蛭ヶ岳。今日も快晴の中、富士山を楽しめました。蛭ヶ岳山頂や主脈は沢山の人、それに比べ主稜は大分静か、さらに檜洞北尾根や源蔵尾根では誰にも会わず、静かな新緑の山を楽しめました。
訪問者数:354人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/11/12
投稿数: 56
2019/5/5 18:22
 今日で良かった❗
一日置いての山行、ご苦労様です。脚の疲れは大丈夫でしたか?
今週は当分晴天予想ですから隔日登山ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ