また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1833648 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

雷雨の檜洞丸

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇りのち雷雨(雹と土砂降り)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
原付で西丹沢ビジターセンター駐輪場に駐車。檜洞を周回。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1時間10分
合計
6時間40分
S西丹沢ビジターセンター08:5009:00ツツジ新道入口09:10用木沢出合10:30犬越路10:4011:00東沢ノ丸11:10小笄11:5012:30大笄12:40熊笹ノ峰12:5013:10檜洞丸13:2013:40ツツジ新道・石棚山稜分岐14:10展望台14:40ゴーラ沢出合14:40ツツジ新道入口15:20西丹沢ビジターセンター15:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良く整備されて良い道です。

写真

ビジター前のイロハモミジ新緑
2019年05月04日 08:45撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジター前のイロハモミジ新緑
1
西丹沢
2019年05月04日 08:47撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢
用木沢出合から
2019年05月04日 09:19撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
用木沢出合から
ハタザオ
2019年05月04日 09:31撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハタザオ
2
ブナの芽生え
2019年05月04日 09:57撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの芽生え
1
マルバスミレ
2019年05月04日 10:19撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバスミレ
3
タチツボスミレ
2019年05月04日 10:26撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ
2
アカネスミレ
2019年05月04日 10:27撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカネスミレ
2
崩壊地の横を通過
2019年05月04日 10:41撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地の横を通過
タチツボスミレ
2019年05月04日 10:51撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ
エイザンスミレ
2019年05月04日 10:57撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレ
2
ワチガイソウ
2019年05月04日 11:03撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワチガイソウ
3
コイワザクラ
2019年05月04日 11:14撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
4
コイワザクラ
奇跡的に陽が差した瞬間を撮った。
2019年05月04日 11:15撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
奇跡的に陽が差した瞬間を撮った。
3
コイワザクラ
あとはどんより雲がかぶって陽が差すことはなかった。
2019年05月04日 11:19撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
あとはどんより雲がかぶって陽が差すことはなかった。
4
コイワザクラ
2019年05月04日 11:21撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
3
コイワザクラ
岩場にしがみつく様に群生
2019年05月04日 11:22撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
岩場にしがみつく様に群生
3
コイワザクラ
2019年05月04日 11:24撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
1
コイワザクラ
2019年05月04日 11:25撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
1
コイワザクラ
2019年05月04日 11:26撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
4
コイワザクラ
2019年05月04日 11:27撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
1
コイワザクラ
2019年05月04日 11:28撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
1
コイワザクラ
2019年05月04日 11:29撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
1
コイワザクラ
2019年05月04日 11:37撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
2
コイワザクラ
2019年05月04日 11:42撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
1
オオカメノキ
2019年05月04日 11:49撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
1
檜洞丸が見えてきた!上空真っ黒な雨雲!
この後しばらくして雹交じりの雨が降り出す。
2019年05月04日 12:24撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸が見えてきた!上空真っ黒な雨雲!
この後しばらくして雹交じりの雨が降り出す。
1
シコクスミレ
2019年05月04日 12:27撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコクスミレ
1
檜洞といえば、バイケイソウでしょ!
2019年05月04日 12:58撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞といえば、バイケイソウでしょ!
1
コイワザクラ
雨が降り出し、山頂を急ぐと、風雨に頑張ってるお花が目に入り、思わず撮ってしまった。
2019年05月04日 13:07撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
雨が降り出し、山頂を急ぐと、風雨に頑張ってるお花が目に入り、思わず撮ってしまった。
1
頂上まであとちょっと!
2019年05月04日 13:10撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まであとちょっと!
頂上が見えた!
2019年05月04日 13:14撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が見えた!
キクザキイチゲ(淡い紫系)
2019年05月04日 13:15撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲ(淡い紫系)
1
キクザキイチゲ(白系)
2019年05月04日 13:16撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲ(白系)
1
ミヤマネコノメソウ
2019年05月04日 13:17撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマネコノメソウ
2
頂上にてセルフで証拠写真
2019年05月04日 13:20撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上にてセルフで証拠写真
1
ピカ、ドドーンと雷鳴が響き、雹とともに土砂降りに!
2019年05月04日 13:26撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピカ、ドドーンと雷鳴が響き、雹とともに土砂降りに!
エイザンスミレとツルキンバイ
2019年05月04日 13:33撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エイザンスミレとツルキンバイ
1
バイケイソウと木道
2019年05月04日 13:38撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイケイソウと木道
1
ミツバツツジ
2019年05月04日 14:10撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ
1
ゴーラ沢出合、まだ雨が止まない!
2019年05月04日 14:43撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合、まだ雨が止まない!
大分下ってようやく、雨がぽつぽつになった。
2019年05月04日 15:04撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分下ってようやく、雨がぽつぽつになった。
雨に濡れた新緑も緑がまぶしい。
2019年05月04日 15:05撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨に濡れた新緑も緑がまぶしい。

感想/記録

 この時期コイワザクラの咲く檜洞丸は絶対行きたい場所のひとつ。今回は10連休とフリーの日が多くて、いっぱい山に行けた。昨日の金時山に続き、今日は檜洞丸に行くことに!しかし天気予報は数日前の晴れ予報から、午後は雷雨の予報に変わってしまった。後で知ったが鍋割山で雷に打たれる死亡事故が発生したとの事。ご冥福をお祈りいたします。ということで、すこし雷雨までのいきさつを書き記しておきます。 まず雨の降る前の午前中が勝負とよみ、いつもよりは早い時間に、自宅を出る事とした。それでも途中渋滞して、原付でもあまりスピードだせず、ビジター到着が大分遅れて8時半過ぎであった。いつもよりは気合を入れて、午前中は無理としても、1時ぐらいまでには檜洞丸まで行き着けるように、ピッチをあげて進む。
 朝のうちは雲ひとつ無い晴れていた空も、みるみる雲が増え、犬越路に着くころには、積雲が大量に発生、青空の半分以上は雲に変わっていた。これは本当に雷雨になりそうだなと予感。犬越路からは稜線歩きなので、稜線で雷雨になったらこわい。なんとか2時間半では山頂までたどりつき、1時過ぎにつつじ新道に入ってしまえば、多少雷雨がきても、すこしは安心だ。そんなプランを思い描きつつ、ここからも余り休まず歩みを続ける。
 小笄を過ぎ、大笄の急登を登りきったころから、ぽつぽつ雨が降り出す。12時をまわったころだった。そして時折雹まじりの強い雨がふりだしたのは大笄からすこし下り始めた頃。雨具ナシでは濡れてしまうので、しかたなくここで傘をだして、雨をしのぐ。神の川へ下る分岐点のベンチまで来て、すこし小ぶりになったので、ここですこしサンドイッチでエネルギ補給。しかしここで今日お初の雷鳴轟く!こわいこわい!しかしかなり遠くなので、ここまで来るにはまだ、間がありそうだ。なのでここから一気に檜洞まで踏ん張り、丁度雨も上がって、しばし傘無しで頂上までたどり着くことが出来た。1時過ぎに無事登頂。
 檜洞ではもう真っ黒な雲が近づき、ガスがどんどん上がってくる状態。遠くには巨大化した積乱雲が見て取れた。ここが雷雨にみまわれるのも時間の問題!ぐずぐずせずに、一目散につつじ新道へと急ぐ。そしてつつじ新道をゴーラ沢出合への半ばぐらいまで下ってきたところで、雹交じりの土砂降りになった。雷鳴轟き、にわかに空が暗くなって明らかに雷雲の真下に入ってしまったようだ。時折閃光とともにものすごい雷鳴が響き、稜線から抜けていた幸運をあらためて感じた。雨は結局ビジターセンタにもどるまで降り続き、結構な雨の中の久しぶりの登山となった。
 風もなく樹林帯の中だったので傘1本で雨をしのげたので、それほど濡れもせず、快適に歩くことはできた。こんな状況での傘は重宝します。

 目的のコイワザクラですが、ちょうど見頃のお花にあえてよかった。上部はまだ蕾のお花もたくさんあり、もうしばらくは楽しめそう。つつじ新道上部のミツバツツジやゴヨウツツジはまだ気配なく、これからなのでしょう。
訪問者数:178人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ