また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1832118 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

GW立山(奥大日岳〜雄山)

日程 2019年05月03日(金) 〜 2019年05月04日(土)
メンバー
天候2日間晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間30分
休憩
1時間10分
合計
5時間40分
Sスタート地点08:4808:56みくりが池09:00みくりが池温泉09:12雷鳥荘09:21雷鳥沢キャンプ場10:2510:45浄土橋11:09新室堂乗越11:1011:21室堂乗越11:2212:002511mピーク12:06カガミ谷乗越12:31奥大日岳12:41奥大日岳三角点12:4313:01奥大日岳13:15カガミ谷乗越13:222511mピーク13:2313:46室堂乗越14:03新室堂乗越14:0414:23浄土橋14:28雷鳥沢キャンプ場
2日目
山行
5時間7分
休憩
1時間16分
合計
6時間23分
雷鳥沢キャンプ場05:4406:52一の越山荘06:5608:11雄山08:1209:00一の越山荘09:0109:38雷鳥沢キャンプ場10:4711:11雷鳥荘11:1211:48みくりが池温泉11:51みくりが池12:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雄山は一ノ越を過ぎてから、雪とガレ場で歩きにくい。
早朝はいいが9時頃には雪が腐ってきます。

写真

扇沢5時40分ぐらいに並びましたが、6時半の始発には乗れず7時の臨時便に乗れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢5時40分ぐらいに並びましたが、6時半の始発には乗れず7時の臨時便に乗れました。
1
黒部ダム、放水は6月から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部ダム、放水は6月から
大観峰ロープウェイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大観峰ロープウェイ
1
室堂到着。いやー最高の景色です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂到着。いやー最高の景色です。
みくりが池、まだ雪に覆われてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みくりが池、まだ雪に覆われてます。
お世話になるテン場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になるテン場。
1
本日の寝床。これから奥大日岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の寝床。これから奥大日岳へ。
1
奥大日岳へ向かう途中からの雄山テン場方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳へ向かう途中からの雄山テン場方面。
1
奥大日岳までは、結構あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳までは、結構あります。
雪の大谷がよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の大谷がよく見えます。
1
奥大日岳、到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳、到着。
2
山頂方面からの雪庇がきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面からの雪庇がきれい。
1
雄大な山々と稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大な山々と稜線。
1
雪の大谷を少し拡大目で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の大谷を少し拡大目で。
剣岳は顔を出しそうで、出してくれませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣岳は顔を出しそうで、出してくれませんでした。
危なくはありませんが、結構な斜面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危なくはありませんが、結構な斜面です。
天候がと思いましたが、問題なかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候がと思いましたが、問題なかった。
そろそろ日が沈む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ日が沈む
1
光の影響で、雪崩とBCのシュプールの跡がよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光の影響で、雪崩とBCのシュプールの跡がよく見えます。
1
BCの方達が山小屋へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
BCの方達が山小屋へ
早朝テント内からの写。カメラのレンズに水滴が付いてこんな画像に。テント内も氷点下。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝テント内からの写。カメラのレンズに水滴が付いてこんな画像に。テント内も氷点下。
朝日を浴びる、奥大日岳山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる、奥大日岳山頂
2
これから向かう雄山。早朝はアイゼンが良く効きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう雄山。早朝はアイゼンが良く効きます。
朝一で雷鳥さん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝一で雷鳥さん。
1
一ノ越までの、ひたすら登りが堪える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ越までの、ひたすら登りが堪える。
振り返ると、奥大日岳が凄くかっこいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、奥大日岳が凄くかっこいい。
1
写真では全く伝わらないが、結構な急斜面。一ノ越から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では全く伝わらないが、結構な急斜面。一ノ越から。
ここからはガレ場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはガレ場
急斜面を登り終えて振り返り、写真では伝わらないな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を登り終えて振り返り、写真では伝わらないな。
今回会った雷鳥で、一番近くで撮れた雷鳥さん。隣を普通に通してくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回会った雷鳥で、一番近くで撮れた雷鳥さん。隣を普通に通してくれました。
1
アイゼンつけるか迷いましたが、ガレ場から最後までつぼ足でいけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンつけるか迷いましたが、ガレ場から最後までつぼ足でいけました。
神聖なる場所に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神聖なる場所に到着
鳥居もこんな雪の中に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居もこんな雪の中に。
1
雄山にてお参りし下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山にてお参りし下山開始。
テン場がよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場がよく見えます。
こんな高い所に祠があります。帰りに御礼をして下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな高い所に祠があります。帰りに御礼をして下山。
たくさんの方達が登ってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんの方達が登ってきます。
続々と登山者の方達が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続々と登山者の方達が。
浄土山へ向かうと思われるBCの方々、かっこいいね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土山へ向かうと思われるBCの方々、かっこいいね。
急斜面の下りも結構脚にきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面の下りも結構脚にきます。
思い荷物を持って、ここまで登るのが大変。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思い荷物を持って、ここまで登るのが大変。
1
遭難者と思われるが、大汝山中腹でヘリがホバリング中。翌日ネット検索したが、特に載っていなかったので大丈夫だったと思われます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遭難者と思われるが、大汝山中腹でヘリがホバリング中。翌日ネット検索したが、特に載っていなかったので大丈夫だったと思われます
道迷って、雪の壁へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道迷って、雪の壁へ。
1

感想/記録

天気と相談しながら、5月3〜4日に立山へ。大夫、天気予報も変更になりましたが、待った甲斐がありました。

2日の夜に扇沢駐車場に到着し、駐車場から見る空は星を埋め尽くさんばかりの星空。明日の天気を確信して寝袋へ。

初日はテン場から奥大日岳ピストン。トレースもばっちりあって問題なし。ただ、どうしてもスタートが遅いので、雪は腐って歩きにくい。春山のテント泊は初めての経験で、ISUKAのシェラフ630を新調。しかし氷点下では寒かった。ボトルの水は凍るし、アイゼンの紐は凍っているし、テント内の表面も凍っているし、良い経験になりました。

2日目は雄山のピストン。凍ったアイゼンの紐は、バーナーで溶かしました。
一ノ越から先は、直ぐ頂上に見えていたが、コースタイム通りでした。こんな急斜面だったかなと思い下山するのに少し恐怖を感じたが、下山時はそれほどでもなかった。何だったのだろうか。何より春の雄山にお参りできた事に感謝。
訪問者数:162人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ