また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1834290 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北穂高岳と蝶ヶ岳

日程 2019年05月03日(金) 〜 2019年05月05日(日)
メンバー
天候終始、晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
11時間38分
休憩
1時間53分
合計
13時間31分
Sスタート地点04:0204:19三股登山口04:2004:48ゴジラみたいな木04:5706:07まめうち平06:1009:57蝶ヶ岳09:5710:02蝶ヶ岳ヒュッテ10:3110:58蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)11:0913:08横尾 (横尾山荘)14:0114:20横尾岩小屋跡14:2015:11本谷橋15:1817:31涸沢17:3217:34涸沢小屋
2日目
山行
9時間32分
休憩
38分
合計
10時間10分
涸沢小屋07:3510:20北穂高岳(北峰)10:3010:33北穂高小屋10:3911:09北穂高岳(北峰)11:1612:45涸沢小屋12:4512:48涸沢12:4915:31涸沢ヒュッテ15:3116:21本谷橋16:3317:15横尾岩小屋跡17:1617:44横尾 (横尾山荘)
3日目
山行
7時間31分
休憩
1時間2分
合計
8時間33分
横尾 (横尾山荘)08:3212:33蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)12:5313:20蝶ヶ岳ヒュッテ13:5713:59蝶ヶ岳13:5915:41まめうち平15:4216:33ゴジラみたいな木16:3816:54三股登山口16:5417:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
残雪、標高低い箇所は少し夏道有り

写真

開始早々に登場
2019年05月03日 04:57撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開始早々に登場
何の為のロープなのか不明
2019年05月03日 07:35撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の為のロープなのか不明
蝶ヶ岳稜線付近
2019年05月03日 09:35撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳稜線付近
穂高連峰
2019年05月03日 10:31撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰
槍も見える
2019年05月03日 10:31撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍も見える
写真では見えにくいが雷鳥2羽がいた
2019年05月03日 10:45撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では見えにくいが雷鳥2羽がいた
涸沢までの道のり
2019年05月03日 14:06撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢までの道のり
ここからがクソ長い
2019年05月03日 16:59撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからがクソ長い
2日目の朝
2019年05月04日 05:00撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の朝
北穂までの道のり
2019年05月04日 07:43撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂までの道のり
奥穂を目指す人々
2019年05月04日 08:00撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂を目指す人々
ここで一服
2019年05月04日 08:49撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで一服
ゴールまで後少し
2019年05月04日 09:33撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールまで後少し
大キレット
2019年05月04日 10:24撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレット
立山?方面も見える
2019年05月04日 10:51撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山?方面も見える
涸沢から
2019年05月04日 15:31撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢から
お疲れさまでした
2019年05月05日 18:20撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした

感想/記録

昨年、同時期に強風予報で中止となった北穂高岳を目指す。
上高地からのルートは飽きたので別ルートを探し、蝶ヶ岳経由を選択。
これが全ての間違いであった。
テン泊装備を満載した子泣き爺を背負い、三股駐車場から出発。
休み明けから塔ノ岳に登ったぐらいでは体慣らしとならず、開始早々にガス欠。
登山道は、まめの平までは夏道メインでちょいちょい残雪が出てくる。
その先はアイゼン着用。
稜線近くまで、ずっと樹林帯なので景色は楽しめない。
稜線に出ると眼前に穂高連峰が登場。
一瞬、テンション上がるが体力を削がれているので、すぐに絶望感が漂う。
横尾までの下りは標高差こそ低いが勾配はキツイ印象。
本谷橋から先は本当に辛く、気が狂いそうになりながらも何とか涸沢に到着。
1日目は倒れずに寝床へついたが底冷えして、眠りは浅かった。
2日目は疲れが残っていたので、出発時間を遅らせながらも北穂高を目指す。
現地でダブルストックは不要と判断し、ピッケルだけ持っていったが正解だった。
かなりの斜度と気温で喉が乾く。
無事に登頂を果たした後、下山早々に足を滑らせ滑落しそうになるがピッケルを突き刺し、なんとか耐えきる。
途中、先行者のトレースを追いかけ、大きくコースから外れてしまったので、踏み跡が多い箇所をしっかり確認するべし。
後は同じ道を辿って、心身ともにズタボロになりながらも下山を果たし、下界で食い散らかしてから帰路につく。
訪問者数:140人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ