また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1833699 全員に公開 ハイキング奥武蔵

グミの滝を天目山林道登山口から往復して来ました

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間48分
休憩
5分
合計
2時間53分
Sグミの滝登山口12:4512:58パイプ橋13:41大きな沢の渡渉14:01グミの滝の沢を渡渉14:12一杯水・シャクナン尾根分岐14:1714:24グミの滝14:31一杯水・シャクナン尾根分岐14:36グミの滝の沢を渡渉14:53大きな沢の渡渉15:21パイプ橋15:38グミの滝登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
此のコースはバリコースです。ネットの書き込みを見るとコースは荒れているらしいので今迄、避けていましたが中ノ谷の帰りに道の様子を見に寄ってみたら、予想外に歩き易くグミの滝まで行く事が出来ました。

装備

個人装備 防寒着 雨具 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 時計 タオル カメラ

写真

天目山林道の仙元谷と書かれた道標からグミの滝に向かいます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山林道の仙元谷と書かれた道標からグミの滝に向かいます!
2
シゴー平への踏跡は完全に消滅です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シゴー平への踏跡は完全に消滅です!
1
パイプ橋が使えなかったら諦めて引き返すつもりでした。補助ロープのお陰で安心して渡れましたが、ロープが橋に対して平行でなくクロスしているので、途中で持ち手を替えるのが大変でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パイプ橋が使えなかったら諦めて引き返すつもりでした。補助ロープのお陰で安心して渡れましたが、ロープが橋に対して平行でなくクロスしているので、途中で持ち手を替えるのが大変でした!
2
此の水平道には道が崩れている処が何箇所も有ります。 滑ると沢床まで落下 (50m程)するので、山側に突き刺すストック等が有ると安心して通過出来ます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此の水平道には道が崩れている処が何箇所も有ります。 滑ると沢床まで落下 (50m程)するので、山側に突き刺すストック等が有ると安心して通過出来ます!
2
奇妙な岩を過ぎると・・・(振り返って撮影)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇妙な岩を過ぎると・・・(振り返って撮影)
1
大きな沢を渡渉します!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな沢を渡渉します!
1
右は崩壊で通行不能なので左から高巻きして来ました。!(振り返って撮影)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右は崩壊で通行不能なので左から高巻きして来ました。!(振り返って撮影)
2
此の岩を過ぎると・・・(振り返って撮影)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此の岩を過ぎると・・・(振り返って撮影)
1
眼下に見える仙元谷二股を通過します!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に見える仙元谷二股を通過します!
1
此処で景色が変わりました。滑滝の沢で綺麗でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処で景色が変わりました。滑滝の沢で綺麗でした!
3
此処で水平道が難路に成りました。ヤバそうだが行ける処まで行ってみると・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処で水平道が難路に成りました。ヤバそうだが行ける処まで行ってみると・・・
2
何とか難所を通過出来ました!(振り返って撮影)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか難所を通過出来ました!(振り返って撮影)
2
グミの滝の沢を渡渉します。奥にワサビ田が有りました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グミの滝の沢を渡渉します。奥にワサビ田が有りました!
1
沢の対岸の岩は雨除けに使えるョ!(振り返って撮影)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の対岸の岩は雨除けに使えるョ!(振り返って撮影)
1
沢から右岸を下流に向かって登って行きます!(写真中央左に道が見えます)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢から右岸を下流に向かって登って行きます!(写真中央左に道が見えます)
1
ワサビ田跡には沢水が流れていないので山葵が完全に枯れていました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ田跡には沢水が流れていないので山葵が完全に枯れていました!
1
作業小屋跡の先には・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業小屋跡の先には・・・
グミの滝分岐の道標が有りました。右折して沢を渡渉すると一杯水・シャクナン尾根に行けます。今日は直進してグミの滝に向かいます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グミの滝分岐の道標が有りました。右折して沢を渡渉すると一杯水・シャクナン尾根に行けます。今日は直進してグミの滝に向かいます!
沢を渡渉すると!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡渉すると!
グミの滝の上部が見えました! (写真の上側の右)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グミの滝の上部が見えました! (写真の上側の右)
今日のグミの滝は見栄えがします!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のグミの滝は見栄えがします!
2
グミの滝口。雰囲気良いですね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グミの滝口。雰囲気良いですね!
3
グミの滝壺への落ち方も良いですね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グミの滝壺への落ち方も良いですね!
4
グミの滝分岐に戻って来ました。奥に見えるのは作業小屋跡です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グミの滝分岐に戻って来ました。奥に見えるのは作業小屋跡です!
1
往路を戻り、グミの滝入口に帰って来ました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路を戻り、グミの滝入口に帰って来ました!
3

感想/記録

グミの滝のコースは荒れているとの情報から、道は沢床近くに有るものと想像していましたが、実際は沢床から 50m程上の水平道でした。

歩き始めると予想に反して手入れのされた道でしたが、道が崩れて細くなった処が何箇所か有りました。山側にストック等の棒で安全を確保すれば問題無いレベルです。注意不足で足を滑らすと沢まで落ちるかもしれないので気を付けて下さい。

林業関係者が使っているのか、難所の手前までは大久保谷の作業小屋先の道よりも荒れていないと感じられました。

仙元谷の二俣を過ぎた先が、此のコース最大の難所です。道が崩れて滑りそうですが、歩いてみると足場はしっかりしていて慎重に通れば問題有りませんでした。

難所の先がグミの滝の沢で上流にワサビ田が見えます。此処で踏跡が不明瞭になりますが、よく見ると右岸を下流に向い、Uターンしてワサビ田に行く踏跡が有りました。

午前中に中ノ谷から大クビレのコースにトライしましたが途中で断念し、帰路に道の様子を見るつもりで寄った方は、グミの滝まで行く事が出来て逆の結果になりました。
訪問者数:77人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ