また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1840091 全員に公開 山滑走尾瀬・奥利根

メジャーな尾瀬至仏山 マイナーなムジナ沢

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸倉第一駐車場に入りました。

コースタイム [注]

鳩待峠 7:45    至仏山 9:42〜10:10    山の鼻 10:37〜52    鳩待峠 11:50
コース状況/
危険箇所等
特になし

写真

鳩待峠から多くの人が至仏方面へ向かっています。先週の新雪は跡形もなく。
2019年05月04日 07:48撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠から多くの人が至仏方面へ向かっています。先週の新雪は跡形もなく。
写真を撮るため右へ左へ人を避けるように進んでいきます。
2019年05月04日 08:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を撮るため右へ左へ人を避けるように進んでいきます。
武尊もまだ白い。
2019年05月04日 08:30撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊もまだ白い。
笠もまだ白い。
2019年05月04日 08:46撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠もまだ白い。
上越国境も真っ白でした。
2019年05月04日 09:08撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上越国境も真っ白でした。
踏み跡も固くなく柔らかくなく楽に進めます。
2019年05月04日 09:10撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡も固くなく柔らかくなく楽に進めます。
山頂です。
2019年05月04日 09:43撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂です。
先週苦労した八海山から景鶴山を見て思います。今週なら少し楽で来たのに。
2019年05月04日 09:44撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週苦労した八海山から景鶴山を見て思います。今週なら少し楽で来たのに。
山頂から少し滑ると雪が切れたところがあって歩きました。
2019年05月04日 10:15撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し滑ると雪が切れたところがあって歩きました。
少しの歩きであとは快適に滑れました。悪沢より静かで(誰もいませんでした)尾瀬ヶ原に滑り込む景色がいいのでこちが好きです。
2019年05月04日 10:15撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの歩きであとは快適に滑れました。悪沢より静かで(誰もいませんでした)尾瀬ヶ原に滑り込む景色がいいのでこちが好きです。
1
いくつか跡がありましたがいいところです。
2019年05月04日 10:18撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつか跡がありましたがいいところです。
下の方は右の尾根に向かいました。
2019年05月04日 10:24撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方は右の尾根に向かいました。
降りたらカモシカとばったり、カメラを準備していると一目散で逃げていきました。
2019年05月04日 10:31撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りたらカモシカとばったり、カメラを準備していると一目散で逃げていきました。
1
撮影機材:

感想/記録

先週の疲れた山行のときムジナ沢が雪がつながって見えたので、今回再訪してみました。尾瀬ヶ原に滑り込むイメージがいいので悪沢より好き。登り返しも対したことはないので疲れた体には丁度良い。雪の状態も快適に滑れる状況で静かなスキーが楽しめました。山の鼻でシールを準備しているとスニーカーで子供連れの親子でしょうか、服装も山行のものでなさそう、大気の状況が不安定と言われていたので心配になるが。
先週のタクシーの話の続きを別の運転手の方に聞いてみた。「鳩待までは今の時期、メーターになりますが4:30を過ぎても入りますよ」とのことでした。先週電話して聞いた大手の会社の人の話の内容は何だったのだろうかとしばらく考えていました。
訪問者数:99人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

カモシカ 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ