また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1833212 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

【平ヶ岳】遥かなるすてきな山

日程 2019年05月03日(金) 〜 2019年05月05日(日)
メンバー
天候5月3日:晴れ☀後時々曇り〜夕方にかけて風強し。
5月4日:晴れ☀
5月5日:晴れ☀
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
・道の駅白沢にて前泊。

・戸倉の第一駐車場に車をとめて、そこから乗り合いタクシーを利用。駐車料金は一日¥1000です。鳩待峠までバス、乗り合いタクシーとも片道¥980です。

・乗り合いタクシーの営業時間は、戸倉からの上り便は 7:50〜15:45とありましたが、ゴールデンウィークの時期は日の出前から動いているみたいでした。

・乗り合いタクシーは定時運行ではなく、乗客が7名以上集まった時点で随時出発します。

・バス、タクシーとも、鳩待峠からの下り最終は16:30なので注意。

・尾瀬観光タクシー

http://www.oze.gr.jp/~taxi/plan1.html

・関越交通

https://kan-etsu.net/smarts/index/43/
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間23分
休憩
16分
合計
7時間39分
S鳩待峠05:1005:48至仏山方面に間違って進み、引き返す。鳩待峠より再スタート06:53山ノ鼻07:0008:37柳平11:36大白沢山のコル11:4511:58ジャクションピーク12:49標高1790男覬鎮
2日目
山行
6時間40分
休憩
1時間54分
合計
8時間34分
標高1790男覬鎮04:1505:00白沢山06:21平ヶ岳07:2008:15白沢山08:2508:50標高1790男覬鎮呂妊謄鵐氾閏09:3510:17標高1920奪圈璽10:29ジャクションピーク12:49標高1530男覬鎮
3日目
山行
2時間41分
休憩
13分
合計
2時間54分
標高1530男覬鎮04:4504:55柳平05:42山ノ鼻05:5507:39鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・山ノ鼻から平ヶ岳までは、道のないコースです。雪の多寡、状態、トレースの有無により大きく時間が左右されます。

・コースタイムには反映されていませんが、一時間につき、五分ほど休憩を挟みます。

・もともと、歩くのはかなり遅いほうです。
コース状況/
危険箇所等
【危険箇所】危険箇所はありませんが、柳平からジャンクションピークまでは地形が複雑で迷いやすい。

・鳩待峠から山ノ鼻までは登山道あり。で、油断して地図を見なかったために、初っぱなから至仏山方面に向かう道へ間違えて進む。

・柳平からジャンクションピークまでは地形が複雑で、ルートファイングが難しい。初見の僕はかなり緊張を強いられました。

・柳平から猫又川が左俣、右股と別れ、その二つの沢に挟まれた小さな尾根に取りつきます。

・ややこしいのは、この尾根がやがてなくなり、その先は小さな台地になったり、二重山稜の底みたいなところを歩かされたりで、1/25000地図では追いきれない。結局は大白沢山の岩壁を右手に仰ぎつつ、トラバースするように横切りながら大白沢山とジャクションピークのコルで稜線に出る。

・コルから先、平ヶ岳までは迷うことのない尾根道が続きます。ただ、尾根が広い分、視界が悪いときは注意が必要かも。

・ジャクションピークから白沢山まで、広い尾根上に幕営適地多数。白沢山を越えると森林限界を越えるので、遮るものがなくなり悪天時は不向き。

・白沢山からの下りで一ヵ所背庇が割れてクラックになっている場所があり、樹林帯に迂回を強いられる。

・それ以外は、概ね快適な尾根歩きで、遠いように見えて意外に時間はかかりませんでした。
その他周辺情報・帰り道、南郷しゃくなげの湯によりました。こじんまりとした山間の村のいいお湯でした。3時間¥560なり。源泉掛け流しです。

http://syakunage.jp/smarts/index/1/

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ワカン ザック アイゼン テント フライシート ダウンシュラフ コンロ ホワイトガソリン コッヘル 食料 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 ゴーグル 目だし帽 タオル カメラ
備考 ・アイゼンは持参しましたが、使う場面はありませんでした。

・ワカン大活躍。道のない山には必須のアイテムです。

・冬用外張りのかわりにフライシートを使用。

・シュラフカバーは省略しました。

写真

朝の鳩待峠の駐車場。この時点ですでに満車でした。
2019年05月03日 05:15撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の鳩待峠の駐車場。この時点ですでに満車でした。
山ノ鼻の至仏山荘です。まだ雪に埋まっています。
2019年05月03日 07:14撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ鼻の至仏山荘です。まだ雪に埋まっています。
こちらはテント場。最近は誰もいない山中でテント泊していますが、たまにはこんな小屋のそばで泊まるのもいいかも。
2019年05月03日 07:14撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはテント場。最近は誰もいない山中でテント泊していますが、たまにはこんな小屋のそばで泊まるのもいいかも。
柳平はブナの木が点在する素敵な場所でした。
2019年05月03日 08:25撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柳平はブナの木が点在する素敵な場所でした。
左股と右股に挟まれた、狭い尾根に取りつきます。ここから先は踏み跡が薄い…。
2019年05月03日 08:45撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左股と右股に挟まれた、狭い尾根に取りつきます。ここから先は踏み跡が薄い…。
ジャンクションピークまで登ると、やっと平ヶ岳の勇姿が拝めます。
2019年05月03日 12:40撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションピークまで登ると、やっと平ヶ岳の勇姿が拝めます。
1
やっとやっと、遥かなる平ガ岳に到着です。
2019年05月04日 06:41撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとやっと、遥かなる平ガ岳に到着です。
1
平ヶ岳から眺める燧ヶ岳です。この角度からはなんだか新鮮。
2019年05月04日 07:01撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳から眺める燧ヶ岳です。この角度からはなんだか新鮮。
さらには越後三山。こんなに近くで見たことない。
2019年05月04日 07:06撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらには越後三山。こんなに近くで見たことない。
2
嬉しくてズームアップ。
2019年05月04日 07:08撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嬉しくてズームアップ。
振り返る平ヶ岳。本当に大きな山でした。
2019年05月04日 07:56撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る平ヶ岳。本当に大きな山でした。
白沢山より平ヶ岳です。威風堂々、実にいい姿です。
2019年05月04日 08:32撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白沢山より平ヶ岳です。威風堂々、実にいい姿です。
1
忘れないように、取りつきの尾根を記録しておく。
2019年05月05日 05:02撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忘れないように、取りつきの尾根を記録しておく。
このスノーブリッジがあるうちが登山シーズンかも?
2019年05月05日 05:02撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このスノーブリッジがあるうちが登山シーズンかも?
沼田にある蕎麦屋いけださんでそばにいただきました。おいしかったです。天そば¥1500。
2019年05月05日 11:34撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼田にある蕎麦屋いけださんでそばにいただきました。おいしかったです。天そば¥1500。

感想/記録

やって来ましたゴールデンウィーク。皆さんはどう過ごされましたか?

一年の総決算というべき山旅に、平ヶ岳に登ってきました。それも尾瀬から。当然登山道なんて高級なものはなく、残雪期のみにたどれるルートです。

とにかく難しかったのは、ルートどり。特に柳平からジャクションピークは地形が複雑で、トレースもない。

正確には、スキーのトレースの痕跡があるにはあったのですが、古い上にどこに連れていかれるかわからないのであてにはできない。

本当に緊張しました。

たどり着いた平ヶ岳は本当にすてきな山でしたが、むしろ一番嬉しかったのは、三日ぶりにお風呂に入り垢を流せたこと。

つくづく生きててよかったと思うと同時に、毎日お風呂に入れることがどんなに贅沢なことか、しみじみと思い知らされました。

訪問者数:105人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ