また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1843594 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走六甲・摩耶・有馬

【六甲院枩沼譽谷ー水晶谷−紅葉谷道ー百梁譟丹沢24関西ツアー下見&耐暑訓練

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
往路;JR神戸線で摂津本山駅へ

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
3分
合計
4時間49分
Sスタート地点12:0312:08岡本八幡神社12:0912:18八幡滝12:46打越峠12:58打越峠分岐13:03西滝ヶ谷方面分岐14:26水晶大滝14:57極楽渓分岐15:02岩塔状バットレス15:07極楽茶屋跡15:0915:34百間滝15:44似位滝15:48百間滝15:54白石滝15:58紅葉谷16:27炭屋道合流点16:32崩落箇所16:37ロープウェイ有馬温泉駅16:45池之坊駐車場16:51神戸電鉄有馬温泉駅16:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムの合計がおかしな時間を示しています。
コース状況/
危険箇所等
今回もいつものように事前情報収集なし、ほぼ予備知識なしのぶっつけ本番現地判断で行ってきました。以下は私個人が感じたこの日の状況です。
(詳細は写真も参照)
▼西滝ヶ谷入口→水晶谷→極楽茶屋跡手前の縦走路合流部まで(ヤマプラの破線ルート)
〜澗里貿棒とは思えない踏み跡不明箇所が多く、ルートファインディングが必須です。今から他の方の記録を拝見すると、やはり皆さんルートロスで苦労いているようです。よく探すと赤テープがありますので、これを見落とさないようにして辿ります。また、ほんとの難所にはお助けロープがあり、何とか突破することは可能です。
難所はほとんどが巨大堰堤超え部分で、そのたびに険しい斜面を登って堰堤の上に出て上流側の堰堤の麓に降りる、を繰り返します。堰堤の上に出るために沢底からよじ登る適切なルートを探すのが最大のポイント。
水晶大滝の右岸をよじ登るところが少し難所。もっと下流から右岸を登るう回ルートもあったようです。なお、私は事前勉強なしだったので、この滝が水晶大滝というこの谷の最大の見どころであることもしらず、右に派生する沢とその上の大きな堰堤の方に間違えて登ってしまい、堰堤の上で行き止まりになって大滝の下まで戻りました。
た緇獣の後半(大滝から上)は藪でジャングル状態になった沢床を踏み跡(人一人がかがんだりくぐったりして何とか通れる藪の切り分け)を辿り、最後は急な斜面をよじ登って、極楽茶屋手前で高速道路のように広くてフラットな全山縦走路の飛び出します。

▼百間滝、似位滝(にいたき)
”幹崑貽口にしっかりした道標がありますが、その先は崩壊地の高巻道や滝ツボへの下りは険しい道です。
∋位滝(にいたき)の直下までもかすかな踏み跡があります。
この谷には藪がなく快適歩行できます。
ぢ譴ら下へ白石谷への沢沿いはゴーロ状の谷底を歩く。白石谷合流部手前は右岸の高巻(ゴーロの崖の上)道です。
リ餌譴悗瞭擦蓮紅葉谷から分岐した先で登山道の崩壊があり、その崩壊した斜面をなんとか超えようとしましたが、足元が崩れて極めて危険だったので止めました。ガレの手前に谷へ降りる踏み跡がありましたのでこれが正規の滝へのルートと思われます。

▼紅葉谷沿いに有馬温泉へ下るルート(林道)は崩壊のため通行止めが続いています。ただ、通行止めの柵を回り込んで通行した踏み跡がしっかりしていましたので、状況確認のため自己責任で私も通行してみましたが、有馬温泉側の柵のすぐ上流側で林道が崩壊で完全に埋まっていました。その土砂の上にはっきりした踏み跡(北アや南アの登山道ではよくあるレベル)があり通行可能でしたが、落石の可能性はあるかもしれません。お勧めしませんが通行する場合は自己責任でお願いします。

▼今回は、打越峠まで、以外では、極楽茶屋でしか人に会いませんでした。西滝ヶ谷と水晶谷では蜘蛛の巣にも不快な思いをさせられたので、ここ数日は歩かれていないようでした。(ヤマレコの記録も5/3が最後。)
:
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 日よけ帽子 昼ご飯 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ストック ナイフ カメラ

写真

岡本の町を通ります
2019年05月11日 12:04撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岡本の町を通ります
岡本八幡神社
2019年05月11日 12:09撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岡本八幡神社
登山口。まずは打越峠越え
2019年05月11日 12:14撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。まずは打越峠越え
最初の堰堤を超えます
2019年05月11日 12:24撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の堰堤を超えます
広い住吉道に合流
2019年05月11日 12:59撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い住吉道に合流
しばし住吉道
2019年05月11日 12:59撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし住吉道
ここから左へ西滝ヶ谷への踏み跡にはいります
2019年05月11日 13:02撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから左へ西滝ヶ谷への踏み跡にはいります
その道に入って振り返ったところ。
2019年05月11日 13:03撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その道に入って振り返ったところ。
すぐに沢を渡渉
2019年05月11日 13:03撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに沢を渡渉
1
もう一度渡渉して左岸の少し沢から離れたところの踏み跡を進みます
2019年05月11日 13:12撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度渡渉して左岸の少し沢から離れたところの踏み跡を進みます
ここで沢に降りました
2019年05月11日 13:17撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで沢に降りました
しばし沢沿いに赤テープと踏み跡をさがして進みます
2019年05月11日 13:17撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし沢沿いに赤テープと踏み跡をさがして進みます
1
1つ目の大きな堰堤を左から超えますが、ロープを辿って土に斜面を登ります(振り返って見下ろしてます)
2019年05月11日 13:19撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1つ目の大きな堰堤を左から超えますが、ロープを辿って土に斜面を登ります(振り返って見下ろしてます)
1
そのあとこのザレた巻き道をたどって堰堤の上へ
2019年05月11日 13:20撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのあとこのザレた巻き道をたどって堰堤の上へ
1
堰堤に出ました
2019年05月11日 13:21撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤に出ました
上流側の土砂がたまった上に降ります。その先、写真の右奥に秘密基地のような藪の中への入口があります。
2019年05月11日 13:23撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流側の土砂がたまった上に降ります。その先、写真の右奥に秘密基地のような藪の中への入口があります。
その入口に入ります
2019年05月11日 13:24撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その入口に入ります
1
しばし歩きにくい岩がごろごろした沢床を進みます
2019年05月11日 13:26撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし歩きにくい岩がごろごろした沢床を進みます
1
小さな滝を登ります
2019年05月11日 13:32撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな滝を登ります
2
堰堤の左側へ高巻道へ入ります
2019年05月11日 13:33撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の左側へ高巻道へ入ります
こんな急斜面の巻道もありますがロープがあります。
2019年05月11日 13:34撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな急斜面の巻道もありますがロープがあります。
1
日当たりのいい緩斜面は藪っぽくなっていますが、踏み跡を辿ります
2019年05月11日 13:44撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりのいい緩斜面は藪っぽくなっていますが、踏み跡を辿ります
沢は灌木の枝がジャングル
2019年05月11日 13:52撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は灌木の枝がジャングル
沢が2分するとことで真ん中の尾根上のしっかりした踏み跡へ
2019年05月11日 13:55撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が2分するとことで真ん中の尾根上のしっかりした踏み跡へ
巨大堰堤が行く手に見えてくると右手にこの水場?
2019年05月11日 14:04撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大堰堤が行く手に見えてくると右手にこの水場?
右の斜面にこのワイヤーロープを辿って登り、小さな堰堤を超えます
2019年05月11日 14:07撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の斜面にこのワイヤーロープを辿って登り、小さな堰堤を超えます
するとすぐに巨大な堰堤に突き当たり右横の巨大階段を文字通りよじ登ります。
2019年05月11日 14:08撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
するとすぐに巨大な堰堤に突き当たり右横の巨大階段を文字通りよじ登ります。
堰堤の上流側に降りて振り返っています。写真の左側から降りてきました
2019年05月11日 14:10撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の上流側に降りて振り返っています。写真の左側から降りてきました
1
堰堤の上流側で沢が2分しますが、水量の多い右に分岐する沢に入ります。
2019年05月11日 14:14撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の上流側で沢が2分しますが、水量の多い右に分岐する沢に入ります。
沢が小滝と岩で塞がれています。この滝の左側を登りました(水晶小滝のようです)岩が段々になっているので特に危険はありません。
2019年05月11日 14:23撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が小滝と岩で塞がれています。この滝の左側を登りました(水晶小滝のようです)岩が段々になっているので特に危険はありません。
2
滝の上から見下ろします
2019年05月11日 14:24撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上から見下ろします
有名?なホチキス階段のある巨大堰堤。このホチキス登ります
2019年05月11日 14:27撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名?なホチキス階段のある巨大堰堤。このホチキス登ります
1
上からホチキスを見下ろします
2019年05月11日 14:28撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上からホチキスを見下ろします
水晶大滝の下から、右の沢を間違えて登りました。奥に堰堤が見えています
2019年05月11日 14:30撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶大滝の下から、右の沢を間違えて登りました。奥に堰堤が見えています
小さな滝になっています(間違えた沢)
2019年05月11日 14:31撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな滝になっています(間違えた沢)
振り返ると対岸に水晶大滝(この時はこの滝が水晶大滝とは知りませんでした)
2019年05月11日 14:31撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると対岸に水晶大滝(この時はこの滝が水晶大滝とは知りませんでした)
またまたホチキス巨大堰堤。左のホチキスを登りました
2019年05月11日 14:32撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまたホチキス巨大堰堤。左のホチキスを登りました
1
上から見下ろします。ここから上に行く踏み跡なく、テープ類もなし。GPSで確認するとどうやら沢を間違えたらしい。どりでホチキスに土や岩が乗っていて歩いた後がないわけだ。せっかく上ったホチキスを降りて、大滝の下まで戻りました。
2019年05月11日 14:34撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見下ろします。ここから上に行く踏み跡なく、テープ類もなし。GPSで確認するとどうやら沢を間違えたらしい。どりでホチキスに土や岩が乗っていて歩いた後がないわけだ。せっかく上ったホチキスを降りて、大滝の下まで戻りました。
そして水晶大滝の左側の岩場を登ります(見上げて)。ホールドがしっかりしていて特に問題なし。途中から左へ岩場を離れ、木や根に捕まりながら登ります。
2019年05月11日 14:37撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして水晶大滝の左側の岩場を登ります(見上げて)。ホールドがしっかりしていて特に問題なし。途中から左へ岩場を離れ、木や根に捕まりながら登ります。
登りきると、上にしっかりした踏み跡があり、これに合流。もっと下から高巻道があったようですが、滝登りが楽しめたのでOK。
2019年05月11日 14:45撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきると、上にしっかりした踏み跡があり、これに合流。もっと下から高巻道があったようですが、滝登りが楽しめたのでOK。
この先はジャングル
2019年05月11日 14:49撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先はジャングル
また堰堤のアップダウン。まるで嫌がらせ。トレーニング以外の何物でもない。
2019年05月11日 14:55撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また堰堤のアップダウン。まるで嫌がらせ。トレーニング以外の何物でもない。
最後はこの土の急斜面を登り、さらに踏み跡をどんどん登ると、
2019年05月11日 14:58撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はこの土の急斜面を登り、さらに踏み跡をどんどん登ると、
人声がしてきて、ついに六甲全山縦走路に飛び出しました。写真の中央左から。
2019年05月11日 15:06撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人声がしてきて、ついに六甲全山縦走路に飛び出しました。写真の中央左から。
1
この道はなんだ!あまりにも快適で今までとのギャップが大きすぎてちょっと例えようがないほど(*_*;
2019年05月11日 15:06撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道はなんだ!あまりにも快適で今までとのギャップが大きすぎてちょっと例えようがないほど(*_*;
1
すぐにおなじみの極楽茶屋跡
2019年05月11日 15:07撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにおなじみの極楽茶屋跡
今回唯一の展望。神戸と大阪の港
2019年05月11日 15:07撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回唯一の展望。神戸と大阪の港
自販機軍団。ここまでほとんど飲まず食わずで登ってきたので、ありがたくレモン系のジュースを1本購入(コーラはなかった、残念)
2019年05月11日 15:08撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自販機軍団。ここまでほとんど飲まず食わずで登ってきたので、ありがたくレモン系のジュースを1本購入(コーラはなかった、残念)
1
紅葉谷沿いに下ります
2019年05月11日 15:24撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷沿いに下ります
百間滝への分岐
2019年05月11日 15:28撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間滝への分岐
滝の落ち口について見下ろします
2019年05月11日 15:35撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の落ち口について見下ろします
滝の上の広い沢
2019年05月11日 15:37撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上の広い沢
百間滝の下に降りてきて見上げます
2019年05月11日 15:40撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間滝の下に降りてきて見上げます
1
本日最初の自撮り証拠写真。ここで赤いCanonIXY160カメラを拾得しました。持ち帰ったのでヤマレコ質問箱の「落とし物」に報告しました(写真拝見したらここで落としたのは5/3のようです)
2019年05月11日 15:41撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最初の自撮り証拠写真。ここで赤いCanonIXY160カメラを拾得しました。持ち帰ったのでヤマレコ質問箱の「落とし物」に報告しました(写真拝見したらここで落としたのは5/3のようです)
次は少し上流の似位滝。奥の滝の下まで行ってみます
2019年05月11日 15:44撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は少し上流の似位滝。奥の滝の下まで行ってみます
1
これがその奥の滝
2019年05月11日 15:45撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがその奥の滝
1
自撮り2枚目
2019年05月11日 15:46撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自撮り2枚目
2
沢沿いに白岩谷へ下りますが、この谷が今回一番面白かった
2019年05月11日 15:49撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに白岩谷へ下りますが、この谷が今回一番面白かった
1
しばしゴーロに底の沢沿いです
2019年05月11日 15:50撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばしゴーロに底の沢沿いです
ここも沢床を行けそうでしたが、
2019年05月11日 15:52撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも沢床を行けそうでしたが、
右上へ登るルート(ロープ)があったので無理せず高巻道へ
2019年05月11日 15:52撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上へ登るルート(ロープ)があったので無理せず高巻道へ
白岩谷に合流しました。この谷を降りてきました
2019年05月11日 15:55撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩谷に合流しました。この谷を降りてきました
紅葉谷に合流
2019年05月11日 15:59撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷に合流
紅葉谷の道を少し登り返して、この行き止まりから蟇滝方向へ向かいましたが、この道は、少し先で崩壊。
2019年05月11日 16:08撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷の道を少し登り返して、この行き止まりから蟇滝方向へ向かいましたが、この道は、少し先で崩壊。
これがその崩壊地。崩れやすくて通れません
2019年05月11日 16:07撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがその崩壊地。崩れやすくて通れません
紅葉谷を下ります
2019年05月11日 16:23撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷を下ります
1
通行止め箇所に来ました
2019年05月11日 16:28撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止め箇所に来ました
上空にロープウェイ
2019年05月11日 16:33撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空にロープウェイ
崩壊地には踏み跡あり。
2019年05月11日 16:33撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地には踏み跡あり。
下流側の通行止め柵
2019年05月11日 16:34撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流側の通行止め柵
ロープウェーの駅に下山
2019年05月11日 16:38撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェーの駅に下山
おまけ;この日の播磨灘夕景
2019年05月11日 18:45撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ;この日の播磨灘夕景
1
オーシャンサンセット
2019年05月11日 18:47撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーシャンサンセット
1
1日良い天気をありがとうございました
2019年05月11日 18:48撮影 by EX-ZR3100 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日良い天気をありがとうございました
3

感想/記録

とても天気が良いので来週予定している丹沢24hの会の関西ツアーで予定しているルートのうち、紅葉谷付近の滝巡り部分の下見を目的に午後から六甲へ行きました。

そこまで行く経路として、まだ歩いていない西滝ヶ谷ー水晶谷の破線ルートを探索してみることにしました。

この日はとても暑く、大阪の最高気温は30℃と真夏並みで、標高の低い六甲も酷暑で、耐暑訓練となりました。しかし今回はピークを踏まない渋ルート設定にした代わりに、森の中の沢沿いメインだったので助かりました。
一番暑かったのは登りはじめの登山口までの町中で、登山開始前に汗だくでしたが、沢沿いの森に入るとはるかに涼しくなって、ペースよく登ることができました。

しかし、西滝ヶ谷ー水晶谷の破線ルートに入ると予想外に道が悪く、全体に破線とは思えない踏み跡不明箇所が多く、厳しい登山となりました。ただ、ほんとの難所にはロープがあり、何とか突破することができました。
難所はほとんどが巨大堰堤超え部分で、そのたびに険しい斜面を登って堰堤の上に出て上流側の堰堤の麓に降りる、を繰り返しました。
堰堤の上に出るために沢底からよじ登る適切なルートを探すのが最大のポイントでしょうか。他は、水晶大滝の右岸をよじ登るところが少し難所。もっと下流から右岸を登るう回ルートもあったようですが。

水晶谷の後半は藪でジャングル状態になった沢床を踏み跡(人一人がかがんだりくぐったりして何とか通れる藪の切り分け)を辿り、急斜面をよじ登って極楽茶屋手前でまるで高速道路のように広くてフラットな全山縦走路の飛び出しました。このギャップはちょっとした衝撃で、かなりのものです。

紅葉谷の滝巡りは、百梁譴瞭口にしっかりした道標がありますが、その先は崩壊地の高巻道や滝ツボへの下りは険しい道で、その先の似位滝(にいたき)の直下までもかすかな踏み跡でしたがこっちの谷には藪がなく快適歩行できました。どちらの滝も立派で、滝から下へ白石谷への沢沿いは今回のルート中の核心部でゴーロ上の谷底を歩く楽しいルートでした。来週の関西ツアーでもなんとかぜひ来てみたいところです。
蟇滝と七曲滝も下見しようと思ったのですが、紅葉谷から分岐した先で登山道の崩壊があり、その手前に谷へ降りる踏み跡を確認したところで今回はやめにしました。来週時間があれば行ってみたいと思います。

今回もたくさんの発見、予想外の展開を堪能できました。下調べ無ぶっつけ本番の山旅は、技量は試されますが、探検要素を楽しめてやめられません。
訪問者数:145人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/9/15
投稿数: 3604
2019/5/16 16:21
 下見
shigetoshiさん、下見ご苦労様でした。

今日は横浜も結構暑く、天気予報では今週末も暑そうです。
滝が有るルートだと涼しそうで暑い日は良いですね。
楽しみにしています
登録日: 2011/2/5
投稿数: 2903
2019/5/16 22:44
 Re: 下見
Futaroさん、こんばんは☺️

明後日のルートは谷→岩尾根→池→草原→沢→山頂→尾根→沢→♨️
とたいへん変化に富んだコースです。尾根は日当たり良く暑いかもしれませんが、沢では暑かったらじゃぶじゃぶ行っちゃって下さい😁

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ