また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1843393 全員に公開 ハイキング中国

鯨ヶ岳(大鯨)(二反田コース)

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間8分
休憩
48分
合計
3時間56分
Sスタート地点09:3009:40二反田登山口11:14鯨ヶ岳12:0213:20二反田登山口13:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

案内板周辺は道幅が広く、路側に駐車できます。
2019年05月11日 09:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板周辺は道幅が広く、路側に駐車できます。
この道を入っていきます。
2019年05月11日 09:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道を入っていきます。
途中、橋を過ごします。
2019年05月11日 09:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、橋を過ごします。
林道終点です。
2019年05月11日 09:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点です。
鯨ヶ岳は左ですが、まず、右の美東大滝に行ってみることにしました。
2019年05月11日 09:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鯨ヶ岳は左ですが、まず、右の美東大滝に行ってみることにしました。
道はすぐに沢登り状態になります。
2019年05月11日 09:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はすぐに沢登り状態になります。
これは美東大滝ではないでしょうが、ここまで来て引き返しました。
2019年05月11日 09:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは美東大滝ではないでしょうが、ここまで来て引き返しました。
1
あらためて、鯨ヶ嶽に向かいます。こちらには美東小滝があることになっています。
2019年05月11日 09:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらためて、鯨ヶ嶽に向かいます。こちらには美東小滝があることになっています。
すぐに、岩場。
2019年05月11日 09:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに、岩場。
これが美東小滝でしょうか。よく分かりません。上から滑滝が続いています。
2019年05月11日 09:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが美東小滝でしょうか。よく分かりません。上から滑滝が続いています。
1
しばらく登ると、下に滝が見えました。これが美東大滝でしょうか。
2019年05月11日 10:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登ると、下に滝が見えました。これが美東大滝でしょうか。
沢沿いの道。左に巨岩。
2019年05月11日 10:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの道。左に巨岩。
渡渉を繰り返します。
2019年05月11日 10:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉を繰り返します。
ここは注意を要します。よく見ると奥に古いテープがあるのですが、一見道に見えません。左に明瞭な道が分岐しており、迷い込みそうです。
2019年05月11日 10:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは注意を要します。よく見ると奥に古いテープがあるのですが、一見道に見えません。左に明瞭な道が分岐しており、迷い込みそうです。
炭焼き小屋跡。
2019年05月11日 10:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼き小屋跡。
尾根は近い。
2019年05月11日 10:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根は近い。
尾根に出ました。
2019年05月11日 10:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出ました。
古い案内表示。
2019年05月11日 10:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い案内表示。
いろんな表示でにぎやかなピーク。
2019年05月11日 10:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いろんな表示でにぎやかなピーク。
道沿いにずっと咲いていました。何という花でしょう。
後刻、分かりました。ハイノキでした。
2019年05月11日 10:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道沿いにずっと咲いていました。何という花でしょう。
後刻、分かりました。ハイノキでした。
ギンリョウソウが顔を出していました。
2019年05月11日 11:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウが顔を出していました。
1
山頂に着きました。
2019年05月11日 11:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。
1
山頂三角点。
2019年05月11日 11:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂三角点。
西方の展望があります。右から、大きく桂木山。その左に花尾山。その手前には如意ヶ岳。その左遠くに、狗留孫山と華山。その左には雁飛山が目立ちます。さらにその左遠くには、うっすら、狩音山〜鬼ヶ城〜龍王山の稜線。肉眼では、九州の山まで確認できました。
2019年05月11日 11:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方の展望があります。右から、大きく桂木山。その左に花尾山。その手前には如意ヶ岳。その左遠くに、狗留孫山と華山。その左には雁飛山が目立ちます。さらにその左遠くには、うっすら、狩音山〜鬼ヶ城〜龍王山の稜線。肉眼では、九州の山まで確認できました。
1
秋吉台が眼前です。
2019年05月11日 11:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋吉台が眼前です。
1
4月に登った天井山(右)と、先週登った大谷山(左)。
2019年05月11日 11:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4月に登った天井山(右)と、先週登った大谷山(左)。
今日の昼食。
2019年05月11日 11:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の昼食。
今日のチップスターはオレンジ、オリジナルのコンソメです。これから下山します。
2019年05月11日 11:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のチップスターはオレンジ、オリジナルのコンソメです。これから下山します。
登山口まで戻りました。どうしても、美東大滝が気になり、もう1回行ってみます。
2019年05月11日 12:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで戻りました。どうしても、美東大滝が気になり、もう1回行ってみます。
さっき、ここまで来ました。さらに、沢を登ってみます。
2019年05月11日 13:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき、ここまで来ました。さらに、沢を登ってみます。
登山道から見えた滝に着きました。よく見ると、上部の巨岩の奥にも滝があります。
2019年05月11日 13:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道から見えた滝に着きました。よく見ると、上部の巨岩の奥にも滝があります。
上部の滝をズーム。帰って確かめてみると、美東大滝はもっと上流のようです。
2019年05月11日 13:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の滝をズーム。帰って確かめてみると、美東大滝はもっと上流のようです。
1
今日、2座目に登った雲雀山から見えた鯨ヶ岳。
2019年05月11日 14:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日、2座目に登った雲雀山から見えた鯨ヶ岳。

感想/記録

鯨ヶ岳に登りました・
前回は西側の山中峠からだったので、今回は東側の二反田コースをとります。

国道490号沿いにある案内板の周辺に駐車できます。
駐車地から10分で登山口。
ここの案内板に、鯨ヶ岳とは別方向に、美東大滝の表示。
行ってみましたが、道はすぐに沢に下り、沢登り状態となります。
しばらく進んでみましたが、どれくらい距離があるかも分からないので、途中で引き返しました。

あらためて鯨ヶ岳へ向かいます。
登り始めてすぐに、登山道から下の方に、滝が見える場所がありました。
鯨ヶ岳の道は、ずっと沢沿い、何度も徒渉します。

途中、道の分かりにくいところがあり、注意が必要です。(写真参照)
本来ルートが、一見、道に見えず、明瞭な道が分岐しているため、そちらに迷い込みそうなのです。
さらに、ヤマレコのみんなの足跡が、本来ルート上になく、間違ったルートのほうにあるのです。ご注意を。

道は、沢を最上部まで詰めて、尾根に上がります。
俄然明瞭な尾根道をしばらくで、山頂です。

山頂からの展望は西方が開けています。
桂木山、秋吉台が眼前で、花尾山、如意ヶ岳、雁飛山がはっきり、遠くに狗留孫山や華山、狩音山〜鬼ヶ城〜龍王山の北浦スカイライン、さらには九州の山まで望めました。

下山後、もう一度、美東大滝方面へ。
登山道から見えた滝まで行ってみました。
見えた滝の上部に巨岩があり、その奥にも滝があるのが見えました。
現地では、これが美東大滝かなと思ったのですが、帰って地形図で確認すると、美東大滝はもっと上流のようです。

※ 後刻、調べてみたら、美東大滝は、一つの大きな滝ではなく、10を越える滝の総称のようです。
下から3つ目か4つ目くらいまで登ったようです。
訪問者数:90人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ