また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1840609 全員に公開 ハイキング丹沢

鍋割山(後沢右岸尾根〜マルガヤ尾根)

日程 2019年05月10日(金) [日帰り]
メンバー
天候◆2019年5月10日(金) 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
◆往路 bus 新松田ー寄    富士急湘南バス   大人片道\520
 http://www.syonan-bus.co.jp/rosen/
◆復路 bus 大倉ー渋沢    神奈川中央交通   大人片道\210
 http://www.kanachu.co.jp/dia/index.html
 ※両社ともSuica、PASMOご利用できます。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

◆2019年5月10日(金) 鍋割山(後沢右岸尾根〜マルガヤ尾根)
寄-(110m)-1000m地点-(30m)-鍋割山-(85m)-本沢渡渉点-(65m)-大倉
※地点間における休憩を含まない5分刻みの所要時間
コース状況/
危険箇所等
◆後沢右岸尾根
宇津茂林道終点=登山口から登り始め、後沢乗越〜鍋割山の標高1,000m地点に出るルートです。一般登山道ではなく林業の作業経路です。登り始めて少しすると鹿柵扉があります。それをくぐらず右折し、ひたすら上に向かって登っていきます。

前半から中盤にかけては以前から付けられている九十九折れの道をそのまま登ります。昨年敷設されたモノレールと合流し、最初の鹿柵扉をくぐる(右→左)あたり以降から整備の手が一般登山道に合流するまで相当、かなり入っています。丁寧な作業でとても歩きやすく登りやすい道になっています。
以前、鹿柵扉は進行方向右手から左手へ、左手から右手へ、右手から左手へ、と3回くぐっていましたが整備された結果、2番目の左手から右手へ、がなくなりました。というか倒れています。
ただ、あくまでも林業作業用の径路なので指導標はありません。また、分岐もいくつかあります。ひたすら上に向かって登れば間違いはないと思います。最近は作業径路なので入らないように、という案内板が新たに6〜7箇所付けられていました。
上に向かって登っているとモノレールは前半右手にあります。後半に差し掛かる際、跨いで右側に移ります。最後までそれは続きます。モノレールから大きく離れないことが一つのポイントでしょうか。

◆マルガヤ尾根
一般登山道ではありません。

何回か登りで歩かれ、下りの取付きも知っているという方向けになりますが、ポイントとしまして無木立広場を過ぎて細尾根上端部までは右手に引きずり込まれそうな支尾根が3ヶ所ぐらいあります。そこを我慢して左へのイメージをもって下ります。
また、栗ノ木洞の山頂を目標に大きく外れることのないように下れば比較的確実に細尾根上端部、そして928pまで行けます。928pを過ぎると方向を少し左に向けます。928pを過ぎてだだっ広い箇所があり、どこへ向かえば?という感じですが928pからは栗ノ木洞の尾根の左手のすそと四十八瀬川が交わるところを目標に下ると細尾根下端部に着けるかと思います。
最後、林道に合流するために植林帯を急降下します。細尾根下端部から尾根筋トップを歩くイメージで進んでいくと若干左手に5〜6本横たわった倒木があります。その倒木のすぐ右側に下るための踏み跡・作業経路があります。それを辿って降りれば比較的無理なく林道に合流できます。

マルガヤ尾根は初級バリルートとのことですが、登りの経験がなくいきなり下りで、また、地図読みができない状況で安易に下りで初めて歩くとなると重大な事故を起こしかねないと思います。
くれぐれもご注意ください。
その他周辺情報◆登山届  神奈川県警のオンライン
https://www.police.pref.kanagawa.jp/inq/form/fmtozan.htm
※渋沢駅バス停、大倉バス停に登山ポストがあります

◆ポプラ 秦野戸川公園店(2018年11月22日オープン)
http://www.poplar-cvs.co.jp/shop_search/print.php?id=971
営業時間帯=火-金 8:00-17:00、土日祝 7:00-18:00
休 業 日=月曜日(祝日の場合は直近の翌営業日)、年末年始
※イートインコーナーあり

写真

初夏の雰囲気の
寄(やどりき)を
出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初夏の雰囲気の
寄(やどりき)を
出発します。
15
宇津茂林道終点=登山口
ここからひたすら後沢右岸
尾根を登り上げます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇津茂林道終点=登山口
ここからひたすら後沢右岸
尾根を登り上げます。
6
後沢右岸尾根
植林帯を登ります。今日、
ヒルには終日会わず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後沢右岸尾根
植林帯を登ります。今日、
ヒルには終日会わず。
14
後沢右岸尾根
昨年敷設されたモノレールと
合流。左手を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後沢右岸尾根
昨年敷設されたモノレールと
合流。左手を歩きます。
6
後沢右岸尾根
登山口から約50分、ここで
モノレールの右側へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後沢右岸尾根
登山口から約50分、ここで
モノレールの右側へ。
5
後沢右岸尾根
急斜面ですが整備の手がしっ
かり入っており歩きやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後沢右岸尾根
急斜面ですが整備の手がしっ
かり入っており歩きやすい。
8
後沢乗越からの一般登山道に
合流しました。
新緑が眩しいです。 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後沢乗越からの一般登山道に
合流しました。
新緑が眩しいです。 
9
鍋割山
青空が清々しい山頂の
風景でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山
青空が清々しい山頂の
風景でした。
16
鍋割山

富士山が見事です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山

富士山が見事です。
49
鍋割山
西の空へ続く飛行機雲。思え
ばこの2年半、ほぼ毎月機上
から丹沢を見ていたような…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山
西の空へ続く飛行機雲。思え
ばこの2年半、ほぼ毎月機上
から丹沢を見ていたような…
11
鍋割山稜

蛭ヶ岳(左) 不動ノ峰(右)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山稜

蛭ヶ岳(左) 不動ノ峰(右)
16
鍋割山稜

尊仏山荘が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山稜

尊仏山荘が見えています。
7
鍋割山稜
富士山、鍋割山荘も見納め。
それではマルガヤ尾根へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山稜
富士山、鍋割山荘も見納め。
それではマルガヤ尾根へ。
24
マルガヤ尾根
栗ノ木洞の向こうには
真鶴半島と相模湾が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルガヤ尾根
栗ノ木洞の向こうには
真鶴半島と相模湾が。
9
マルガヤ尾根
無木立広場まではスッと来れ
ます。勝負はここから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルガヤ尾根
無木立広場まではスッと来れ
ます。勝負はここから。
15
マルガヤ尾根

トウゴクミツバツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルガヤ尾根

トウゴクミツバツツジ
42
マルガヤ尾根・細尾根上端部

第一関門突破!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルガヤ尾根・細尾根上端部

第一関門突破!
9
マルガヤ尾根
928pから針路を少し左に。
新緑が深い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルガヤ尾根
928pから針路を少し左に。
新緑が深い。
31
マルガヤ尾根
植林帯の急斜面を下り林道に
無事合流できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルガヤ尾根
植林帯の急斜面を下り林道に
無事合流できました。
7
本沢渡渉点
大倉バス停へ向かう道、これ
からの計画をあれこれ (^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本沢渡渉点
大倉バス停へ向かう道、これ
からの計画をあれこれ (^^)
16
訪問者数:363人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ