また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1834937 全員に公開 山滑走白山

白山・山頂から観光新道1400mまで滑走

日程 2019年05月06日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
31分
合計
5時間56分
S別当出合03:3404:04中飯場04:1404:54別当覗04:5705:25甚之助避難小屋07:05白山室堂07:0607:54白山08:0808:15白山室堂08:1708:19弥陀ヶ原・エコーライン分岐08:2008:22黒ボコ岩09:30別当出合G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
砂防新道は1600mからスキー歩行可能

写真

砂防新道は1600mあたりから雪が繋がった
2019年05月06日 04:57撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防新道は1600mあたりから雪が繋がった
1
1700m を超えると雪は多い
2019年05月06日 04:57撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1700m を超えると雪は多い
1
2000m甚之助小屋が見えてきた。まだ半分埋まっている
2019年05月06日 05:19撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2000m甚之助小屋が見えてきた。まだ半分埋まっている
2
別山は雲に隠れる
2019年05月06日 05:48撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山は雲に隠れる
3
甚之助から上は藪もない
2019年05月06日 05:48撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助から上は藪もない
1
エコーラインに出て南竜方面を見る
2019年05月06日 06:26撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインに出て南竜方面を見る
3
エコーラインからの別山
2019年05月06日 06:26撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインからの別山
4
弥陀ヶ原
2019年05月06日 06:40撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原
2
山頂はガスっぽい
2019年05月06日 07:56撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はガスっぽい
観光新道へ
2019年05月06日 08:26撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光新道へ
2
大斜面を落ちていく
2019年05月06日 08:26撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大斜面を落ちていく
1
滑走斜面を振り返る
2019年05月06日 08:28撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑走斜面を振り返る
別山を見て快適な滑走が続く
2019年05月06日 08:28撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山を見て快適な滑走が続く
1
崖の上の台地にどこから這い上がるか
2019年05月06日 08:36撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖の上の台地にどこから這い上がるか
1
下部は石ころも多くなる、落石にも注意
2019年05月06日 08:40撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部は石ころも多くなる、落石にも注意
石を避けながら滑っていく
2019年05月06日 08:40撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石を避けながら滑っていく
1
1550m辺りが台地に登り上げやすかった
2019年05月06日 08:43撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1550m辺りが台地に登り上げやすかった
1
登り上げた台地から滑った方向を振り返る
2019年05月06日 08:56撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り上げた台地から滑った方向を振り返る
台地を滑って林道に合流して後は別当出合へ
2019年05月06日 09:09撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台地を滑って林道に合流して後は別当出合へ
別当出合で自撮り
2019年05月06日 09:35撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当出合で自撮り
10
撮影機材:

感想/記録
by YSHR

昨日岩手山から下山後800km走って夜帰宅した。パクはさらに300km走って伊賀へ戻った。今回の遠征で走行距離は2000kmを超えていた。パクは今日から仕事僕は今日もう一日休みで午前中は天気が持ちそうなので白山へ行って5月のお参りを済ますことにした。

晩御飯を食べ数時間仮眠して深夜1時半に起床して白峰へ向かう。別当出合まで車が入れればもう白山はご近所さんである。厳冬期の辛かった林道歩きを思い出しながら車を走らせた。3時過ぎに到着して支度をしているとすでに歩き出す人もいた。

三時半過ぎ別当出合をスタート、この辺りもうすっかり雪は解けていた。板を担いでガシガシ石畳を登り途中で登山者をスルーした。中飯場にも雪はなかった。中飯場を過ぎた1600mあたりで雪は繋がり板で歩きだす。それにしてもGWの登山者の足跡やシュプールがおびただしくて砂防新道は荒れまくり、とても帰りに滑る気にならない。帰りは観光新道を滑ることにする。ようやく白んできたのでコースを熟慮しながら高度を上げる。

甚之助小屋には前泊者が数名いた。エコーラインの登り上げはカチカチなのでアイゼンとした。弥陀ヶ原に出ると白山は雲に隠れていた。風はなく穏やかな日だ。室堂には登山者が数名いた。室堂から上はハイマツがかなり出ていた。ただ南面からぐるりと巻けば山頂まで雪は繋がっていた。南面は吹き溜まりになるので雪は多かった。雪を繋いで高天原へ行きここで板を担いで無事ゴール。

奥社で34ヶ月目のお参りを入念にした。山頂は貸し切りでガスっぽかった。さあシールを剥げば滑るだけ、雪は適度に緩み快適だった。山頂から南面を室堂まで快適に滑る。室堂から黒ボコを目指す。黒ボコから観光新道へ入るとシュプールは皆無でツボトレースも数名分で斜面は荒れてなくとても快適だった。

左手別山を見ながら観光新道下大斜面を自在にシュプールを描いた。後はうまく林道に合流するだけである。下部は石ころも多かったが石を踏まないように慎重に滑る。1550mで止まって20mほどツボで登り返して無事に台地に出た。ここに上がればしばらく快適な斜面を経て林道に合流、林道にも雪はたんまりで1400mまで林道を滑り雪が切れて後少し歩けば別当出合であった。来月のお参りはもうスキーは使えないだろう。今シーズンも白山ではたくさんスキーで遊ばせてもらった。感謝感謝である。
訪問者数:1407人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/13
投稿数: 806
2019/5/6 19:48
 久しぶりにコメントを書かさせて頂きます
東北遠征お疲れ様です。
にも拘わらずお庭の白山に行くあたり超人としか言葉がありません。
今回コメントを書く気になったのは、今回滑ったコースです。
白山は1965年5月に登ったのが初めてで凄く印象に残った山でした。そして4年前前の5月に登り観光新道を下った時、左手の斜面が凄く魅力的に感じました。
しかし、YSHRさんの投稿ではこのコースを見つけることがなく滑れないのかなぁとずっと思っていました。
今回拝読してやはり滑れるんだと感じた次第です。
でもルート取り、下部は難しそうですね。
益々の活躍楽しませて頂きます
登録日: 2013/5/30
投稿数: 77
2019/5/6 20:04
 Re: 久しぶりにコメントを書かさせて頂きます
こんにちは
自宅でぼんやりしていても時間の無駄なので5月のお参りを兼ね白山へ行きました。
観光新道下大斜面は日当たりも良いのでこの時期ザラメの良い滑りが楽しめます。
台地に乗り上げる場所は雪の条件で変わります。1550m辺りが登り返しが簡単ですが雪が多ければそのまま台地まで滑れる時もあります。残雪期は滑りだけでなく登りに使っても楽しめます。今シーズンはそろそろ賞味期限かと思います。来シーズン是非行ってみて下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ