また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1835356 全員に公開 雪山ハイキング甲斐駒・北岳

大仙丈ヶ岳〜のんびりテント泊と雪の女王たち

日程 2019年05月03日(金) 〜 2019年05月05日(日)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
5/2(THU)
バスタ新宿14:35ー18:00伊那バスターミナル(高速バス伊那・飯田線3500円)
美義屋旅館(前泊・朝食付3600円)
5/3(FRI)
伊那北駅8:55ー9:23高遠駅(JRバス高遠線520円)
高遠駅9:30ー9:59仙流荘(長谷循環バス310円)
仙流荘10:05ー10:40歌宿(うたじゅく、南アルプス林道バス830円+210円)

【復路】5/5(SUN)
歌宿10:15ー10:45仙流荘(仙流荘でお風呂)
仙流荘12:53ー13:25高遠駅
高遠駅13:30ー13:53伊那市駅
伊那バスターミナル14:25ー17:45バスタ新宿

※林道バスは人数が揃ったので9:45に臨時便が出ました。
※高速バスは中央道渋滞で実際の新宿到着時間は19:20
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【歌宿−長衛小屋】北沢峠まで林道を辿る限りは除雪済みの乾燥路です。途中のショートカットコースや林道から長衛小屋に向かう分岐から先は積雪路でした。

【長衛小屋テント場】夏場は満員御礼になるようですが、とても広く、敷地内にトイレ有り、水場あり、小屋では生ビール有りと至れり尽くせり。滞在中にもどんどん雪が溶けており、帰る頃には土が露出している場所もありました。私は竹ペグと割りばしペグを使いましたが、お手頃な岩も転がっており、岩でテントを固定している方も多かったようです。最大の難点は携帯(ドコモ)が繋がらないこと。

【長衛小屋−仙丈ヶ岳】GWだけあってしっかり踏まれておりました。早朝はかなり硬めですがアイゼンは良く効きます。この日は天気も良く午前8時を過ぎると一気に緩みましたが、トレースを辿る限りは踏み抜きはそれほど酷くなく助かりました。小仙丈ヶ岳手前と仙丈ヶ岳手前になかなかの急登があります。

【仙丈ヶ岳−大仙丈ヶ岳】GWなのにトレースが無く、まだ雪も硬い時間の痩せ尾根に岩アイスと少し厄介でした。携帯が通じないエリアでもあり注意レベル高めで進みました。
その他周辺情報【電車バス派の前泊にお勧め−美義屋旅館】伊那北駅から徒歩2分ぐらいですが、伊那バスターミナルからも余裕で歩けます(徒歩12分)。一泊朝食付でなんと3600円。素泊まりなら3000円です。建物の古さは歪めないものの、これで冷暖房完備の和室8畳に浴衣タオル&お茶菓子付き。冷蔵庫はありませんでしたが、山で食べる食材を旅館の冷凍庫で保管してもらえました。ご主人さんはとても親切なお方。翌日の高遠駅に向かうバスは目の前の伊那北駅から乗れるので言うことなし。もはや数駅先のネカフェに泊まる必要は無いでしょう。

【厚さ3cmのソースカツ丼−田村食堂】伊那バスターミナルから徒歩6分。伊那名物ソースカツ丼が美味しいとのGoogle情報に従い寄ってみました。地元に愛される食堂のようで、多くの家族連れなどで賑わってました。カウンターもあり独り者でも安心。トンカツがぶ厚いだけでなく、ロースの脂身にしっかりとした旨味がありとても美味しかったです。

【ド定番?仙流荘・仙人の湯】旅館付属の立ち寄り湯にしては設備が整っており、天然温泉ではないものの鋸岳を望む露天風呂、カランたくさん、サウナに水風呂、広い無料休憩室、昼食可(11時〜2時)とスーパー銭湯レベル。折角なのでバスを一本見送ってのんびりしました。入浴500円と髭剃り100円、歯ブラシ30円で野人から現代人に戻れます。
ファイル Screenshot_20190503-072920.png 【後日参照用】当日の天気と気温の予報 (更新時刻:2019/05/06 21:11)

装備

個人装備 半袖シャツ アームカバー 長袖インナー フリース(薄) レインウェア(上下) タイツ ズボン(厚) 靴下(厚) グローブ(薄) アウター手袋(夏用防水) 予備手袋 防寒着(ダウン上下足) ゲイター バラクラバ 毛帽子 夏帽子 冬靴 アイゼン(12本+チェーン) ピッケル ストック 朝昼夜ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 時計 スマホ カメラ ミニ三脚 サングラス タオル 身体ふき テント 竹ペグ スコップ マット シュラフ レジャーシート ビニール袋 燃料 コンロ 調理一式 ナイフ ロールペーパー
備考 装備を厳選しても出発時17kgありました。この時期は冬用装備に加え、かさばる衣類を着ていけないので大変。

写真

バスタ新宿から雪の女王を目指して出発!
2019年05月02日 14:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスタ新宿から雪の女王を目指して出発!
3
この日は伊那で前泊。Google先生ご推薦のソースカツ丼のお店は何故か中華料理屋さん。
2019年05月02日 18:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は伊那で前泊。Google先生ご推薦のソースカツ丼のお店は何故か中華料理屋さん。
4
厚さ3cmはあろうか極厚ソースカツ丼。隣のスープは確かに中華。
2019年05月02日 18:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厚さ3cmはあろうか極厚ソースカツ丼。隣のスープは確かに中華。
9
これもGoogleで見つけた前泊の宿,美義屋さん。
2019年05月02日 19:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもGoogleで見つけた前泊の宿,美義屋さん。
1
一泊3000円と破格すぎて心配でしたが,素晴らしいお宿でした。お世話になりました。
2019年05月03日 08:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一泊3000円と破格すぎて心配でしたが,素晴らしいお宿でした。お世話になりました。
5
駅前には伊那市のゆるキャラ,イーナちゃん。お米かと思ったら実は水の妖精らしい。
2019年05月03日 08:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前には伊那市のゆるキャラ,イーナちゃん。お米かと思ったら実は水の妖精らしい。
2
誰も居ないバスを乗り継いで仙流荘に到着。ここからようやく登山編。
2019年05月03日 10:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も居ないバスを乗り継いで仙流荘に到着。ここからようやく登山編。
この時期のバスはここ歌宿(うたじゅく)まで。北沢峠までは舗装路の2時間歩き。
2019年05月03日 10:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期のバスはここ歌宿(うたじゅく)まで。北沢峠までは舗装路の2時間歩き。
5
林道を歩きながら眺める甲斐駒ヶ岳。すっかり雪が無くなっていてびっくり。
2019年05月03日 10:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩きながら眺める甲斐駒ヶ岳。すっかり雪が無くなっていてびっくり。
7
こんな案内がありました。視力検査をしてみます。
2019年05月03日 11:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな案内がありました。視力検査をしてみます。
鹿窓は矢印下の穴です。肉眼でも何とか見えました。
2019年05月03日 11:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿窓は矢印下の穴です。肉眼でも何とか見えました。
6
我が家設営完了。
2019年05月03日 13:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が家設営完了。
7
GW後半のピークでも余裕たっぷりのテント場。
2019年05月03日 16:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GW後半のピークでも余裕たっぷりのテント場。
2
暇つぶしに始めた防風壁づくりが立派なものに。クリアランスがなさ過ぎと気付くも後の祭り。
2019年05月03日 16:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暇つぶしに始めた防風壁づくりが立派なものに。クリアランスがなさ過ぎと気付くも後の祭り。
3
小屋で生ビールを仕入れて明るい内にゆったり夕食です。なんて優雅な日なんだろう。VIVA GW!
2019年05月03日 17:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋で生ビールを仕入れて明るい内にゆったり夕食です。なんて優雅な日なんだろう。VIVA GW!
6
この時期の天の川は夜半過ぎがお勧めらしい。
2019年05月04日 03:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期の天の川は夜半過ぎがお勧めらしい。
8
我が家と共に。午前3時でもみんな起きてますね。
2019年05月04日 03:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が家と共に。午前3時でもみんな起きてますね。
10
雪が硬いうちに行動開始。
2019年05月04日 04:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が硬いうちに行動開始。
甲斐駒ヶ岳の向こうから令和なご来光。
2019年05月04日 05:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳の向こうから令和なご来光。
1
五合目はシラビソの森。
2019年05月04日 05:56撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目はシラビソの森。
1
こんな晴天でも雷鳥さん。
2019年05月04日 06:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな晴天でも雷鳥さん。
11
繁殖期だと気が緩むのかしら?
2019年05月04日 06:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
繁殖期だと気が緩むのかしら?
14
奥様もすぐ側に。
2019年05月04日 06:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥様もすぐ側に。
11
小仙丈ヶ岳からは甲斐駒ヶ岳,鋸岳,八ヶ岳がとても綺麗でした。
2019年05月04日 06:57撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ヶ岳からは甲斐駒ヶ岳,鋸岳,八ヶ岳がとても綺麗でした。
8
その先に仙丈ヶ岳が誇る3つのカールの一つ,小仙丈沢カールが広がる。
2019年05月04日 07:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先に仙丈ヶ岳が誇る3つのカールの一つ,小仙丈沢カールが広がる。
7
ここにもご夫婦。
2019年05月04日 07:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもご夫婦。
7
2つめに見えたカールは反対側の藪沢カール。その先の仙丈ヶ岳山頂にお一人いらっしゃいます。
2019年05月04日 07:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つめに見えたカールは反対側の藪沢カール。その先の仙丈ヶ岳山頂にお一人いらっしゃいます。
1
山頂に向かうナイフリッジはトレースばっちり。綺麗な稜線です。
2019年05月04日 07:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に向かうナイフリッジはトレースばっちり。綺麗な稜線です。
11
3033mな雪の女王ゲット。東側に控えしは中央アルプスの山々。
2019年05月04日 07:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3033mな雪の女王ゲット。東側に控えしは中央アルプスの山々。
10
南東側に日本標高No.1とNo.2を望む。仙丈ヶ岳は第18位。
2019年05月04日 07:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東側に日本標高No.1とNo.2を望む。仙丈ヶ岳は第18位。
4
間ノ岳も入れて,高山のワンツースリー。
2019年05月04日 07:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳も入れて,高山のワンツースリー。
7
大仙丈ヶ岳へ向かいます。この稜線,左を歩くか右を歩くか。
2019年05月04日 08:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大仙丈ヶ岳へ向かいます。この稜線,左を歩くか右を歩くか。
1
馬の背が続きます。左側に大仙丈沢カールを従える美しき稜線。
2019年05月04日 08:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背が続きます。左側に大仙丈沢カールを従える美しき稜線。
1
大仙丈ヶ岳ゲット。仙丈ヶ岳より低いのに大仙丈とはこれ如何に。
2019年05月04日 08:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大仙丈ヶ岳ゲット。仙丈ヶ岳より低いのに大仙丈とはこれ如何に。
8
北側を振り返れば大仙丈沢カールと歩いてきた稜線。
2019年05月04日 08:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側を振り返れば大仙丈沢カールと歩いてきた稜線。
2
南側には塩見岳に至る長大な仙塩尾根が連なる。行って見たい。
2019年05月04日 08:29撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には塩見岳に至る長大な仙塩尾根が連なる。行って見たい。
8
ミニ三脚を使い下から目線で撮ってみました。
2019年05月04日 08:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニ三脚を使い下から目線で撮ってみました。
18
さて,下山開始です。雲が発達中。
2019年05月04日 09:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて,下山開始です。雲が発達中。
1
綺麗な稜線と夏のような空。
2019年05月04日 09:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な稜線と夏のような空。
2
甲斐駒ヶ岳と鋸岳が入道雲に襲われています。
2019年05月04日 09:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳と鋸岳が入道雲に襲われています。
2
北岳側にも雲がかかり始め,富士山が消えた。降りるまで降らないでねー,と願った瞬間。
2019年05月04日 09:52撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳側にも雲がかかり始め,富士山が消えた。降りるまで降らないでねー,と願った瞬間。
3
小仙丈ヶ岳前の急登を振り返る。広大過ぎて写真で撮ると丘にしか見えないという錯覚。
2019年05月04日 09:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ヶ岳前の急登を振り返る。広大過ぎて写真で撮ると丘にしか見えないという錯覚。
2
我が家に帰宅。この暖かさでブロックがかなり溶けてました。
2019年05月04日 10:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が家に帰宅。この暖かさでブロックがかなり溶けてました。
昼食はヒッコリーで燻した自家製ベーコンです。最高のビールのお供。
2019年05月04日 11:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食はヒッコリーで燻した自家製ベーコンです。最高のビールのお供。
7
ゆったりのんびりと時を過ごす。雪が溶けて土が見えてきた所も。
2019年05月04日 17:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆったりのんびりと時を過ごす。雪が溶けて土が見えてきた所も。
風上側の防風壁を再生したものの,気温が高くて硬いブロックが作れず今にも崩れそう。
2019年05月04日 17:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風上側の防風壁を再生したものの,気温が高くて硬いブロックが作れず今にも崩れそう。
スコップを風よけにして夕食はペペロンチーノとゆで汁で作ったとろろ野菜スープ。
2019年05月04日 16:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スコップを風よけにして夕食はペペロンチーノとゆで汁で作ったとろろ野菜スープ。
3
長T一枚で寝ていたら全身ブルブル震えて目が覚めました。#3でも防寒着をシュラフに載せればまだ行ける。
2019年05月05日 05:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長T一枚で寝ていたら全身ブルブル震えて目が覚めました。#3でも防寒着をシュラフに載せればまだ行ける。
2
流星群はまだ見れなかったもののこの日も星空が綺麗でした。二度寝してのんびり下山開始です。仙丈ヶ岳さん,またいつか!
2019年05月05日 08:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流星群はまだ見れなかったもののこの日も星空が綺麗でした。二度寝してのんびり下山開始です。仙丈ヶ岳さん,またいつか!
2
林道の道端には自然が織りなすオブジェの数々。
2019年05月05日 08:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の道端には自然が織りなすオブジェの数々。
1
歌宿到着です。丁度臨時便が出る所だったのでそれに乗りました。
2019年05月05日 09:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歌宿到着です。丁度臨時便が出る所だったのでそれに乗りました。
1
仙流荘の日帰り湯は立派な施設。三日ぶりのお風呂で生まれ変わった気分に。
2019年05月05日 10:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙流荘の日帰り湯は立派な施設。三日ぶりのお風呂で生まれ変わった気分に。
1
そのまま仙流荘のソースカツ丼でガッツリと。
2019年05月05日 12:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま仙流荘のソースカツ丼でガッツリと。
6
GWの大渋滞を抜けてありふれた日常へ。運転手さん,お疲れさまでした。
2019年05月05日 19:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GWの大渋滞を抜けてありふれた日常へ。運転手さん,お疲れさまでした。
2

感想/記録
by napiee

この3月に甲斐駒ヶ岳に登った際に眺めた素敵な雪の女王さまに会いたくなり、まだバスが北沢峠まで開通していない静かな北沢峠で雪上テント泊を楽しみつつ登頂してみました。

仙丈ヶ岳は雪山入門コースとされているようで、確かに目立った危険箇所はないものの、あなどるなかれ結構な急登っぷりは前回登った黒戸尾根と大差ないように感じました。その先の大仙丈ヶ岳は一転してナイフリッジの岩陵ルートでしかもノートレースと少々厄介でしたが、無事仙丈ヶ岳三女王?(小仙丈、仙丈、大仙丈)山頂からのそれぞれ素晴らしい風景を写真に収めることが出来ました。

折角のGWなのでゆったりと仙丈ヶ岳登頂の前後三日間を長衛小屋のテント場で過ごしました。天気も良く、風も穏やかで、最高のキャンプ日和。テント場環境も文句ありません。唯一の難点はここはドコモの電波が入らず、私にとって最も重要な暇潰しの手段が使えなかったことくらい。でもそのお陰で持て余した時間を使ってスコップでスノーブロックを切り出して防風壁を作ってみたらそれなりに立派なのが出来て我ながら感激。ほとんど無風の二日間だったので、周りから見たら変なヤツだったと思いますが、暇だったので許してください。

久しぶりに3000m級登頂一座追加です。今度は塩見岳に行ってみたい。
訪問者数:225人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ