また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1841238 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

奥駈道+小辺路+和泉山脈

日程 2019年05月04日(土) 〜 2019年05月10日(金)
メンバー
天候5月4〜8日快晴 9日くもり 10日快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 奈良交通バス奈良五条線「やまと号」大和八木駅。近鉄吉野線吉野駅。
帰り 南海高野線天見駅→河内長野駅→(近鉄線のりかえ)→名古屋→(新幹線)→東京
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間21分
休憩
1時間9分
合計
9時間30分
S近鉄吉野駅08:1008:20吉野山駅08:27金峯山寺08:2809:06吉野水分神社09:1709:26高城山09:32奥千本口バス停09:36金峯神社09:4709:56青根ヶ峰10:45四寸岩山10:52足摺の宿跡11:16二蔵宿小屋11:2412:11五番関13:04洞辻茶屋13:0513:15陀羅尼助茶屋13:15松清店13:36西の覗岩13:47山上ヶ岳14:0814:31小笹ノ宿14:3515:08阿弥陀ヶ森15:49大普賢岳16:02水太覗16:0316:06弥勒岳16:0716:20サツマコロビ(薩摩転び)16:2116:23国見岳16:25稚児泊16:27内侍落し(屏風横駈)16:32稚児泊16:3716:47七つ池16:4816:56七曜岳16:5717:19みなきケルン碑17:2117:31行者の水場17:40行者還小屋
3日目
山行
10時間50分
休憩
1時間2分
合計
11時間52分
宿泊地04:2805:27笠捨山05:2905:45葛川辻06:11地蔵岳06:1306:25水場06:2606:35四阿之宿06:37東屋岳06:37四阿之宿06:41拝み返し06:4206:45檜之宿跡06:4607:00香精山07:0107:22塔ノ谷峠07:2307:53古屋の辻07:5508:09蜘蛛ノ口08:13稚児ノ森08:35水呑金剛08:57花折塚09:12玉置山展望台09:1409:28玉置山09:3309:38玉置神社09:4510:19玉置辻11:18大森山11:4911:54大水ノ森11:5512:15切畑辻12:38五大尊岳(北峰)12:49五大尊岳13:33金剛多和13:3413:47大黒天神岳13:4814:17山在峠14:1814:25吹越山14:38吹越宿跡15:00吹越峠15:14七越峰15:1616:20熊野本宮大社
4日目
山行
13時間22分
休憩
1時間7分
合計
14時間29分
熊野本宮大社03:1103:41三軒茶屋跡03:4204:24八木尾バス停04:3205:17七色分岐05:2406:29果無峠06:3206:47観音堂07:23果無集落07:2407:36果無登山口07:4007:51十津川温泉 昴の郷08:1509:56西中の公衆電話10:08西中バス停10:0912:18三浦峠12:2613:17三浦口バス停13:1913:37三田谷バス停13:3815:46上西旅籠跡16:27伯母子岳16:3317:05桧峠17:0617:27萱小屋17:40大股登山口
5日目
山行
16時間26分
休憩
30分
合計
16時間56分
大股登山口01:2202:38東屋03:03水ヶ峰分岐03:0403:52大滝集落東屋04:58薄峠06:06奥の院06:1006:42千手院橋06:4306:55根本大塔06:5607:41大門07:4308:54矢立峠09:0209:36笠木峠10:11神田地蔵堂10:2310:43二ツ鳥居10:47古峠10:59六本杉峠11:0012:01慈尊院18:18宿泊地
6日目
山行
12時間54分
休憩
1時間32分
合計
14時間26分
宿泊地06:0210:12土仏峠10:1310:35梵天山10:38NTTコミュニケーションズ 信達南無線中継所10:42梵天山展望台10:4512:11笹峠12:59分岐13:0013:41城ヶ峰14:17オマガリ橋14:23林道 生草線 登山口14:2414:28犬鳴山バス停14:3915:04行者の滝15:2815:50林道出合16:19ハイランドパーク粉河16:2617:02和泉葛城山17:2917:40和泉葛城山 一等三角点18:30鍋谷峠18:4118:57丁石地蔵19:08七越峠19:14三国山19:1519:18三国山 三角点19:39千本杉峠19:4420:28宿泊地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
奥駆道…全区間整備されていた。ただ小笹宿〜阿弥陀ケ森の間は倒木多い。所々に鎖場あるが好天のおかげかそれほど苦労はしなかった。(大普賢岳から先の岩場を巻きながら下っていくところと、南奥駆道地蔵岳の鎖場が嫌だったくらい)
小辺路…全線良好。標識も多いので迷うことはなさそう。三浦側伯母子峠直下では路面崩壊のため伯母子岳直登の迂回路が作られている。あと大股側の道は少し悪い。
高野山町石道…良好。
和泉山脈
土仏林道終点?のハバタワからササ峠を経て城ケ峰までの区間がとても悪い。ヤブと風倒木が多いのと蜘蛛の巣の連続で不愉快。一部は近畿自然歩道にもなっているけれど整備はされていないようだった。
城ケ峰ー犬鳴山ー和泉葛城山…良好。
和泉葛城山ー鍋谷峠…(おそらく)林業用作業道およびピンクテープがとても多い。惑わされずに稜線沿いの道を歩く必要あり。
三国山の北、千本杉峠を滝畑へ降りる道ヘイシ谷に沿って走る林道が風倒木で通行不能。
槙尾山からのダイヤモンドトレイル…良好。
その他周辺情報ご朱印 吉野水分神社 金峰神社 大峰山寺 玉置神社 熊野本宮大社 丹生官符神社 根来寺 犬鳴不動
温泉 かつらぎ温泉 八風の湯 ¥800 

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ テントマット シェラフ 朱印帳
備考 和泉山脈周辺の登山道の現況を調べておけばよかった。

写真

世界遺産を味わい尽くす旅。高速バスが予定より早く着いたので20分早くスタート。ただいつも日帰りばかりなので荷物が重い。
2019年05月04日 07:48撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世界遺産を味わい尽くす旅。高速バスが予定より早く着いたので20分早くスタート。ただいつも日帰りばかりなので荷物が重い。
蔵王堂再び。快晴。旅の神様は今回機嫌がいいようです。
2019年05月04日 08:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔵王堂再び。快晴。旅の神様は今回機嫌がいいようです。
1
金峰神社。修行修行。功徳功徳。
2019年05月04日 09:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰神社。修行修行。功徳功徳。
1
女人結界門。大峰まで来たのはこれが見たかったからでもある。男だらけの山岳密教。
2019年05月04日 11:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女人結界門。大峰まで来たのはこれが見たかったからでもある。男だらけの山岳密教。
洞辻茶屋。ここから天川から登ってくる(白装束の)人も増えてにぎやかに。山でほら貝吹く人初めて見ました。
2019年05月04日 12:48撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞辻茶屋。ここから天川から登ってくる(白装束の)人も増えてにぎやかに。山でほら貝吹く人初めて見ました。
西の覗き。
2019年05月04日 13:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の覗き。
1
山上ケ岳山頂大峰山寺。ここの御朱印が欲しかった。
2019年05月04日 13:32撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上ケ岳山頂大峰山寺。ここの御朱印が欲しかった。
時間もおしているから巻けばいいのに大普賢岳山頂。この山の前後。稜線を巻いていく道も急登り下り、ロープ鎖が続出し、けっこう時間がかかる。
2019年05月04日 15:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間もおしているから巻けばいいのに大普賢岳山頂。この山の前後。稜線を巻いていく道も急登り下り、ロープ鎖が続出し、けっこう時間がかかる。
1
行者還宿(避難小屋)テント・小屋泊ふくめて9組くらい。初めてツェルトを立ててみたがちっとも上手くいかない。風が無くてよかった。一日目はここまで。
2019年05月04日 17:26撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者還宿(避難小屋)テント・小屋泊ふくめて9組くらい。初めてツェルトを立ててみたがちっとも上手くいかない。風が無くてよかった。一日目はここまで。
1
弥山小屋ではテント泊者多数。ポカリ¥300。水は一度煮沸しないとだめみたい。
2019年05月05日 05:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山小屋ではテント泊者多数。ポカリ¥300。水は一度煮沸しないとだめみたい。
1
近畿最高峰に到着。ここからの稜線歩きはいままで頑張ったごほうび。中央奥に釈迦ケ岳。
2019年05月05日 06:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近畿最高峰に到着。ここからの稜線歩きはいままで頑張ったごほうび。中央奥に釈迦ケ岳。
釈迦ケ岳山頂。十津川村からのハイカーで賑わっていました。
2019年05月05日 10:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ケ岳山頂。十津川村からのハイカーで賑わっていました。
2
大峰南部の眺望。まだまだ先は長い…
2019年05月05日 10:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰南部の眺望。まだまだ先は長い…
奥駆道の中間地点、太古の辻。ここから巻き道基本無しのしんどいアップダウンが延々と続く。
2019年05月05日 11:47撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥駆道の中間地点、太古の辻。ここから巻き道基本無しのしんどいアップダウンが延々と続く。
1
持経の宿。林道沿いに豊富な水場あり。今日の宿はまだ先なので水だけ汲んで先を急ぐ。
2019年05月05日 15:18撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持経の宿。林道沿いに豊富な水場あり。今日の宿はまだ先なので水だけ汲んで先を急ぐ。
遅くなってしまったけれど行仙宿。山小屋¥2000。他に登山者3名と管理している新宮山彦ぐるーぷの方3名。ビールも飲めたし来れて本当に良かった。あと干物ごちそうさまでした。
2019年05月05日 18:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅くなってしまったけれど行仙宿。山小屋¥2000。他に登山者3名と管理している新宮山彦ぐるーぷの方3名。ビールも飲めたし来れて本当に良かった。あと干物ごちそうさまでした。
1
3日目スタート。今夜は本宮で祝杯です。
2019年05月06日 04:35撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目スタート。今夜は本宮で祝杯です。
1
熊野三山奥の院、玉置神社。前後の道は縦走路というより古い参詣道といった感じで緩やか。だんだん人里が近づいているかんじがする。
2019年05月06日 09:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野三山奥の院、玉置神社。前後の道は縦走路というより古い参詣道といった感じで緩やか。だんだん人里が近づいているかんじがする。
熊野川が眼下に。ただこの先も最後まで縦走路のアップダウンは厳しくなかなかたどり着かない。
2019年05月06日 12:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野川が眼下に。ただこの先も最後まで縦走路のアップダウンは厳しくなかなかたどり着かない。
大斎原の大鳥居発見。
2019年05月06日 14:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大斎原の大鳥居発見。
最後のピーク七越峰。外国人バックパッカーに説教される。
Q「こんな良い道なのにどうしてそんなに急ぐのですか?」
A「ビールが飲みたいからです」
2019年05月06日 15:03撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピーク七越峰。外国人バックパッカーに説教される。
Q「こんな良い道なのにどうしてそんなに急ぐのですか?」
A「ビールが飲みたいからです」
1
熊野川。何とか渡れないかと試してみるが五月の川の水は冷たい。サンダルもないので、形だけ足を浸して大人しく下流の橋を渡る。
2019年05月06日 15:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野川。何とか渡れないかと試してみるが五月の川の水は冷たい。サンダルもないので、形だけ足を浸して大人しく下流の橋を渡る。
本宮大社。本当に長かった。この後お土産購入。コメリで食料補充。温泉もと考えはしたが山越え(湯の峰)車道歩き(川の湯)どちらも億劫でやめてしまう。夜間かなり強い雨が降ったが朝方にはやむ。
2019年05月06日 16:09撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本宮大社。本当に長かった。この後お土産購入。コメリで食料補充。温泉もと考えはしたが山越え(湯の峰)車道歩き(川の湯)どちらも億劫でやめてしまう。夜間かなり強い雨が降ったが朝方にはやむ。
4日目。まだまだつづく世界遺産の参詣道。続いて小辺路。今日は峠道三連続。ひとつめの果無峠への登り道から熊野っぽい眺め。
2019年05月07日 05:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4日目。まだまだつづく世界遺産の参詣道。続いて小辺路。今日は峠道三連続。ひとつめの果無峠への登り道から熊野っぽい眺め。
2
古街道名物石畳。登りにはいいが下りは足が痛い。
2019年05月07日 07:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古街道名物石畳。登りにはいいが下りは足が痛い。
1
十津川村果無集落。
2019年05月07日 07:11撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十津川村果無集落。
1
「酷道」で悪名高いR425をひたすら行く。途中に雑貨屋はあるのでちょっとしたものは買える。
2019年05月07日 08:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「酷道」で悪名高いR425をひたすら行く。途中に雑貨屋はあるのでちょっとしたものは買える。
ふたつめ三浦峠から伯母子岳方面。
2019年05月07日 12:14撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふたつめ三浦峠から伯母子岳方面。
1
みっつめ伯母子岳にて。護摩壇山や大峰山脈がよく見える。降りた先の野迫川村大股で今日は終了。
2019年05月07日 16:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みっつめ伯母子岳にて。護摩壇山や大峰山脈がよく見える。降りた先の野迫川村大股で今日は終了。
5日目。冷え込みが厳しい。高野山へとタイノ原林道を進む。
2019年05月08日 01:40撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5日目。冷え込みが厳しい。高野山へとタイノ原林道を進む。
高野山中の橋駐車場。寒い。
2019年05月08日 05:42撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高野山中の橋駐車場。寒い。
8年ぶりの高野山奥の院廟。
2019年05月08日 06:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8年ぶりの高野山奥の院廟。
1
下山道はどうしようかと考えたけれど、最後まで世界遺産ということで町石道に。緩やかではあるがとても長い…
2019年05月08日 08:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道はどうしようかと考えたけれど、最後まで世界遺産ということで町石道に。緩やかではあるがとても長い…
1
終点慈尊院。第二部完。そしてそのあと
2019年05月08日 11:51撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終点慈尊院。第二部完。そしてそのあと
お風呂入って、洗濯して、ご飯食べて、粉河あたりの川辺で寝てしまう。朝早すぎると集中力が続かなくてこまる。
2019年05月08日 15:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お風呂入って、洗濯して、ご飯食べて、粉河あたりの川辺で寝てしまう。朝早すぎると集中力が続かなくてこまる。
6日目。西国3番粉河寺にて。これは…アリなのか?
2019年05月09日 06:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6日目。西国3番粉河寺にて。これは…アリなのか?
新義真言宗総本山根来寺、根本大塔にて。ここから和泉山地にとりついていく。
2019年05月09日 08:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新義真言宗総本山根来寺、根本大塔にて。ここから和泉山地にとりついていく。
昨年の台風の影響でとても道が悪い。ヤブ・倒木・蜘蛛の巣まみれ。
2019年05月09日 12:48撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年の台風の影響でとても道が悪い。ヤブ・倒木・蜘蛛の巣まみれ。
1
和泉佐野市犬鳴山不動尊へとつづく滝めぐりの道。
2019年05月09日 14:34撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和泉佐野市犬鳴山不動尊へとつづく滝めぐりの道。
スカイラインが稜線を走っているのでここまではサクサク進む。
2019年05月09日 17:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイラインが稜線を走っているのでここまではサクサク進む。
1
R480の峠、鍋谷峠。ここから西国4番への道檜原越えを進む。遍路シールが懐かしい。
2019年05月09日 18:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R480の峠、鍋谷峠。ここから西国4番への道檜原越えを進む。遍路シールが懐かしい。
1
遍路道の道標。このあとトラブルが。千本杉峠から滝畑へと向かう林道が風倒木のため崩壊、通行不能に。しかも無理して進もうとしたので引き返す気力もなくなり、倒木だらけの谷底で4Hほど仮眠・食事をとることに。ダイヤモンドトレイルの完走が難しくなってしまった。
2019年05月09日 19:25撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遍路道の道標。このあとトラブルが。千本杉峠から滝畑へと向かう林道が風倒木のため崩壊、通行不能に。しかも無理して進もうとしたので引き返す気力もなくなり、倒木だらけの谷底で4Hほど仮眠・食事をとることに。ダイヤモンドトレイルの完走が難しくなってしまった。
7日目。稜線まで引き返して槙尾山ダイヤモンドトレイルに入る。その後はとても整備された道。
2019年05月10日 03:33撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7日目。稜線まで引き返して槙尾山ダイヤモンドトレイルに入る。その後はとても整備された道。
ダイヤモンドトレイルのその先岩湧山より金剛・大和葛城・二上山。あと25キロくらい?体力的にも限界なので残念だけれど下山。また機会見つけて来ます。
2019年05月10日 07:13撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイヤモンドトレイルのその先岩湧山より金剛・大和葛城・二上山。あと25キロくらい?体力的にも限界なので残念だけれど下山。また機会見つけて来ます。
1
長い林道歩いて河内長野市、南海電鉄天見駅で終了。近くの温泉は日帰り入浴をやっていなかった。
2019年05月10日 09:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い林道歩いて河内長野市、南海電鉄天見駅で終了。近くの温泉は日帰り入浴をやっていなかった。

感想/記録

 以前からずっとやってみたかった吉野ー熊野ー高野を結んだ寺社参詣と山登りのミックス旅行。去年8月22日に吉野まで行ったのはいいけど台風直撃でとんぼ返りとなったもののリベンジ。さらに大型連休なので和泉・金剛山地まで足を延ばす計画を組んでみた。
 良かった点…とにかく好天に恵まれた。行動中に天候が崩れることは全くなく。気温も特に大峰山脈ではちょうど良く快適だった。それと参拝したかった寺社もほぼ時間内にたどり着いて御朱印をいただくことができた(高野山はすこし早すぎた)
 悪かった点…昨年の台風の影響を事前に調べておかなかったこと。たらればだけれども、ルートを工夫すれば大和葛城山くらいまでは行けていたかもしれない。それと体力不足。とくに足の裏の腫れがひどく、後半はかなり苦しい山登りだった。足にダメージを残さない歩き方・走り方を身につける必要を感じた。
 ともあれ夢だった大峰・小辺路を歩けたのでとても満足。次は国東半島や出羽三山で遊んでみたい。
訪問者数:267人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/4/1
投稿数: 587
2019/5/13 19:46
 林道遭難!
 こんにちは。友人から「あなたが遭難しかけた滝畑の林道で、天狗のようなすごい人がビバークしてたらしい」と連絡がありました。
 あの林道の倒木の嵐は大変でしたよね。私も、入ってしまってもがいた時間は數十分でしたが、身の危険を感じて、撤退。そのあと、暗くなるまでになんとかしなければと悩んだのが一月ぐらい前のお話です。
 あの林道を格闘されたことを知り一言、お疲れ様でしたと、申し上げたくて・・・

 ゴルデンウィーク中に、あの距離を歩かれたなんて、役行者さんもきっとびっくりなさってると思います。またぜひ、関西にお越しください。
登録日: 2016/11/2
投稿数: 1
2019/5/13 20:58
 Re: 林道遭難!
ありがとうございます。鍋谷峠〜槙尾山間は西国巡礼で歩いていたので夜間でも大丈夫だろうと思ったのが敗因でした。それでも犬鳴山周辺やダイヤモンドトレイル入ってからは楽しかったし、岩湧山からの稜線を見ると…。またテーマを見つけて遊びに行こうと思います。
登録日: 2009/4/1
投稿数: 587
2019/5/14 17:21
 Re[2]: 林道遭難!
なるほど。なんで、あんな林道を通ろうと思われたのか謎でした。そのまま、槙尾山からのダイトレいってたらもっと歩けていたんでしょうね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ