また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1839264 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

小秀山(二の谷から)滝と御嶽山の大展望を楽しむ

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
乙女渓谷キャンプ場駐車場。500円/台。(バッチ付き)
料金ポストに備え付けの封筒に、車のナンバー記入して投函。帰りには車のミラーに「乙女渓谷のバッチ」が入った袋がぶら下がっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間56分
休憩
55分
合計
8時間51分
S乙女渓谷キャンプ場06:4006:54ねじれ滝07:21避難小屋07:47夫婦滝07:5308:47第一展望台08:5309:10カモシカ渡り09:34三の谷合流点10:02兜岩10:08第一高原10:50第三高原11:08小秀山11:5112:36第三高原12:54第一高原12:58兜岩13:21三の谷合流点14:52山の神14:55三の谷 登山口15:31乙女渓谷キャンプ場15:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道ははっきりして、迷いやすい所はありません。
難所のカモシカ渡りは、足場や手掛かりがあるので、注意して登れば大丈夫でしょう。下りにはお勧めしません。
その他周辺情報「おんぽいの湯」(600円)に入浴。露天、サウナ付きの温泉施設。休憩所、食堂もあります。3日連続でお世話になりました。

写真

乙女渓谷キャンプ場。ここに駐車(500円)。十数台可。連休中でしたが、空いていました。
2019年05月05日 06:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙女渓谷キャンプ場。ここに駐車(500円)。十数台可。連休中でしたが、空いていました。
管理等の右から二の谷へ。
2019年05月05日 06:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理等の右から二の谷へ。
木道の遊歩道が延々と続く。アップダウンも多い。
2019年05月05日 06:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道の遊歩道が延々と続く。アップダウンも多い。
いくつもの滝が出てきます。
2019年05月05日 06:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつもの滝が出てきます。
2
ミツバツツジ。
2019年05月05日 07:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ。
途中の避難小屋。中は綺麗。
2019年05月05日 07:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の避難小屋。中は綺麗。
所どころガレ場もあります。
2019年05月05日 07:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所どころガレ場もあります。
1時間ほどで夫婦滝(男滝)に到着。大きくて見応えあり。女滝は少し手前にありました。林越しで見え難い。
2019年05月05日 07:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ほどで夫婦滝(男滝)に到着。大きくて見応えあり。女滝は少し手前にありました。林越しで見え難い。
2
夫婦滝の落ち口まで登って来ました。
2019年05月05日 08:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦滝の落ち口まで登って来ました。
その先には子滝。さらに孫滝まであります。
2019年05月05日 08:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先には子滝。さらに孫滝まであります。
第一展望台で小休止。
2019年05月05日 08:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台で小休止。
展望台からの景色。
2019年05月05日 08:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの景色。
噂の「カモシカ渡り」。
2019年05月05日 09:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噂の「カモシカ渡り」。
ほぼ垂直の7mの壁ですが、足掛かり・手掛かりは多いので、ロープや鎖はないが登れます。ただ、落ちたら大事なので慎重に。
2019年05月05日 09:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直の7mの壁ですが、足掛かり・手掛かりは多いので、ロープや鎖はないが登れます。ただ、落ちたら大事なので慎重に。
1
ここを過ぎると、小秀山の前山が見えて来ます。まだ遠い。
2019年05月05日 09:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを過ぎると、小秀山の前山が見えて来ます。まだ遠い。
1
兜岩が見えて来ました。
2019年05月05日 09:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岩が見えて来ました。
1
兜岩の基部で道は二つに分かれますが、右のルートはロープが張られて進入禁止。左の岩場ルートへ進みます。
2019年05月05日 09:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岩の基部で道は二つに分かれますが、右のルートはロープが張られて進入禁止。左の岩場ルートへ進みます。
1
岩場ルートの途中から、小秀山越しに御嶽山が。
2019年05月05日 09:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場ルートの途中から、小秀山越しに御嶽山が。
1
兜岩に登る人。足場が悪く、見ていて怖い。私は行きません。
2019年05月05日 10:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岩に登る人。足場が悪く、見ていて怖い。私は行きません。
4
第一展望台でくつろぐトレラン3人組。この先の積雪で撤退したそう。短靴での落とし穴地獄で無理と判断。
2019年05月05日 10:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台でくつろぐトレラン3人組。この先の積雪で撤退したそう。短靴での落とし穴地獄で無理と判断。
3
その落とし穴地獄が延々と続いていました。アイゼンは必要ありません。ゆっくり歩けば、ほぼ大丈夫。当方はスパッツ付けて対応しました。
2019年05月05日 10:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その落とし穴地獄が延々と続いていました。アイゼンは必要ありません。ゆっくり歩けば、ほぼ大丈夫。当方はスパッツ付けて対応しました。
2
第三高原でようやく小秀山が見える。山頂の山小屋が目印。
2019年05月05日 10:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三高原でようやく小秀山が見える。山頂の山小屋が目印。
2
その山小屋。すぐ先が山頂。
2019年05月05日 11:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その山小屋。すぐ先が山頂。
1
山頂到着。背景は御嶽山。
2019年05月05日 11:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。背景は御嶽山。
9
手前の三角点にタッチ。
2019年05月05日 11:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の三角点にタッチ。
3
山頂からすぐ先の岩に乗ってバンザイ。
2019年05月05日 11:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からすぐ先の岩に乗ってバンザイ。
4
ここから見る御嶽山が、もっとも雄大に見えるそうです。
2019年05月05日 11:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見る御嶽山が、もっとも雄大に見えるそうです。
3
アップで。
2019年05月05日 11:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
さらに拡大。噴煙が見えます。
2019年05月05日 11:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに拡大。噴煙が見えます。
4
タップリ展望を楽しんだあと、帰路につきます。
2019年05月05日 11:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タップリ展望を楽しんだあと、帰路につきます。
1
山頂の山小屋。
2019年05月05日 11:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の山小屋。
中は綺麗です。
2019年05月05日 11:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中は綺麗です。
トイレは冬季閉鎖中で鍵か掛かっていました。
2019年05月05日 11:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレは冬季閉鎖中で鍵か掛かっていました。
1
戻る途中から振り返って、小秀山と御嶽山。
2019年05月05日 12:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻る途中から振り返って、小秀山と御嶽山。
下りは三の谷で。
2019年05月05日 13:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは三の谷で。
鶏岩眺望。見えたのはこれくらい。
2019年05月05日 13:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏岩眺望。見えたのはこれくらい。
あとは、ひたすら九十九折れの植林道を降りるだけ。安全ですが、単調。
2019年05月05日 13:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは、ひたすら九十九折れの植林道を降りるだけ。安全ですが、単調。
山の神が現れると。
2019年05月05日 14:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神が現れると。
三の谷登山口は直ぐ。登山届ボックスがありました。
2019年05月05日 14:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の谷登山口は直ぐ。登山届ボックスがありました。
林道をたどって。
2019年05月05日 14:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をたどって。
花はスミレと。
2019年05月05日 15:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花はスミレと。
マムシグサくらい。少ないです。
2019年05月05日 15:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサくらい。少ないです。
キャンプ場まで無事帰着。
2019年05月05日 15:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場まで無事帰着。
駐車料金で頂いたバッチ。これで料金500円ならお得。
2019年05月05日 15:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車料金で頂いたバッチ。これで料金500円ならお得。
4
下山後の温泉は近場の「おんぽいの湯」。露天もあって快適。3日連続でお世話になりました。
2019年05月05日 18:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後の温泉は近場の「おんぽいの湯」。露天もあって快適。3日連続でお世話になりました。
1
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 今年のGWは5/1〜5/7まで、一週間の山行き。(GW前半は天候不良で待機)
 最初は山友数人と妙高高原のK大ヒュッテに3泊し、妙高三田原山で山スキーと周辺登山(高井富士[高社山])。後半は一人で岐阜の山々へ。結果、天候にも恵まれ計画通り行動できた。

前日(5/3)は山岳部メンバー4人で近くの低山散策、高社山へ。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1823931.html
(5/4は移動日)

この日(5/5)は一人で200名山の小秀山(岐阜県・長野県)へ。

 ルートは定番の二の谷から登り、下りは三の谷とするコース。二の谷は前半が滝の散策コースで、渓谷と滝の見どころが多い。ただ、木道階段のアップダウンがあるので、思ったより体力が必要。夫婦滝(男滝)は高さもあって見応えあった。
 二の谷コースの最大の難所「カモシカ渡り」も、足掛かり・手掛かりは充分あるので、注意して登れば大丈夫。ただ、下りでは使いたくない所。
 兜岩で展望を楽しんだ後は、残雪の残るアップダウンが続く道。アイゼンこそ必要ないが、至る所に残雪の落とし穴が。ゆっくり歩いて雪にはまらないよう注意。山頂に避難小屋が見えるのが小秀山。広い山頂ではないが、目の前に御嶽山が大きく広がる展望は素晴らしい。東の中央アルプスと、北西の白山はかすんでハッキリ見えないのが残念。
 この日出会ったのは十数名。さすが連休の200名山。長いコースにもかかわらず人出が多かった。
 下りは安全な三の谷から。九十九折れの単調な道が続くが、下りはこちらの方が安心できる。
 小秀山は、乙女渓谷と御嶽山の大展望が楽しめる良い山でした。

5/6は300名山の奥三界岳に登る。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1840206.html
訪問者数:413人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ